geek_agentさんの「Making*Lovers 激イチャアフターストーリー Vol.01 亜子、可憐、咲」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

本当に短いので、購入する人は覚悟すること
※サマリー見直しの為、点数修正しました。

差分なしで総CG18枠、回想モード各2(計6)
髪型変更可。
1ルート30~40分ぐらい。

ボリューム的には非常に短い。
ストーリーを楽しむというよりも、中の人の演技力を楽しむ内容かな。

咲ルートが一番面白かった。
月野さんの演技力の幅がすごく広い。
(ギャグ調の悲鳴が上手で笑った)

亜子ルートは相変わらずシナリオが微妙。
羽鳥さんは真面目に男性役演じたらとっても上手そう。
「あ、そこ置いといて、今いいとこだから」のところみたいな声質も好き。

可憐ルートは普通。
北見さんの演技力がパないのは、アサプロの恋0の妹役と
ひとつ飛ばしの黄色い変な汁出す奴で知ってる。
今作は終始普通だったかな。


エロシーンは演技うんぬんよりもテキストが全くダメ。
SMEE作品は全部そうだけど、エロさを醸し出すテキストが下手すぎる。
ここだけ別のライター連れてきたほうがいいんじゃないかっていうレベル。

コミカルで楽しいテキストはメーカーの美点だけど、
18禁で出す以上、エロシーンが適当だとユーザーからは手抜きに思われる。
もっと頑張らないと。


コスパで言えば50点ぐらいの出来だったけど、
咲さんの中の人の演技力とSMEEのこれからの頑張りに期待して+10点


geek_agentさんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ

このコメントはだいたい527回くらい参照されています。