ryuohさんの「金色ラブリッチェ」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

サガプラはVA系列だった事を思い出させてくれた
泣いた泣いた泣きまくった
久々に自分でも引くぐらい泣いた
間違いなく泣きゲーではあるが、決して鬱ゲーではない
このゲームを鬱ゲーと扱うのは理亜に対する最大限の侮辱である

理亜にとって央路と再会してからの1年は間違いなく金色であったし、その金色の想い出があるから彼女は満足して逝けた
央路もそれがわかってるから最期までカッコつけてたし、理亜の前で弱気は見せないようにしてた
だと言うのに、作中の理亜の「人が死ぬ物語は嫌いだ」と言うセリフを引用して、「じゃあなんで殺したし」と言う感想を言う人がいて驚いた
このセリフは死の心配が全くない人が言うのと、いつ死んでもおかしくない人が言うのとでは意味合いが全然違うだろと
むしろ重要なのはこの後に続く「死ぬ側は死んだらそこでおしまい」と言う方だ
理亜は約束を果たせず死ぬのを何より嫌がってたし、逆に約束を果たしたら死んでもいいと言っていた
自分にとってのゴールデンタイムは終わったから、自分は満足したからと
でも違うだろと、ゴールデンタイムが終わったら次のゴールデンタイムが来るんだよと央路に説得されて、死の間際から快復して、そこから1年近く金色の時間を過ごせた
この物語は理亜がゴールデンタイムのまま最期を迎えることで終わることができる
確かに死別するのは悲しいし、そういう物語を嫌う人の考えもわかる
だからと言ってこのゲームを鬱ゲーと呼ぶのはやめてほしい
理亜は金色の時間の中、想い出の場所で最愛の人に看取られ眠りについた
彼女は幸せであったこと、それをどうか忘れないでほしい

自分はこのゲームに出会えて本当によかったと思う
点数をつけるなら100点でも足りないくらいだ
じゃたなんで95点かというと絢華シナリオがないからだ
あんだけフラグあってなんでシナリオ作らなかったし
サガプラさん、FDでもアペンドでもなんでもいいから絢華シナリオよろしくお願いします

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1430回くらい参照されています。

このコメントは2人の方に投票されています。