minorityさんの「BM0 残酷な夜に彼女の叫びは誰にも聞こえない。」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

タイトル通りのゲームだった。
時間くらいでコンプ。
今までやったエロゲーで1、2を争うほど救いのない話だった気がする。
キャラの掘り下げ不足で、あまり感情移入しなかったから鬱にはなりませんけどね。
尺伸ばしてヒロインごとのエピソードやイベントを増やせば、
いい意味でやばい作品になったかもしれないと思うとちょっと勿体ないな。

ちなみに、blowのキャラが脇キャラで出てるっぽいので、blowを先にやることを推奨。
blowの種明かしというか表裏キャラくさいヒロインがいるので、
先にblowを回収しとくべきだったとちと後悔してる。

シナリオは色々と勿体ない。
前述した通り、キャラの掘り下げが足りてない。
重要キャラのヨシヲや主人公の過去の知り合い達、ヒロイン、主人公、事件、ホモ兄弟等、
全てにおいて描写不足。
過去編で、5時間くらい余計に尺割いて欲しいくらいだった。
キャラデザや過去の設定等、素材はいいのにシナリオに生かされていない。

話は救い無さすぎ。
どのルートいっても、ヒロインも主人公も、全滅or精神崩壊じゃないですか。
しかもヒロインの殺させ方やENDの扱いが、どれも半端なくひどい。
真エンドがヒロイン・主人公・他主要キャラ、全滅エンドって他作品じゃ見たことないぜ。

普通なら失踪した真理亜は生きてる展開なのに、全く救いのない展開ってのは新しいね。
凌辱あっても、面会か奪還くらいはあると思ったのに。
とりあえず、ビデオはやめてくれ。
某有名鬱ゲーのトラウマが蘇るよー。

そういえば、ヨシヲと真理亜の反転ネタは、
結局どっちが本物でどっちがニセモノだったんだろうか。
女性恐怖症の男が言ってた通り、ヨシヲが死んでて、
テレビの中にいた女性が整形させられた真理亜だったら、
最後に天井に磔にされたキャラは誰?ってなるよね。

ぐぐっても、当時の掲示板見ても、エロスケみても、開発関係者のブログ見ても載ってないなあ。
真エンドではないバッドエンドルートで精神崩壊の真理亜が出てきたから、
女性恐怖症の男は、組織に嘘の情報を教えられていたと予想できるけど、真相は分からない。
まあ結局、どっちも死んでるだろうから別にいいか。

minorityさんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ

このコメントはだいたい729回くらい参照されています。