geek_agentさんの「景の海のアペイリア」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

主人公がプレーヤーに受け入れられるかどうか
シリアスの中に全力のギャグをぶっこんでいくスタイル。
何故か変態(主人公)がかっこいいと思えてしまう(錯乱)ゲーム。
シルキーズプラス…恐るべし…


今この感想を読んでいるあなたが、このゲームを面白いと思えるかどうかには、正直二つの壁がある。


一つ目
・主人公(変態)が受け入れられるか

私は最初の戦闘シーンで終始笑いっぱなしでした。
このスタイルはシナリオ終盤まで続くので、合わない人は諦めて違うゲームをしましょう。


二つ目
・理系のうんちくに耐性があるか

ever17、√ダブルなどが好きな人は大丈夫かなと。
これらよりうんちくの中身は濃くて難解です。



以下、ネタバレ含む




この作品は非常に惜しいと思った。

起承転結の結、物語の全容が明らかになった後の纏め方が、あまりにも雑すぎる。

各ヒロインの謎や事件を解明して、シンカーと対面し、真実にたどり着く流れは
数々の名作AVGに劣らない熱さを持っていた。
それこそ私が最高のAVGだと感じたシュタインズゲートの最大瞬間風速に近いものがあった。

なのにENDは対照的。
え? これで終わり?
妹のために戦うんでないの?
ちょ、え?
は?

纏め方次第では、正直90以上の点数になり得た。
関係ないが、夢見師の投げっぱなしエンドを思い出した。

RPGもAVGもそうだが、一つのゲームがユーザー達から名作と呼ばれるか
凡作扱いされるかは、エンディングの結果や纏め方によって大きく左右される。

本作は明らかに後者である。

名作と呼ばれる可能性を持っていたのに自ら放棄した、非常にもったいないゲームである。
きっと最後までプレイしたユーザー達は、私と同じ感想を抱いたのではないだろうか?


次回作はこの反省を活かしてより高みを目指してほしい。


その他、雑感は下記の通り


ポジティブ
・主人公や男たちがキレ者でかっこいい(?)
・ヒロインが皆魅力的(特に妹)
・声優(ヒロイン)が全員上手い
・絵が比較的安定

ネガティブ
・結末が消化不良
・立ち絵がやや少ない
・ギャグが長すぎて物語のテンポがだれる時がある





geek_agentさんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ

このコメントはだいたい644回くらい参照されています。