aka_bekoさんの「星空TeaParty ~第3話「さよなら」と少女は言った。~」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

フィナーレ。そして、製品版へと続くTパーティを
盛りだくさんな3話。アリスは今回も割と大人しめなので話に集中できました。

2話で広げた世界観の話をあと1話でどう畳むのかと心配していましたが、杞憂で終わりました。
リンちゃんの話に、兎陽さんのPやこころのP、屋上の二式と海の話などなど。
最低限の伏線回収はされて、無料版の中で物語は一応完結しています。

ただ、リル・リトルの話なんかは物足りない。
1,5話で中途半端に語られた瑛との話も消化不良で終わります。(続きが入ると踏んでいたのですが…
製品版まで見せ場の少ない瑛のために救済措置的に入れられた話だったのかもしれません。


3話で判明したこころのP「キングダム」
決められた範囲内なら、なんでもアリの反則的なP。
(記憶の改竄、姿なき者に姿を与える、変身能力などなど)
設定をまるっとひっくり返せるこのPの使い勝手の良さが、短い話の中ではいい意味でご都合的でした。
製品版で、1年飛ぶ設定で大丈夫?というくらい今回はこころがヒロインしてましたが、
キングダムでちゃんとスタートラインが整えられた状態になっていますしね。

製品版に向けて気になったこととか以下つらつらと。

・無料版では良かったけど、製品版で「キングダム」は強すぎるような。
・兎陽の協力者の意図
・思わせぶりに出てきたアリス(1番目の方)
・製品版アリスルートにおけるアリスの存在そのもの。
・製品版こころルートで見れそうな「手間のかかる双子」(ちょっと見たい)
・カーネルの眼帯はなんか意味あるんですか?
・というか、カーネル攻略できないの?大人にも子供にもなれる美味しいキャラなのに。
・製品版にリンちゃんは出てくるのか
・2番目と3番目は?
・帰ったアリスはなぜすぐに戻ってきたのか


総評など。

 「さよなら」と少女は言った。

これ、リンちゃん、アリス、こころの3人に掛かってくる言葉なんですよね。
1話のタイトル「宝の地図」が使われていたのといい、何気にタイトル選びが上手い。

伏線回収話なので、2話までついてきた人はちゃんとやりましょう。
消化不良な部分はありますが、製品版がこの後あるなら仕方ないかなと。
1話より2話、2話より3話が面白かったです。
正直、OP曲しか見どころが無かったあの1話からよくここまで持ち直したなと…。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい433回くらい参照されています。