mae_sauerさんの「ChronoBox -クロノボックス-」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

贖罪と復讐の悲しい物語
控えめに言って神ゲーだった

今回は前回のアなんとかと違って、ゆるく構えながらゲームを勧めていたこともあり、細かいメモを取っていなかったので何から書こうかかなり迷う
まず、感想を書くにあたって、検索すると即見つかる程度の考察サイトさんを眺めてから投稿させてもらっていることを言っておきます とても深くわかりやすく考えられているのでプレイしたあとはぜひ訪れてみてください 許可を取ってないので名前等は伏せますが

以下ネタバレを含みながら

・作り込みが神
エロゲーというものは少なからずテキストの誤字がついて回るが、このゲームは私が見た中ではそれが一切なかった それどころか「誤字あんじゃねーのw」という、歴戦のユーザーの先入観と深読みを逆手に取るレベルで完璧だった
シナリオの舞台はEDENおよびEdEnで展開され、前者はログワールドと呼ばれる主人公の記憶からシミュレートされた世界 後者は現実世界の特殊な精神疾患患者を隔離する施設であるが
この2つのワードの差異が説明されるのがシナリオも大詰めになってきた頃なのにも関わらず、たびたびプレイヤーに向けて登場するためエロゲー誤植発見人の私は鬼の首を取ったように喜んでいたのだった(そもそもEdEnなんて入力ミスしないもんなw)

そして何気に初めての経験で思わず震えたのが、EDENからEdEnへと舞台が切り替わったところで目の当たりにする演出だ
なんと、それまで立ち絵の動きと変化のみでキャラが表現されていたのが、あろうことかいわゆる目パチ口パクで動き出す点だ
改めて今まで仮想現実で物語が進行していたことを思い知らされるのである

その他にもEDENの本来の目的が達成されていく中で世界の様子がどんどん異様なものになっていったり、BGMや背景がわけわかんないことになっていったり、スタッフロールが巻き戻ったりと、普段あまり目立たない裏方に徹している作り手の人たちのゲームを盛り上げる努力がとても光っている点
初めに褒めるにふさわしい素晴らしい仕事だった

・シナリオも神
正直暗い話で萌え萌えキュンキュンしたいようなプレイヤーには向いていない話
考察など伏線に関して考えを巡らせるのももちろん楽しいが、それでなくてもエンタメ性あふれる良いシナリオだった
おおよその伏線はほぼゲーム中で回収されていて、理解しやすいのもよい
あえてなのかは分からないが、考察サイトの方も触れているいくつかのポイントがシナリオ中に説明されておらず、そこがこのゲームの減点ポイントなのかなと思い他の投稿者の考えも受けてマイナスポイントとした とても小さな点だけどね

なんといってもこのゲーム 読了感がハンパない 全て見終わったあとタイトル画面を見ながらしばらく余韻に浸ってしまった
先程言ったように伏線がとてつもなく、些細な日常会話にもキャラクターの秘密やEDENの真相を意識するセリフが混じっており、ぜひ二週目をやりたいゲームだ

体験版か初回版でのみ一部のキャラとのエロシーンが見られないのは、シナリオとしての都合かなとは思う

一番好きなのは黒蝶沼です

・エロシーン結構使えるぞ

特に猶猶のレイプ


あと例のサイトさんでも触れてないはずだが
主人公がEdEnへ行くときに流れる挿入歌がnao
なんて贅沢な使い方なんだ


とまあ急ぎで書いてみたが この感想を投稿した時点でこのゲームの点数 最高得点である
メモでも取りながらやっていたらもっと詳しくかけていたが、あまりにクロノボックスを舐めていた
間違いなく2017年最高のエロゲーであり、ここ数年でみても一番の出来だ

このゲームに出会えたことに感謝している






長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい79回くらい参照されています。

このコメントは1人の方に投票されています。