Medotsuさんの「近親交際倶楽部」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

ヒロインの妄執的な愛が背徳のスパイスになる、父娘物としては質の高い作品。ただ、一番メインのエンドが色々な意味で個人的に微妙。
怜花とやってるうちに由里子への欲望が押さえきれなくなって・・・の凌辱パターンにならないかが心配だったけど怜花=由里子という事前情報を得てプレイ決意。
父親とやるために嘘のメールをでっち上げ、ばれないように変装して処女を捧げ、それをネタに家でも迫るという狂気的な由里子の愛がいい感じ。
体の発育が良すぎるせいで同級生にいじめられてるところを父親に助けられたのが惚れた理由。こういう場合はむしろ母親の方が相談しやすいと思うが、親身になってくれたのは父親の方だった。

妻に内緒で続ける娘との関係。どのような結末を迎えるかは分岐で決まる。
エンドは確か6つ有ったと思う。

①近親交際倶楽部のメールにそもそも返答しないエンド。最初の選択肢でメールを無視するとこれ。エロシーン発生せず終了。

②妻に由里子との関係を打ち明けるエンド。由里子は祖父の家に預けられ、父親と離ればなれになる。

③由里子に普通の親子関係に戻ろうと諭すエンド。最初は納得行かない由里子だが最終的には言うことを聞き、平和な日常が戻る。これはCGつき。ノーマルエンドにあたるかな。

④妻に内緒で関係を続けるエンド。父親はこんなこといつかやめねばと思いつつも由里子を独占したいという欲望は日に日に高まり関係に溺れていく。

⑤由里子妊娠エンド。誰の子かわからない相手を身籠ったことに妻は激怒するが、事情を知っている父親は妻を諭し、由里子を今まで通り家に住まわせながら毎日セックス三昧。いずれ生まれる自分の娘(孫)とも将来セックスするであろう事が示唆される。かなり背徳的なエンド。

⑥近親交際倶楽部エンド。妻に関係がばれ離婚するが、かたくなに父の元から離れようとしない由里子は父と共に新たな生活を歩み出す。架空の組織だった近親交際倶楽部を現実に立ち上げ、世の親子で交わりたい欲望を持つ者を会員として集め乱交パーティーを定期的に開催する。この会員達は権力者が多く、会費だけで父と由里子は生活を安定させている。由里子には娘が生まれ、その娘からも好かれており将来セックスするであろう事が示唆されて終わり。
一番メインのエンドでコンセプトはいいと思うんだけど個人的に以下の微妙な点がある。

・乱交エンドという点
人前でセックス披露が好きじゃないからいまいち好きになれない。

・妻がさすがに可哀想
夜の営みを拒否がちではあるけどそれ以外は特に非難される点もなく、最終的に夫と娘を同時に失うと言うのはさすがに可哀想な気が。父娘ものは妻はいない方がやりやすいと思う。もし、妻有なら捨てられても仕方ないキャラにしないと罪悪感が凄い。
まあ父親とセックスしてるとこを見つかったときに「お母さん、ごめん。お父さん寝取っちゃった」という由里子の台詞は名言だなとは思ったけど。

総評
怜花状態の由里子、素の由里子、どちらも可愛いためやって損はないかなと。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい197回くらい参照されています。