ひきにくさんの「アリスティア・リメイン」の感想

モテモテイケメンチャンバラ
ヒロインにモテモテでイケメンな二人がチャンバラする話です

一言でいうとこんな感じ。結構日常描写も多いですし、ヒロインもガンガン戦うのでそれがすべてではないですが。
かつて仲間だったグループがとある出来事によって仲違い?をして、とある目的のために逃走するグループとそれを止めようとするグループの2つに分かれて戦うお話。

両サイドに主人公のためなら死んでも良いくらいのレベルの従順で好感度高いヒロインが複数います。
しかも守られるタイプではなく、前衛に出てガンガン戦うタイプだらけなので、ヒロイン同士の戦いの方が目立ってるほど。
全体的にキャラは目立っていた。キャラ紹介にあるキャラ全員十分な見せ場が用意されていたかと。途中で新武器まで用意されるくらいヒロイン達は優遇されてます。
敵側も逃走時の会話から日常っぽいやりとりまであって、実はこちらが主人公なのでは?と錯覚してしまうほどです。

とにかく自分好みの要素が多かった本作。キャラが全員立っている話は自分の大好物なので。従順なヒロイン最高ですハァハァ。戦闘中しゃべる杖とかにもロマンを感じました。音楽も神秘的な曲や熱くなる曲も好み。
と読んでいて楽しかったので満足点はこの点数になりました。

先ほど述べたようにヒロインが強い、従順という部分も合う合わないあると思いますが、それ以上に気になったのは主人公のキャラ。

・主人公の名前が正義
・主人公が善人まっしぐら
・周りの住人に好かれていて、慈善事業で能力を使って助けたりする

近所でボランティアまがいのことをしている描写もあるので、このあたりを気持ち悪いと感じる人もいる気がします。













~~~~~~以下、ネタバレを交えた気になった点。ネタバレを気にする人は読まないで下さい~~~~~~





・シナリオが1本道
物語が1ルートしかなく選択肢もありません。敵側のイケメンが勝ってもおかしくないと思いますがそういうルートはありません

・物語が短い
1部で終わるような感じ2部はありません。話がえ?ここで終わり?となりました。
問題そのものは解決してるのですが、もう少し続いても良いのではと。

・桜花の過去の描写がほぼ無い
最低限は語ってますが思い出イベントが無いので感情移入し辛い。もとい桜花を好きになれるようなイベントが無い。

・シーンはエクストラが9割。本編と分断されている。
見たい人が見れば良いな形式なので、本編の邪魔をされずに済むと感じるか、本編の中に何で入れなかったんだで好みが分かれるかと(自分はこの形式が大好きです)

・エクストラは本編を進めていくと同時に解放されていく。
本編が1本道なので取り逃がすことは無いですが。どのタイミングで見れば良いのか分からない。しっくりくるタイミングというのもあると思いますがそれを見つけるのは至難の業かと

・物語はOPまでに出てきたキャラ以上は出てこない。
これからどうなるのか?新たな組織が出てきて盛り上がるという展開はなく、このあたりは弱いかと。

・モブと魔物がしょぼい
特にクマの立ち絵はもう少し何とかならなかったのか。せめて目を白目にした方が迫力が出たのでは。


残念な点は多いですが、自分にとっては気になる点ではなく、好みな部う分が多かったのでこの点数。
高得点といってもオススメする人を間違えると絶対合わないと思えた作品なので、私は好きですが万人にオススメしたいとうゲームではなかったです。
他のゲーム以上に読み手の性格で点数がとても上下しそうな本作だと思いました。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1929回くらい参照されています。