amaginoboruさんの「フレラバ ~Friend to Lover~ HD Renewal Edition」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

女の子の個性を積極的に振り撒き、同時に物語の軸とするのがキャラゲーのメインストリーム。その流れに真っ向から逆らい、近年忘れられがちな恋愛ADVの魅力を前面へ押し出した作品です。SMEEらしいイチャラブも存分に堪能できますが、キャラゲーだと思って手を出すと物足りないかも。
◆フレラバはキャラゲーなのか?
ヒロインの魅力を著しく欠いたエロゲです。わかりやすく個性と物語が用意されている
のは岬のみで、他3人はいずれも外見以外の明確なチャームポイントが存在しません。
ゆずゆはあのような性格ですし、理奈の万能っぷりも知るのは付き合ってから。陽茉莉に
至っては話が進むごとに残念さのみが際立つ異色の展開です。

思えばブランド前作『ラブラブル』は魅力のわかりやすい作品でした。恋に恋する千夏。
トリッキーゆえの愛嬌を持つさつき。居場所を作ろうと奮闘するつぐみ。お姉さんの
魅力溢れる奈々子。そして存在感溢れる太陽のような妹、花穂。わかりやすく可愛さを
与えてくれたSMEEが、どうしてこのような凡々なヒロインばかりを並べたのか。

おそらくは『ラブラブル』で、正しくは花穂ルートで方向性の限界を見出したのでは
ないでしょうか。ヒロインにのみ個性属性物語を与えたのでは進歩がなくマンネリを招く。
ではどうするか?そのような着想から生まれたのが『フレラバ』ではないかと推測します。
...明らかに邪推なのですが、そう思わせるほどに真逆の作りであったことは事実です。

例えば岬も含んだ全てのヒロインは、自ら恋愛に対し積極的に動かないし動けません。
恋心らしきものを抱いてもアクションを起こすのは必ず主人公です。また全ヒロインとも
スタート時点での好感度はゼロかマイナス。理奈が悪友として多少接しているだけで岬は
知り合ってすらいない状態。ゆずゆ・陽茉莉に至ってはマイナススタートです。
身内なりサブキャラなり、誰かしら一人は主人公に対して好感を持っているものなのに。

キャラゲーにありがちな「みんなの居場所」も存在しません。4ヒロインの人間関係は
ことごとく乖離していて、一緒になって理想の場所を作る状況にすらならない。会話も
主人公とヒロインの1対1が中心でサブキャラや他ヒロインは文字通り「冷やかし」に
よる出番がほとんどです。

かような状況ではいかに後半のイチャラブが甘く上質でも、ヒロインや脇役の個性が
少なくワンパターンに見えてしまいます。本当に情報が少ないですからね。人ではなく、
見目麗しいお人形を相手にしているような印象を持たれた方もいらっしゃるでしょう。

しかし一方で「必要以上に魅力を積まないがゆえの良さ」も新たに生まれています。
つまるところ『フレラバ』とはそこを要点とした作品であり、端的に言ってしまえば
キャラゲーではありません。キャラゲーではないのだからヒロイン達の個性が際立って
いないのは当然です。ヒロインに違和感を覚えた方々は、この辺りを混同されているの
ではないかと推測します。


より具体的に掘り下げます。
キャラゲーの場合ですと、まずはヒロイン達が持ち前の魅力をバンバン振る舞います。
天然おっとり強気男勝りお嬢様、運動音痴に頭脳明晰、ムードメーカーに突き抜けた
個性、飯マズドジっ子語尾口調と、属性を矢継早に繰り出してきます。好感度は過去の
出来事や出会いがしらのイベントで上昇していることが殆どです。

並行して主人公が「ヒロインを女の子として意識することなく」イケメン能力を
振舞います。バイトで一生懸命仕事してみたり、失敗に凹んでみたり、「困ってる人が
いるんだから当然だろ」と他人の苦戦を助けたり、家事能力を見せつけたり。そこへ
惚れこんだヒロインが一緒にいたい!カップルになりたい!とさらに個性を見せつけ
つつアタックをかけてくる。これがおおよその流れとなります。

この間プレイヤーの視点は、常に(外見を含めた)ヒロインの特長へと向けられています。
対して主人公はヒロインを大きくは意識していません。物語の進行に合わせてその視差は
徐々に埋まっていくわけですが、読み手と主人公の一体性はありません。
主人公はあくまでヒロインの引き立て役で、しかし独占欲を満たすため外見を主とした
個人情報に制限をかけ、プレイヤーがご都合的に憑依できる状態としているのです。

こうしてプレイヤーがヒロインを快適に観測できる状況を作り出しているのが現代
キャラゲーの主流です。女の子との擬似的な恋愛を楽しむのではなく、アイドルや
マスコットとして眺めて可愛らしさを堪能するわけです。自主的にでなく、相手から
好意を持ってくれるあたりも快適性向上の一助を担っています。


翻って『フレラバ』は必要最低限の情報しか見せません。ゆずゆならロンリーウルフ、
理奈なら総合スペックの高い悪友、陽茉莉なら距離の開いた幼馴染。それ以上の情報は
外見を除き、ヒロインから与えられることはありません。

一方で主人公も「彼女が欲しい!」といいつつ、序盤は友人未満の対象ヒロインへと
アプローチ。こちらも最初は恋愛的な下心は薄く、純粋な関係構築を目指したものです。
ゆずゆなら懐かないクラスメイトへのアプローチ、理奈なら今までの関係の延長、
陽茉莉は同クラスになってしまったがゆえのフォロー程度です。

しかし多少仲良くなったところで見せる彼女達の何気ない所作に、主人公は心を
動かされます。ゆずゆなら水泳やゲーセンで見せた屈託ない笑顔、理奈なら悪友の
見せる無意識な異性、陽茉莉なら幼なじみゆえの相互理解。キャラゲーヒロインの
魅せる個性と比べると酷く希薄な、でも「より近くでもっと見ていたい」魅力を
見つけることで初めて、異性として意識するのです。

以降は此方を異性として意識してもらうためのアプローチへと手法が変化します。
会話で女の子として扱ってみたり、困っていたら「ヒロインを女の子として強く
意識して」イケメンであろうと奮闘したり。とにかくカッコをつけるんです。

そしてこの間、ヒロイン達の心情を読みきることはできません。この辺りは陽茉莉と
理奈が特に上手く書かれているのですが、相手がどのぐらい此方を意識しているのか
明確にはわかりません。わかりやすいゆずゆにしたって、それが友愛なのか男女の
それかは断じきれない。その不透明さがまた主人公の不安を煽っています。

ゆえにいずれのルートも、最後は万全の準備をもって告白の舞台を整えます。不安
だから、けれどあの娘をもっと近くで見たいから、自分の想いを100%ぶつけられる
ように準備して勝負に臨んでいます。主人公が、ヒロインを、異性として明確に
意識しているのです。

そしてプレイヤーもまた主人公の想いへと意識を乗せることができます。相手の心中を
察することはできず、ほぼ関係性のない状況からのスタートで、ふとした仕草に相手の
異性を意識して(何気ない所作に異性を感じさせる作りは掛け値なしに見事でした)、
振り向いてほしくて積極的にアプローチをかけて。その一体感はキャラゲーでは決して
味わうことのできない代物です。


何のことはありません。古式ゆかしい恋愛ADVなのです。主人公に自分を乗せて、
好きな娘を普段のやり取りから見つけて、一緒になるためにがんばるお話。ただし
振り向いてもらうための行為は、「青葉恭介」という用意されたイケメン力を補助輪と
することで成功が約束されています。失恋のない、優しい嘘を添えた恋愛模様です。

わかりやすい属性を付与すればそちらに目が向いてキャラ観測へ走ってしまうし、
相手の好意が丸見えでは此方から好意を向ける必要もなく、また不安を覚えることも
ままなりません。必要以上にヒロインの魅力を積み上げず、僅かな所作から好意を
覚え、能動的にアプローチする面白さ。それが『フレラバ』の特長なのです。



◆肩ひじ張らずに楽しめる気安さ
ゲーム側に急かされない点も個人的に大変評価しています。主人公憑依型で能動的に
動くから、自分のペースで恋愛模様とイチャラブが楽しめるんです。カップル成立後も
同じで、ゆったりとマイペースに堪能できる。急かされないんですよね。

これがキャラゲーですと個性属性を次々と投げつけてくるものだから、受け止めるのに
精一杯で息つく暇もありません。恋仲になっても物語的な山場が見えているから
イチャラブに専念できないし、その間も「これが私なの見て見て!(はぁと」と可愛さを
投げ込んでくる。エッチも個性持ってるし、読み手は受け止めるだけで精一杯です。

ヒロインというキャラを楽しむのですから当然の作りで、もちろんそれゆえの良さも
沢山あります。ですがイチャラブを堪能するとなると、情報は少ない方が純粋に
楽しめるのですよね。キャラや物語にせっつかれない、自分の歩幅で楽しめるSMEEの
イチャラブは、従来の作品とは異なり穏やかな気持ちで読み進めることができました。

その意味で、気楽にゆったりとした姿勢で楽しむに最適なイチャラブゲーかと思います。
本当に疲れないし、止めるタイミングも任意に選べる気安さがありますので。
逆にヒロインの可愛さを真正面から受け止めたい時には本作では力不足。それこそ
『ラブラブル』花穂のようなオーラを持ったヒロインと、全力でイチャラブを楽しむのが
良いのかもしれません。



◆欠点
かように恋愛ADVとイチャラブゲーのいいとこ取りをした作品ですが。その上でなお
フレンドパートの選択会話は冗長だったように思います。まずは単純に回数が多すぎ
ます。特に告白前のパートですね。お目当ての娘にあしげく通っていることの証左
なのでしょうが、プレイヤー側からするとさすがに長すぎました。

加えて会話自体が面白くないのも辛い。ウェブの知恵袋から拾ってきたかのような
豆知識ネタが多く、読んでいてお世辞にも面白い内容ではありませんでした。後半は
女の子の反応を楽しめる選択肢もあって、その辺は楽しめたのですが。コンセプト上
必要であることを理解してなお面倒だったので、ここは改善の余地があったかなと。

あと岬ルートの存在ですね。彼女だけはキャラゲーらしい個性や問題が用意されて
いて、作風に馴染んでいなかったような。そのキャラ付けも十把のキャラゲーを超える
代物ではなく、グラも少ない上に恒例の髪型イベントもなしと、やや可哀想なヒロイン
でもありました。

主人公からアプローチをかける点は他ルートと同じなのですけどね。いざ読んでみると
無口、周囲からの特別扱い、孤独気味な学校生活、黒髪ロング、常識外れな言動とキャラ
属性てんこ盛りでしたからね。それで十分な魅力を引き出せたなら、作風が合わない
プレイヤーへの救済措置にもなり得たのですが。

後半は教室が「岬先輩の居場所」みたいな状況だったのもやや疑問。他ヒロイン達、
お前らいつからそんな仲良くなったんだっていう。それでも理奈ルートのように
当て馬として用意されたならまだしも、問題を解決する手段として用いられたのが
『フレラバ』ではないな、と。キャラゲーとして決して悪い出来ではないのですが、
浮いた感じに居心地の悪さを覚えたルートでした。



◆1対1のイチャラブを突き詰めたゆずゆルート
理奈ルートと共に良さのわかりやすいルートでした。ただし一匹狼から救われた
ゆずゆから好きになるのではなく、彼女の笑った顔に惹かれて徐々に、しかし能動的に
魅力を見つけ出していくのがキャラゲーと異なる点です。ゲーセンで一緒に遊ぶ場面で、
破顔の立ち絵1つでゆずゆを引き立てたのは見事という他ありませんね。流石です。

わざと怒らせてみたり、照れさせてみたり、拗ねさせたり。表情の一つ一つが豊かで
見ていて飽きない娘です。主人公・恭介もゆずゆの様々な感情見たさにアプローチを
かけていて、自分だけに向けてほしいと好意を寄せるくだりは、プレイヤーとしても
すんなり腑に落ちる流れでした。

やはり理奈ルートと並び、演出の手厚さが世界に臨場感を生み出していました。例えば
家へ送った際の別れ際。立ち絵が消えてドアを開けるSE。ここであえてバストアップで
笑った表情を向けて「じゃ、また学校で」。そしてドアの閉まるSE。しっとり落ち着いた
空気の中、温かさを与えるかのような演出は、従来のそれを大きく上回っていました。

他にも送り道の選択肢で「柊は、俺のこと嫌いか?」を選んだ時。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ゆずゆ「嫌い」

恭介 「......」

ゆずゆ「って言ったら、あんたはどうするの?」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2行目をクリックした直後にノーウェイトで音声&顔振り向きが入る。普通は唐突さを
防ぐためコンマ秒でウェイトを入れるものですが、落胆の感情を瞬間的に持たせるために
間髪入れず絵音を差し込んでいます。恋のやり取りを見せるだけのために、一瞬の感情の
機微をも丁寧に表現するその手厚さは、イチャラブゲーの大家と呼ばれるに十分値する
ものでした。


一方でゆずゆ側の感情は、赤面からわかりやすいようでその実断じきれないバランスが
絶妙でした。親しくしてくれる恭介に友人として好意を寄せているのか、あるいは
恋心なのか。確信が持てないから夜の送り道で手を握るか否かで悩むわけで。全ルート
共通の選択肢ですが、心中がいずれのルートも異なるため常に迷わされますね。んであの
結果なわけで、上手い選択肢の使い方でした。

後半の恋人パートは1対1のイチャラブに特化したものでした。コンセプトからして
二人の恋愛がスコープされた、横のつながりが薄い世界です。友人関係の薄いゆずゆは
条件に最も合致したヒロインで、他の人々を押し出した内容だったことにも合点が
いきます。甘さが過ぎて少し知能が下がりすぎていた気もしますけど(褒め言葉

例外が恭介の母ちゃんと水泳部員。前者はさすが二人だけでは間が持ちませんし、
関係を進める役どころとしては的確だったかと。後者はラストに添えられた問題解決の
伏線といったところでしょうか。悪い話ではありませんが重要ではない、締めを
まとめるためだけに用意された内容です。中身の良し悪しより着地の綺麗さを評価する
のが適切というものでしょう。

二人だけの空間が只々広げられる、混じり物も一切ない純粋なイチャラブルートです。
それこそヒロインの魅力が追加されることもなく、前半で彼女のどこを好きになった
のかを最低理屈で理解できていないと、エサが落ちてくることはなく物足りなさを
覚えるのではと。本作コンセプトを最もストレートに体現したルートでした。



◆SMEE謹製の甘酸っぱさと嫉妬
イチャラブが甘いことで有名なSMEEですが、では初心な恋愛から生まれる甘酸っぱさは
醸成できるのか?その疑問に見事応えてくれたのが理奈ルートでした。実に酸っぱい。
そりゃあもうゴロゴロするぐらいに。

悪友として数年寄り添った男女2人が、ふとしたきっかけで相手の異性を意識し戸惑う
典型的な青春シナリオです。とはいえお互い最初は恋愛感情など一切持ち合わせて
いないのは見ての通り。多くアプローチをかけ共にいる時間を作ったがゆえに理奈の
女性を垣間見て、そして惹かれた。といったところでしょうか。

切っ掛けこそ体育での水害トラブルですが、本格的に意識したのはやはりプールでの
やりとりでしょう。常に堂々としている彼女が見せる弱みに別の一面を見て、理奈も
また全てがヘタレの悪友が見せる頼もしい一面に惹かれて、お互いのドキドキが伝染
してギクシャクするあたりが実に青春ストライク。見てるこっちが恥ずかしくなった
のはホント久しぶりでした。

お互いを意識しつつも友人としての気の置けなさも残っていて、そのバランスが大変
丁寧に表現されていました。イチャラブでオススメしたいエロゲは多数ありますが、
甘酸っぱさとなるとその数は大きく減じます。そこに来てこの完成度。派手さこそ
ありませんが、青くさい恋愛を見たい方には掛け値なしにオススメできるルートです。


後半は相方が一人暮らしなのもありフリーダムな学生恋愛を堪能できるのですが、
肝はむしろ焼きもちの見せ方、そして恋愛の楽しみ方にあったように思います。

「みんなの居場所」が存在しないのは先に述べたとおりですが、理奈ルートでは取り
巻く存在を邪魔者、恋路を邪魔する蹴られ役として扱っているのが特徴。同時に恋愛は
2人で楽しむものとして、外からの介入を拒絶しています。

この辺りもキャラゲーと大きく異なります。三度花穂を引き合いに出しますが、例えば
彼女ですと実妹ということもあって、周囲の祝福を酷く求めるのですよね。フルーティアの
面々に認められ、美浜市内のコンテスト開場では公開告白を敢行し、FDでは親父さんに
許しをもらおうとして。自分たちの恋愛に周りを巻き込んで、同意を求めるのです。
それが自分たちの大切な居場所だからとばかりに。

比して理奈ルートは学校では関係を隠し、主人公も惚気たくないがために悪態をついて、
あとで謝罪していたり。恋心なんてはあえて公開するものじゃない、二人だけが愛しさを
解っていればいいのに、どうして他人に明かさねばならんのか。恭介や理奈の求める
恋愛はあくまで二人だけのもので、外からの介入を良しとしない代物でした。
(後述しますが、陽茉莉もやはり外からの介入を拒みます。)

本作で綴られるのは主人公の恋愛感情および彼女との恋愛模様であり、ヒロインの個性
でも理想の楽園でもない。キャラゲーとの制作姿勢の違いが明確化されているシーンの
1つです。

閑話休題。ともあれクラスメイトは祝福してくれる仲間ではなく、恋路を邪魔する敵役と
して登場します。最も積極的なオジャマ虫は野々村ですが、二人に亀裂を走らせたのは
陽茉莉。火傷のシーンはもうどうしようもないですよね。誰が悪いわけではない。
本当に間の悪い出来事で、それがわかってるから恭介も理奈もわだかまりだけが溜まって。

いくら言葉を積んでも理奈から嫉妬の感情が消えることはない。恭介君も誠意をもって
頑張ってるのに届かない。そんな心持ちでなだれ込む3回目のエッチは、イチャラブゲー
なのに悲しさやるせなさが先行するんですよ。ここが本当に良かった。セリフの1つ1つも
重くて「あれ、これSMEEだよね?」ってなる。喫茶ジェラシーとかやってた面々が、
ここまで丁寧に焼きもちを作るとは。

甘酸っぱさと嫉妬。おおよそ今までのSMEEでは軽んじられていたこれらの感情が、理奈
ルートでは本格的な取り組みをもって作られていました。イチャラブは語るまでも
なく秀逸ですが、それ以上に真面目な二人の恋愛を表現していて、イチャラブゲーと
呼ぶこと自体が失礼に思えるレベルでした。実に良いものを見せて貰えて大満足です。



◆主人公が主役の恋愛ADV
無防備にパジャマ姿をさらけ出し、飯盒炊爨ではレイプ目で逃走を画策し、恭介の過去を
盾に脅迫し、映画予告でイチャモンをつけまくり、恋人の前で食べながらしゃべり、
口を開けば毒舌連発。そして人参にんじんニンジン。え、やだ何この娘。いいとこ全然ない。
女の子が料理の彩りを「なんか」とか言わないで。SEつけてブンッブンッって人参捨てないで。
可愛い以外の魅力を持たない幼なじみ。それが皆原陽茉莉です。

キャラゲーだと残念ヒロイン扱いされそうなキャラ立てですが、そこで個性を立てない
のが実に『フレラバ』らしい。残念部分にフォーカスを当てず、他人にメリットのある
長所を持たないことを強調しています。どこにでもいる普通の女の子で、ただ距離が
近いものだから残念なとこを隠さず晒している。同じく特長を持たない恭介と同じ。
ただの男の子と女の子です。

そんな幼なじみの話が派手に盛り上がるわけもなく、元よりおとなしい本作の中でも
わけて地味。しかしその中身は最近では珍しい、近づいてから徐々に離れていく物語
でした。


オーソドックスな恋愛モノはまず知り合って、あるいは一定度相手を知ってる距離から
徐々に差を縮め、恋人関係となります。陽茉莉の場合、幼なじみという近そうな位置に
ありながらお互い距離を開けていて、その距離は他人よりも遠いマイナスの関係に
あります。

しかし親同士のホームパーティーから関係を修復。幼少時は非常に近しい関係だった
二人はその距離を一気に縮めます。幼なじみヒロインだしこのままデート数回でゴール
だろ、と予想したプレイヤーも少なくなかったと思います。しかし陽茉莉から告げられる
「初恋だった。好きだった」という過去形。デートに誘っても幼なじみとしての反応
しか見せてくれません。

急接近してから友達(この場合幼なじみですが)の壁が破れず、異性として向き合い
たいのにむしろ離れていく見せ方、これまたSMEEでお目にかかるとは思いもしません
でした。加えてこのケースは主人公の鈍感力で発生することが大半で、ヒロイン側が
気づけない状況も大変に稀です。その稀なパターンも相手が恋愛という言葉を知らない
アンドロイドなどがほとんどです。

陽茉莉は元よりやや残念なところがあり、相手が今は意識していない初恋の人だった
事も手伝って恭介の真剣な想いに気付けなかったのかなと。その見せ方がやはり絶妙で、
気づけなくてもしょうがないなと思うし、けれどこちらの気持ちに気付いて貰えない
悲しさもまた実感できる。帰り際の苗字呼びで多少意識させたとはいえ、何とも
やるせないデートでした。


で、ここからがとても恋愛ADVですよね。関係を打破する方法がストレートで恭介君
すごくカッコ良かった。普通のエロゲならケンカさせて仲直りついでに告白したり、
あるいはトラブルに巻き込まれて吊り橋効果だのストックホルム症候群だので強引に
くっつけているところです。

しかし恭介の行動はもう直球も直球。陽茉莉にこちらの気持ちを意識させるために、
一人の女性としてエスコートするんですよね。背伸びして高級レストランを予約して、
おちゃらけた普段の顔を隠して、陽茉莉を一人の女性として慕う男性の顔で接して。
告白のために一生懸命計画して全力で頑張っていて、もうホント主人公ですよね。

ヒロインの個性を立てるあまり恋愛要素はエロの副次に追いやられ、相手を口説く
ための男性側の頑張りが書かれることは近年ひどく稀でした。主人公が頑張るのは
物語上ヒロインを立てるためだったり、世界を救うためだったり、あるいは自分の
生き甲斐だったりで。

女の子に異性として認めて貰いたいがために頑張る主人公をメインに立て、ヒロインを
引き立て役とした男性主導の恋愛物語をエロゲという媒体で見たのは酷く久しぶり
でした。友達/幼なじみの壁という邪魔者を主人公の恋心がぶち破り、ヒロインを手元
へと強引に手繰り寄せる、ド直球の恋愛模様です。

キャラゲーの主役はヒロインや個性あるキャラクターですが、恋愛ADVの主役は顔と
個性のないプレイヤーが憑依しやすい主人公です。「主人公≠主役」が主流な恋愛
エロゲの中、かように主人公を魅せる話を復活させたことは何よりも賞賛されるべき
事かと思います。


そして陽茉莉ルートも他2ルートと同様に、二人の恋愛を重んじ外へ世界を広める
ことを拒みます。両親にはバレるまで報告せず、学校でも幼なじみな事を隠して
必要以上に世界を広げようとはしません。親にばれると詮索がウザいというのも
嘘ではないのでしょうが、1対1の恋愛を重んじているのもまた本当でしょう。

「私ね、幼馴染み同士だから惚れたんだって、好きになったんだって......
 みんなからそんな風には思われたくないの」

陽茉莉の吐露は理奈ルートにおける恭介の反応と異なるようで近しい部分もあります。
2人の恋愛を相手に見せつけることはないと断ずる理奈ルート恭介と、幼なじみだから
くっついたと思われたくない陽茉莉。自分だけが知ってる理奈を見せたくない。
好きだから始めた恋愛を外野から不躾に属性付けされたくない。どちらも二人の恋愛を
大事にしたいからこその言葉です。

同時にそれは、属性付けによる安易な恋愛の否定とも取れます。幼なじみだから対象
ヒロインを追うのではなく、その娘ともっと一緒にいたいと思ったから追う。
陽茉莉なんてそれこそ可愛い以外の特長なんてなくて、そんな娘の笑ったり怒ったり、
自分を理解してくれる部分を好きになって一緒にいたいと思ったから。そんな恋愛を
押しつけることなくイチャラブを交えて見せたのが『フレラバ』なのでしょう。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい445回くらい参照されています。

このコメントは1人の方に投票されています。