amaterasu3712さんの「アマツツミ」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

前作のエロの少なさを考慮し極端に多くした感じが否めないが内容自体は紫らしい良い作品
攻略順は√展開順です。

立絵、CG、キャラクターの良さは安定のPurPleというべき安定感。
綺麗でとてもかわいいです。

物語の進め方は、前作までと違い、一人ずつの個別ともいえる共通√を攻略後選択肢がでてきて該当キャラに入るか選択するという感じです。
ぱーぷるは基本ハーレム状態がデフォルトの為、どのヒロインを選んでも心苦しい部分がありますが、今作は上記の選択肢の方式の為、愛の表情が更に心苦しかったです。

各キャラ√
・こころ:共通部分は設定等がよく生きており、アマツツミの題材ともいえる死生観をよく表しておりよかったと思います。こころが良かったというよりサブキャラであるあずきさんがとの会話が良くCV風音様ということも相まって良かったです。
ですが個別に入った後が悪くはないのですがぐだぐだ引き伸ばしてる感が否めなく、共通の良さが薄れてしまったようにも感じます。
・響子:こちらも共通部分は良く、前作の満√を思い出してしまうような内容でした。
個別は悪くはないのですが最後の回答合わせの部分があっさりしすぎてもう少し上手くまとめれたのでは?と少し残念でした。
・愛:キャラはとてもよく、選択肢で愛√に辿り着かないものを選ぶ度に心が痛み、紫ソフトの主人公の事が好きなキャラらしい行動を一貫してとっていてよかったと思います。
ただ共通の最後の部分が言霊の力としてはちょっと納得しづらい解決をしたため此方ももったいないなと思えました。
個別√はぐだぐだしてるといえばそうですが、ようやく愛が報われたと思える内容であり、かわいさがひきたっておりイチャラブとしては一番良かったと思います。
・ほたる:OPから共通を通して明らかに異常感があったヒロイン。
隠すつもりがない為、身構えてプレイしてしまいましたが内容は本当に紫らしい王道パターン。
しっかり世界観や設定は生きており、"水無月ほたる"も憎むに憎めないキャラとなっており不快感をあまり感じずプレイできたのも良かったと思います。
わかっていても泣いてしまう内容。キャラクターが消えれば悲しく泣いてしまうのは当たり前ですが、消えたら泣かせてしまうキャラクター作りがやはり上手いなと思います。
ハピメアの有栖√が一番近い演出かなと思いますが、まじりあったヒロインの描写が最後にあり、完全に救われたとは思いませんがそれでも良かったと思います。

エロゲに何を言ってるんだ という感じではありますが、個人的にエロシーンが多すぎてシナリオを楽しむにはテンポが悪く感じました。
クロクロのように完全個別にしてしまうと克先生の絵の良さが引き立たない為問題かと思いますが、1キャラ2,3シーンにしておまけとしてその他のシーンは追加してほしいと思いました。






新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい408回くらい参照されています。