painsalさんの「ダンジョン オブ レガリアス 背徳の都イシュガリア」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

ダンジョンクルセイダーズシリーズをプレイした人間としての感想
一言で言えば、ダンジョンクルセイダーズシリーズ(特に2)を2D視点のRPGにしたような内容。
ただし、3Dダンジョンでない分、こちらの方が敷居は低いのではないかと思う。
ダンジョンクルセイダーズ1はオートバトルでほとんど片付くようなゲームバランスであり、2は中盤から出てくるシノビ系の理不尽ともいえる即死攻撃+多段攻撃の強さを考えれば、本作は幾分ゲームバランス面ではマシになったと思う。
では、ゲームバランスは良いかと言われると、残念ながら褒められない。大体、エリアやクエストボスよりもマップのそこかしこを徘徊する紫シンボルの敵の方が強いってどういうことなの・・・普通逆でしょ。
そしてエリアやクエストボスはあまり苦戦せずに倒せるのに、戦闘後のセリフは「手ごわかった」とか「今までで一番苦戦した」とか、あっさり倒した後でそんなセリフが出てきても正直冷めてしまう。
本作では他にも欠点はあるものの、このゲームバランスの悪さの前には霞んでしまう。
操作性があまり良くないとか、テンポが悪い(特に戦闘)とかは、突っ込みどころはあるにせよまだ我慢できる。
だがゲームバランスの悪さに関してはADVパートにも影響している分、一番考えてほしかったところ。
ゲームパートに関しては突っ込みどころが多いものの、エロに関しては相変わらず歪みねぇな。さすがのM&M大先生といったところ。
一部を除いて巨乳ぞろいとか、人妻完備とか、ほとんどのヒロインはアナルまで犯すとか、人に見られるスリルを味わいながら楽しむとか、要はいつものアストロノーツ。安定している。
手堅すぎて目新しいものはないので、個人的には逆にそこに不満を感じることはあるが。
とはいえおかずには十分使える事は間違いない。
CG回収は一部を除いて楽にできる。ユウカゲイベントと敗北イベントはうっかりすると見落とす可能性があるが、パッチで敗北イベントに関しては最終章でまとめて回収できるので、ユウカゲの店に頻繁に通ったり買い物をしてユウカゲイベントさえ回収できれば100%は容易。あとは根気良くゲームを進める気力があるかどうかなのだが・・・
あとこれは多分自分だけだと思うが、どうせなら最終章だけでもいいので、アーシュラやフォルトゥナやユウカゲとパーティを組んで戦ってみたかったなと本気で思う。
不満は多い作品だが、個人的には嫌いではない。ゲーム性とエロの両立という方向性で作品を作るアストロノーツのようなブランドは貴重だし、これからも生き残ってもらいたいと思う。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい3570回くらい参照されています。