morufaさんの「ダンジョン オブ レガリアス 背徳の都イシュガリア」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

少なくとも、エウの過去数作より良くできている
遊べるエロゲという土俵に新しい希望を見せてくれた意欲作。



基礎的なことは踏まえてから奇を衒ってくれと言いたい昨今のエウ作品に、
お手本として提示させたい一策だったように思う。

もちろんRPGとしては基礎も基礎、基本の塊のような味気のないものであったが、
少なくとも過去のヒット作で培ったノウハウを次に活かさないことより遥かにマシであった。



ストーリー的には過去の記憶を持たない主人公の記憶探し、という一本のシナリオを軸に、
参戦メンバーや各種サブキャラたちと交流を繰り返しながら、サブ・メインクエストをこなしていく形となっている。

シンボルエンカウント方式の為、交戦を避けながらのストーリー展開も可能な上、
イベント戦などが比較的楽な設定のために詰まることはほぼないだろう。

難易度もEasy Normal Hardのおなじみ三段階。ゲーマーを自称する人なら終始Hardでも
なんら問題なくエンディングを迎えることが出来る程度の設定なので、
ただストーリーを追うだけではなくRPGも楽しみたいのならHardを推奨する。


プロット的には大きな山場、というものはたいして用意されておらず、
問題発生も解決もトントンと進んでいくため、いまいちシリアス感は感じられない。

また多くのレビュワーが書いているとおり、特定のボスなどより、
その辺りに徘徊している強敵シンボルの方が強いため、
この辺でかなり評価が上がり下がりすると思われる。

文字通り「強敵」で、遭遇時では範囲攻撃一発で全滅する。(Hard時)
またマップによってはこのシンボルがうじゃうじゃと徘徊している場所もあり、
明らかに回避推奨の作りになっているのにも関わらず、クエストやストーリー展開的に
周回を余儀なくされたりする場合もあり、この辺りはクリエイター側の詰めの甘さを感じる。




一言感想通り、エウの過去数作よりだいぶマシであった。
マップ中の柵を全部壊せだの、マップ中の川を全部凍りつかせろだの、
テストプレイ段階でやってて面白いと本当に思っていたのだろうか・・・。

と、その渦中であるエウの話題の問題作が今月末に迫っている中、
今作は滑り止めとしての役割を十分果たしてくれるだろう。

ちなみにウルスラグナの続編はいつになるのだろうか。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい2840回くらい参照されています。