painsalさんの「電車で痴漢冤罪の復讐の果てに、男は魅せられ、女は堕ちる」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

値段は高いが、それはプロとしての自信と自負の表れとみた
このサークルの作品は初プレイだが、総合的にレベルが高く、かなりプロ意識が高いと随所に感じられる作品だった。
原画家はかなりキャリアが長い方で、それこそ21世紀に入る前から名前が散見される歪みねぇお方である。
痴漢冤罪で罠に嵌められた主人公が自分を陥れた同僚とその女に復讐するというシナリオだが、ルートは大きく分けて二つ。
復讐を見事に達成するルートと女を完堕ちさせるルートである。
もちろん復讐達成ルートの方が正ルートであり、シーン数も多く、じっくり描かれている。
しかしサークル諸作の方向性を考えると、むしろ完堕ちルートこそがサークルの方向性に合うような気がする。
個人的には完全に解決したとは言い難いにしろ、完堕ちルートの方が好みである。
何しろヒロインの変貌ぶりが凄い。処女喪失前と後ではまるで別人である。復讐を達成したとは言えないが、同僚に大きな精神的ダメージを与えているので、不完全燃焼気味とはいえ溜飲は下がる。
プレイも総合的に完堕ちルートの方がハードだが、アナル開発がないのだけが不満。正ルートの方がアナル開発に積極的というのは皮肉である。二穴を輪姦するシーンが見たかったのは自分だけではあるまい。
本作は総合的に満足いく作品ではあるが、しいて不満点を挙げればヒロインと同僚が付き合っているのに全く肉体関係がない点がかえって不自然ではあった。
細かく見ると不自然で突っ込みたいところはあるが、面白かったので目をつむろうか・・・
あと、このサークルの作品は本作以外はシリーズ化されていて続編が出ているが、本作に限っては下手に続編を出さないで欲しいと思う。本作ですべてが完結しているのだから。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい501回くらい参照されています。