Accord4312さんの「コートの中の天使達2 ~ソフトボール編~」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

思ったよりはソフトボールしてますし、しっかりヒロインの魅力も描けていたので、それなりには楽しめました。ひとりひとりの描写はかなり短いのですが、明らかにゲームの構成の影響を受けているためだと思うので、致し方なしかなと。もうちょっとリアル感は薄れてもいいから、勝敗の基準が明確になっているとやりやすかったですね。それがわかれば、同じことを9周するなんて面倒なことしなくてもよかったかもしれないのに()。晶に惚れられる人生を送りたかった。点数はいろんなマイナス点を加味しても付けられる個人的な限界という感じです。長文部分はメモのみです。
コートの中の天使たち2 ソフトボール編
→ソフトボールのゲームであること以外何も知らないので、とりあえず流れるままにやってみます.

攻略できるのかは知らないけれど、とりあえず第一印象で決めた順番(おいしそうな子は最後)でで追いかけていこうと思います。

松田 未依→音胡田 こずえ→森村 奈々瀬→緒谷山真由美→潮乃木 葛葉→喜多嶋 麻由美→伊那部 尚→円井 玖美→円井 晶

※作業感が強くなるので、細かに書くのは諦めました。
→実際のところ、頼りにしている攻略よりは効率的にプレイできるような気もしなくはないですが、それを記すために検証を重ねる気力がないです。
というか、これ、どうやったら意図的に負けられるの、特に最後……
互角でも勝てるんなら、どうやって調整すればええんやこれ……
→結局運ですね。9周して負けたのは1回だけでした。

○思ったよりはしっかりソフトボールしてますね。そこは本当にいいと思います。
※攻略メモについて
・奈々瀬は5/27、こずえは6/3から部員として加入するので、そこまででセーブしたデータを用意しておけば、周回の際に気持ち楽になるかもしれません。
(尚や葛葉も途中加入といえばそうですが、そこまで時期に差もないし、諦めて最初からやった方が早い気がします)
・試してはないですが、11回くらい(未依、こずえ調べ)ちゃんとヒロインと出会っていれば、フラグは立つみたいなので、もしかしたらもしかしたら、複数並行はできるのかもしれません。
もっとも、そうすると、特訓の時間までなくなっていくので、もしかしたら試合に勝てない、という意味でだめになるのかもしれません。なので、結局エンディングに到達できないという意味では、複数攻略は避けた方がいいのかもしれません。
→試合のパロメータの影響が不明過ぎて、正直、どこまでやれば大丈夫かっていう見当が全くつかないので。

※試合前練習メモ
→毎週ちゃんとデータを見て、弱いところを補うだけ。

※バッドエンドについて
→葛葉、こずえに関してはとても良い。いい感じに現実離れしていない、バッド感あふれる凌辱シーンが描かれていた気がする。なんでそうなるの感は否定しないが()
→未依に関してはもう少しシーンでプラスαが欲しかったところ。そこに至るまででどうしても書かざるを得ないシーンがあったからこその、何か足りない感が出てしまっているように思った。
→先生のバッドは正直、うーん。純愛ゲーマーなので、胸糞感の方が正直強く出てしまいました。
→奈々瀬はもう普通にただのバッド。そりゃそうよ感の方が強いし、何より、描写が淡々とし過ぎていてシーンとしても使いづらい。これは微妙なところかなぁ。ボクがメガネ苦手っていうのが理由としてあるだろうことは否定ができないにしても、それだけじゃないでしょう、これ。

→試合の敗北については、なかなか難しいとは書きましたが、互角状態でも少し劣るくらい(青色に追加がされないくらい)を両方維持すれば、ぎりぎり負けるんじゃないかなと思いました。こちらはある程度事前に情報として作中に流れているだけあってか、唐突感もなく、バッドエンドとしては王道なものかと思います。これを9人分個別に見るのは労力的にしんどすぎますが。
→訂正。全員テキストは一緒なので、1人見たら正直見る必要ないですねこれ。

※以下、個別ヒロイン部分雑感
・未依
→いい子でしたね。常識あるかっていうと微妙だし、すごくやぼったいんではあるけれど、とにかくいい子でしたね。初期からいる部員なので、鍛えると晶以上の打撃力になってくれる辺りも好きです。ええんか、経験者……

・こずえ
→よくよく考えたらテンプレートな女の子だったんだけど、当たり前すぎてもはや気づかなかったやべー奴。なんだこのやべー奴。
でも、こういうやべー奴ほど、芯が素直でいい子だったりするんですよね。やべー奴だけど。やべー奴だけど。

・奈々瀬
→僕にはよくわかりません。「これこそまさにメガネっ子」というべきなテンプレートの性格で、ぼくにとって苦手なヒロインなので、まともに何か言える気がしないんです。

・緒谷馬
→まさかの加入でびっくり。そしてヒロインでびっくり。

・葛葉
→闇深って感じだけど、やっぱりとってもいいこ。そして、関係がないけど、アフターが全くこの子のアフターという感じになっている気がしない。なんでアフターに設定をつき足してしまうんだろう。たまたまメインの話で設定が少なめだったから違和感なく受け入れられたけど、普通の作品でこれをやったら設定過剰。
→しかも尻切れやないか……。ヒロインはすっごい魅力的なのに、もやもやする……

麻由美
→未依に引っ張られ続ける不憫な子。知ってるよ、君がいい子で、とっても健気なかわいい子だってことは。
→そして、何綺麗にまとめとんねん()


→この子、基本的に他の子と絡まないですよね。おかげなのか、いまいち、何か変えてるのかはさっぱりわからない。でも、口が悪目なだけで、素直ないい子で間違いないとは思うんです。
→拙者、強気なおねーさまな空気を醸し出しているけれど、実は中身はとっても乙女で、でもキャラ的に素直になれなくて、結局意地っ張り気味にテンパってるところが最高に乙女なヒロインが大好き侍。義によtt(ry

玖美
→主人公ポジの女の子の相棒という立ち位置は、どうしてこんな子が多いのだろうか。鉄板なのか、そうなのか。
でも、共通部分を見てる感じでは、存外メイン以外が見えてないとかそういうタイプではなさそう。安心だけど、それじゃあ何をするのっていう不安はアリ。
→ごくごく普通に終わりました。というか、レズ感もとくになく、普通に姉妹愛って感じだったので、なんだかこっちの方が申し訳ないまであるわね……
※ただ、それにしても、晶ちゃん絡んでこなさ過ぎじゃなぁい?


→しょう、って読むみたいね。難読な名前じゃない場合だと、逆に引っかかっちゃうわね。初期から好感度がかなり高い理由がよくわからないけれど、そこに話が行くことは期待してません。むしろ、普通に可愛ければいいまであるんだけど、どうなるだろう。
→勢いそのままであることをそのまま示しちゃった感じ。でも、それが潔かったかなと思います。本当に徹頭徹尾好感度マックスだったんだなこの子……
※妹がやっぱり全然絡んでこなかったのは残念。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい24回くらい参照されています。