gluttonykingさんの「おとうとぬいぐるみ」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

俺の臓器がこんにちは!
「弟がぬいぐるみになっちゃった」というギャグから始まり、的外れなネタを振りつつ段々話の核心に迫る流れ、雰囲気がパッと変わるシナリオには「喜劇で隠す憂さ」みたいなものを感じ、プレイしてて「あれ?あぁ,,,,,,,」としみじみ思いに沈みたくなりました。
大切な人の身に異変が起きる(ぬいぐるみも含む)ことによって今まで近くに感じてたが故に見えなかったものが見えてくる....
この作品はそのようなことをキャラ性に箔をつけてドラチックに表現するのではなく、なんも着飾らず素朴に表現してくれているのがとても魅力的だと思いました。声がないからという面もありますが、深刻な内容に入ってもあくまでもちょっとこじらせた姉弟の会話の範疇にとどまっていて内容なだけに感じるものとのギャップがデカかったですw
1時間ほどで終わりますがもう少し起動していたくなる作品でした(笑)

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい711回くらい参照されています。