Gaiodiazさんの「操心術外伝 ~綾河博士のHENTAI事件簿~」の感想

エロゲーなのにリアル志向とはこれは如何に
発売して割とすぐに買い、一月ほどでクリアしていましたが今更感想を。

とは言え寝ながらやったんで詳しい話を覚えていないんですが、要約すると相変わらずダメで冴えないけど女は好きな主人公は、ヒロインの綾川春生が開発した催眠装置やら怪しい宗教団体の教祖の不思議パワーやらなんやら色々使って彼女作りに励むという、例によって身の程知らずなストーリーです。
特徴としてはこのゲーム、エロ以外の描写がやたらとリアル。大学での学生達、子供を取り返しに新興宗教の事務所に乗り込む親、そしてダメ男な主人公。こういうところにこだわりを感じるのはフルプライスならではですね。ただしモブのグラフィックは手を抜いていくスタイルなんですけどね。
オススメシーンとしては、大学事務のおねえさんに催眠をかけて自慰をさせるシーン。まあこれに限らずアブノーマルなエロが満載ですよ。いいことなのかは知りませんがw
総じてこのジャンルでは及第点だと思います。なんですが、フルプライスなのに及第点だとちょっと物足りないかなという感じはあります。元々ストーリーで魅せていく催眠ゲーというのがこのブランドの特色なのでそこを理解してプレイしないと終わってもどっちらけな感じになってしまいますね。皆さんも気をつけましょう。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1195回くらい参照されています。