Atoraさんの「神のラプソディ」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

ヘタレスの迷宮に行く前に、つまらなすぎてヘタる。質の低いソーシャルゲーム仕様のシステムなど言語道断。神は神でも神の字違い。その名は『神のラプソディ』。
 言葉にならないほど失望した。ステージをクリアしていくたびに溜まっていくものは、経験値でもアイテムでも爽快感でもなく、フラストレーションと疲労のみ。エウシュリーのゲームにしてはゲームバランスが大雑把すぎて、ユーザーに何をして楽しんでほしかったのかが分からない。ゲーム進行が金太郎飴を切っていくにも等しい時点で、作業化の危険を大いに孕んでいるのは百も承知だったはず。それを改良せずにリリースしたのは、ネガティブな意味でのGW殺しである。乱暴を承知で言えば、『幻燐の姫将軍』のシステムをそのまま積んだ方が、まだ楽しめる可能性があった。ブランド側の狙いが全く見えなかったのが気がかりだ。
 初回クリア報酬という仕様を見て、ソーシャルゲームからの浅知恵を拝借したかと訝ってしまった。ステージが単調なのも、モチベーションを下げるのに一役買っている。

 とにかく作業させられている感が蓄積しやすかった。ひたすらフィールド上の草を刈ったり伐採をしたり、ストーリーに関係のない雑用がやたら多い。それだけならまだしも、昨今のソーシャルゲームのように、ひとつのステージをクリアする度に報酬をもらえる任務達成の仕様が、作業化に拍車をかけている。この手のゲームを本気でやろうとすると、アイテムやクエストをコンプリートしたくなるもの。しかしながら、その報酬を得ようという気にならないのが、この作品の難しいところである。同じマップを複数回周回するのが苦痛な仕様であるため、気づく頃には未達成も多くなり、やる気が削がれるわけだ。
 フィールドの障害物を排除する任務など、ヘックス式のターン性RPGとしては狂気の沙汰でしかない。ただでさえ、ユニットを配する際に思考力を要求されるヘックスに、余計なクリア条件を意識させるべきではない。寄り道どころか、メインストーリーを進めることすら億劫になってしまった。

 それでも、好きなキャラクターを育て上げることができれば、まだ救いの道があった。ところが、この作品はそれすらも許してはくれない。いくら敵を倒そうが、参加していないユニットまで育ってしまっては、お気に入りキャラクターとの差別化は程遠い。レベル上げの概念を事実上排除して、既存のゲームとの線引きを狙ったように見えるのだが、キャラクターに愛着を沸かせるだけの要因を他に用意していないのはもってのほか。秀逸なキャラクターデザインが不憫である。
 また、弓や魔法といった遠距離ユニットの使い勝手は、エウシュリー史上最悪。移動攻撃や移動後に魔法が使えないのでは、全くもって活躍する場所がないと言っていい。ゲームシステムは異なるが、幻燐シリーズにおけるペテレーネやティナといったユニットが、移動後に何もできないようなものだ。その辺りのバランス感覚がなくなったとは思えないのだが、どうもゲーム設計の段階で初歩的なミスを犯しているように見える。もし改良の余地があれば、『魔導攻殻』のように最適化することもできたであろう。だが、システムの全容を見る限り、部分的な改良だけで済むとは到底思えない。根本的に設計を見直す必要があるようだ。

 シナリオもシナリオで、いつにも増して読むに値しない。主人公がなかなか共感しにくい性格の持ち主である上、持ちうる能力を上手くテキストで表現できていない。立ち位置は軍師なのだろうが、ストーリーだけでなくゲームパートと絡めると、チームを引っ張るだけのカリスマ性を見出しにくい。ストーリーも心沸き立つ展開がなく、仲間集めが軸。世界観もいつもの大河ドラマファンタジーでないぶん閉鎖的に思われ、序盤から躓いてしまった。今回に限って言えば、ディル=リフィーナ世界に溶け込めているのか、それすらも怪しい。

 エロ方面は次第に弱くなっており、ますますコンシューマとの壁が薄くなりつつあるように思うのだが、これはエロゲーとしては由々しき事態だ。濡れ場のテキストがやたら弱く、もはやHシーンは不要の域と言える。裾野を広げたいがために敢えて抑えているのだとしたら、それこそ中途半端だと言わざるを得ない。畑違いなのは承知の上だが、濃度で言えば“姫狩り”の頃まで戻ってほしい。個人的には断面図を実装してくれた方が嬉しいが、これは好みがあるだろう。

 やりこめるように見えて全くやり込めないどころか、放り投げてもおかしくないレベルの駄作。とにかくゲームシステムに難があり、操作性、設計、中毒性など何から何まで平均以下。見目麗しいイラストを足蹴にしてお釣りが来るほど、システムが死んでいる。システムとシナリオは猛省を促したい。

 神は神でも神の字違い。かの“神採り”とは似ても似つかない。しばらくはヘックスアレルギーが出そうである。



【雑記】
 ステータス画面で楽器がくるくる回転するのを見て、『モンスターファーム』シリーズを思い出しました。

 それと同時に、ヘックスを用いた画面を見て、『ベルウィック・サーガ』を想起しました。あれはマニアが泣いて喜ぶマゾゲーでしたね。そもそも、ヘックス式で成功すること自体、難しいのではないでしょうか。ゲームバランスを保つのが難しいと思うので。

Atoraさんの「神のラプソディ」の感想へのレス

ベルサガはたしかにマゾいですけど
SRPGとしては一つの完成形だと思います。
ゲームデザインは賛否真っ二つにせよ極めて洗練されていました。
これの引き合いに出されるのはちょっと心外です。

ヘクス式マップは特に守るのが難しいですね。
他に著名な作品としてはギレンの野望や大戦略などがありますが。
2015年07月28日21時48分47秒
>>changさん
 ベルサガは、あくまでも私がプレイした感触から出てきた固有名詞ございます。
 ベルサガを悪質な作品とは毛頭考えてませんし、そう書きたいわけではないのです。
私が神ラプをプレイして、ヘックスを見て、ベルサガが頭に思い浮かんだだけでございます。
ご指摘の通り、ベルサガの評価が二分しているのは私も存じておりまして、
「いやー、ヘックスってのは、何かと気難しいモンだなあ」とは思いましたが。

大戦略も想起したんですが、ファンタジーを考えると「ベルサガのほうに近いのかな」と、
やはりなんとなく思いました(これは本文には書きませんでしたが)


 わたしの雑記については、毎度のことなんですが、深い意味はございません。
「レビュー内でなんとなく書けなかったこと」を取り留めなく書いてるだけです。
時には愚痴かもしれませんし、時には懐古かもしれません。深く考えずに書いています。
備考欄といいますか、追記といいますか、所詮その程度のものであります。
2015年08月03日01時04分08秒

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1242回くらい参照されています。