野菜炒めさんの「時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

10年経ってもまだ終わらない3部作もある中で約3年で纏め切ったのは良かったと思う。
前作の2は終盤以外が結構微妙な出来で退屈することも正直あったが今回の3はその辺りかなり改善されてた。
仮に前作が前半5中盤5後半9なら今回は前半7中盤7後半7って感じで終始面白さは安定してた。
今まで積み重ねてきた伏線の回収という意味でも3部作の中ではこれが一番作品の出来自体はいいのかも。
終盤やや冗長に思える展開もあるにはあったが今までに比べたら・・・てことで。

2の感想でおまる生きてるのは微妙みたいなことも書いた気がするけど終わってみると完全消滅ではなく生かしておいたことが正解だったような気もした。
おまる含めて20年前の生徒は全員20年前の世界に戻ることになるけど、あれがもし復活してそのまま現代で皆と
一緒に過ごすみたいな締め方だったら自分は評価落としてたと思う。
寂しくもあるけどきちんとした別れもあったほうが物語的には面白い。

エピローグでのおまるの娘があの子だったり学長の主があの子だったりとかあの辺は全く予想外でびっくり。
おこじょが主だとばかり思ってたが全然違ったw
只、どちらもいまいち印象の薄いキャラだったのがちょっと残念。

前作の終盤もそうだけど今回の終盤もおまるがいいとこ持って行ったような印象。

ヒロインは言うまでもなくモー子なんだけど自分的にはそこまでの魅力を感じるヒロインでは無かったのが惜しい。
個人の好みもあるけどアーデルハイトや妹のほうが可愛く見えたかな。
特に妹のほうは実は一番のお気に入りキャラで微エロですら一切無しの仕打ちにはかなりがっかりしてたりする。
あの子は主人公と確かに恋愛感情は無いけど静春とはちょっといい感じだった気もするんでそっちの方向で恋愛描写だったりエロだったりやってくれても良かった。
別にその辺は主人公に絡めるとか拘る必要はないと思う。
メイン男キャラがメイン女キャラとくっ付いてもいいじゃない。

伏線回収ゲーとしては結構良作だと思うけど3部作纏めて見た時はネックは1全体と2の終盤までにどうしてもなってしまう。
仮に3本を1つに纏めてたら全体の約半分以上がちょっと微妙な出来に思えてしまうところは残念かも。
なんにせよ3部作を綺麗に上手く纏めたことに対してはお疲れ様でしたと本心から思う。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい291回くらい参照されています。