ひきにくさんの「限界凸記 モエロクロニクル」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

貴方は・・・パンツを集めるためにダンジョンを何周もできますか?
パンツが聖なる布として扱われ、パンツを履くと強くなるモンスター娘だらけの本作
わ~い、パンツだ~♪と侮る無かれ!パンツを履かせることで仲間のモンスター娘の格好が変わるのはもちろん、能力値からスキル構成まで変化するのだ!
つまり、この世界においてはパンツとは収集品というよりも、武器や戦闘服といった意味合いが強い。
本作にはそもそも「武器」というものが存在しないので、攻撃力を上げるにはレベルを上げるか、攻撃力上がる腕輪(もしくは一部の装備品)をつけるか・・・パンツを履くことなのだ!!
だが、それだけ貴重なものであるパンツがそう簡単に手に入ると思う無かれ。
各キャラクターには初期服とダンジョンで拾えるパンツが3種類、計4種類の衣服が用意されているが、この入手方法が厄介なのである。
1枚目は初期服、2枚目はダンジョンの固定の宝箱から普通に拾えると入手条件は比較的楽である。
だが、3枚目はダンジョンの採取ポイントから低確率で出るものであり、4枚目に関しては、レアモンスターを倒さないといけないのだ。
このレアモンスターを倒すという条件がかなり厄介で、レアと付くだけあって遭遇率が低いのである。感覚的にはドラクエの序盤のダンジョンでメタルスライムを見つけるのに近いか?
3枚目も、フロア移動をしていればそのうち出るものではあるが、お気に入りのモンスター娘のお気に入りスキルを使うには、この難関を突破しなくてはいけないのである。
つまり、お気に入りのモンスター娘を心おきなく使うためには、まずレア探しをしないといけないという制限を抱えているのである。
レアアイテム探しが好きな人ならまだ良いのだが、戦ってレベルを上げたり、ストーリーを見るのが好きで「無理やり行うことになるレア探しが嫌いだ」という人には苦行になりうるかもしれない。
もっとも、真の紳士なら、可愛い娘を使うためには苦難は当たり前だあああああ!!!と叫びながら日夜パンツを探してダンジョンを歩きまわっても何ということはないのかもしれないが。


さて、このゲームのパンツの重要性を語ったところで大まかなゲームの内容を語ろうと思う
以下はパンツではなくシステム面について書いている部分が多いので、堅っ苦しい話がニガテな人は戻るを押したほうが良いだろう

まずは、このゲームの評価を自分なりに大まかに
【評価点数】(各項目10点満点)
・シナリオ・・・・・・7(ギャグよりなんだかマジメなんだかよく分からない感じ。多くを期待しちゃいけません)
・ギャグ・・・・・・・8(ドSな娘がいたり、レズっこがいたり、BLが好きな娘がいたり、個性的なモンスター娘が繰り広げる会話はなかなか面白い。ただ、主人公は基本おどおどしている上に受身な性格です)
・爽快感・・・・・・・8(全体攻撃で一撃でモンスターを蹂躙したり、オーラボーナスを繋げたり、攻撃力を底上げしてトンデモダメージを出して衣服を一撃で破壊したり。まあ及第点かな?)
・演出・・・・・・・・5(ギャグ向けなんだかマジメなんだかよく分からないせいで演出もそこまで盛り上がった感じはなかった)
・音楽・・・・・・・・6(耳に残るほどの音楽は無かったかと)
・絵・・・・・・・・ 8(立ち絵といいCGといい、モンスター娘は可愛いよね。ただ、バイブやTENGAを生物にしたようなザコモンスターの卑猥なデザインは何とかならんかったのか)
・システム・・・・・・5(RPGとして見るとだいぶ穴だらけなシステムかと)
・キャラ(声含む)・・・9(渾身のイラストで描かれた50匹ものモンスター娘がいるので、愛着が沸く子が必ずいると思う)
・エロ・・・・・・・・・4(裸フラッシュはエロいと思う!!だが、そのシーンを出すのが困難すぎるのが問題なんだよおおおおおお!!)
・プレイ後の後味・・・6(クリアした途端やることが一気に無くなって冷めた感じでした)

満足度・・・66点


>ストーリー
世界を平和にするまで帰ってくるな~と村長に半ば追い出されたような形で冒険が始まる本作
正直、ストーリーを楽しむタイプではないかと。エロゲをある程度やっている人だと「何だこのギャグがやりたいんだか真面目にやりたいんだか分からんストーリーは」と言いそうな気がするところ。
キャラ同士の掛け合いや、宿屋でのモンスター娘とのやりとりを楽しむタイプ。
まあ、RPG部分がメインなので、そこまで期待しない程度で。
パンツが伝説のアイテムとなっている世界と聞けば、ギャグと真面目が入り混じっているのが分かるかと。


>システム面
フィールド移動に関しては遅くてストレスが溜まるということもなく良い感じ。
L、Rで横移動も出来るし、マップも出ている。公式のアップデートで採取ポイントも見えるようになった。
弱点を突くとオットンの怒りが発動&萌え属性発動&経験値が増える仕様もまあ、悪くは無かったと思われる。
序盤は弱点を突くために多くの属性魔法が使えるキャラを入れることに夢中になるくらいだったし。
ただ、RPGとしては作りが甘い部分もあり、やり方しだいで結構抜け道が見つかったり。
タマゴシステムを理解して、リセットを繰り返して金のタマゴを生ませれば、序盤からお金を使うことなくそれなりの防具は手に入るし、中盤あたりから、必勝の指輪(先制率10%)の腕輪をパーティー5人各自2つずつつけて、先制率100%にして逃走を繰り返すことも可能。(倒さないと消えないエンカウントシンボルが存在するので、クリアするにはそれを倒すだけの実力は必要だが)
自分は後半になっても別に苦戦もせず。難易度ノーマルでも全体攻撃を2回行えば敵を全滅させられるレベル。
難易度はイージー、ノーマル、ハード、エキスパートとありますが、これもゲーム中自由に変えられるのでさほど意味はないと思われる。エキスパートでは敵が強くなる反面取得経験値が増えるので、難易度が上がったようには感じないかと。(自分はレベル上げの時にハード、普段はイージーかノーマルというプレイスタイルだった)

問題なのはモンスター娘ごとに固定されているスキルや萌え属性
モンスター娘ごとの個性は出ているが、それが悪い方向に出ている感じ。
1キャラごとに4種類の(履かせたパンツによる)スキル構成が決まっており、そのうちの1つを選ぶ形なので、お気に入りの娘を使おうとしても全体攻撃が無くて使いにくい、火力底上げの技が無くて使いにくいということもしばしば。
逆にメンバーの萌え属性を合わせて、うまく動かしていけば効率派な人だと大火力を簡単に出せるシステムなので間違いなく物足りないかと。
結構適当に育てたつもりですが、マジ許+同志+バーサク+煩悩パワー40%でラスボスに最大ダメージである9999ダメージが簡単に出ましたし。
そして、成長で上がるパラメーターがランダムなのが何とも。
ATKが全く上がらないこともあれば9上がることもありますし。200もあればラスボスに十分ダメージが与えられると考えると、厳選していけば、少なくとも本編では敵なしになるレベル。
しかも、キャラごとに上がり易い上がり辛いがあるように見受けられた。レーチェはHP30以上、ATK5以上、AGI2以上上がるのが普通なくらいなのに、オークはHP、SPしか上がらないことがしばしば(しかもちょこっとしか上がらない、FEのジェ○ガンの並みの成長率の悪さである)
スキルが決まっている、萌え属性が決まっている、能力値が高いキャラと低いキャラがいるというように、好きな娘を使いにくいシステムとなっている
そこが本作にマッチしていない気がした。絵で売るなら、どの娘でも十二分に強さを発揮できる仕様にしてほしかった。
萌え属性の時点で差別化はされていると思うので、スキルは伝授してもらったり、アイテムで覚えられたりと、ある程度自由が効くようにしてくれたほうが個人的には嬉しかった。
さらに、萌え属性は各自2つずつつけてほしかった。1つしか萌え属性が無い娘が不憫で不憫で。萌え属性が2つある娘に比べて能力値が極端に高かったり、専用のスキルがあったりというのも無かったですし。
そこを愛で何とかしちゃう人なら楽しめることでしょう。
ゲーム難易度自体はそれほど高くないので、愛でパーティーを決めても問題はないかと。
自分は好きなメンバーでいったのでそこまでバランス崩壊とは感じませんでしたが
(最終的にリリア、レーチェ、オーク、マミー、ミノタウロスというメンバーでした)

そして、最大の問題はこのゲームの売りであるスクラッチ
スクラッチはモンスター娘を倒した際に強制的に始まるので、楽しむというよりやらされている感が強かった。
仲間にしてからの宿屋でのスクラッチは癒しでしたが、ボスとして遭遇し、倒してスクラッチを失敗したときなど殺意しか沸きません。
何より、スクラッチに失敗した際にメリットが「何もない」のが問題
経験値はもらえない、次に遭遇した時に相手のHPが減っているわけでもない、スクラッチのゲージが溜まっているわけでもない
せめて、経験値でも入れば、スクラッチ失敗しすぎてこんなにレベルが上がっちゃったぜ~とネタになった可能性はありますが。
このシステムのせいで仲間にしたいモンスター娘が仲間にしにくかったのがなかなか痛い。
まあ、愛のある人なら何度戦ってでも仲間にしようとするのでしょうが。キマイラちゃんのスクラッチが厳しすぎて、10回やっても仲間にならなかったという話を聞いていると、正直モンスターをコンプしようという気が失せました。
トロフィーを集める人ならモンスター娘コンプは必須です。


本編をクリアするまでは結構燃えていたのだが、クリアした途端やる気がなくなってしまったというのが自分の正直な感想。
裏ダンジョン的な場所では強めの敵が出てきて、パーティーを即死させるほどだったり、全体を麻痺させてきてゲームオーバーの危機に陥らせたりと強力な敵が出てくるようですが、ボスがモンスター娘だと思うと今ひとつやる気が。またスクラッチ失敗したら何度も戦う羽目になるんだろうなと思うと、本編クリアして満足かなと。
スクラッチが改善されて、スクラッチなしでもモンスター娘を仲間に出来るようになったらまた再開するかもしれません。その時には多少ここの点数も上がるかも。
まあ、スクラッチがこのゲームの売りなので無くすのは難しいと思いますが・・・



とにかく、ストーリーとかシステムとか深く考えず、可愛いモンスター娘を育成するのが好きな人向け。
収集もパンツを収集するというより、お気に入りの娘の一番いいスキル構成のパンツを使いたいが為に収集しなくてはならないという感じだし、装備品もタマゴシステムを理解すれば、わざわざ堀りに行くほどの物はないですし。そちら方面もやらされている感が強くなりがちだったので、期待しない程度に。

と、結構酷評になった気がしますが、プレイしている間はそれなりに楽しめました。
絵が気に入って、あまり深いことは考えず好きなモンスター娘を育ててダンジョンを探索したいという方には合うのかもしれない。
もしくは、何度もリセットを繰り返して、お気に入りの娘を最強にしてやるぜ!!と萌えられ・・・いや燃えられる人なら長く楽しめそうな予感がする本作でした。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい398回くらい参照されています。