bichigusoさんの「恋春アドレセンス」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

もうエロゲやめろというお告げだろうか
主人公はゲスいが他のキャラも同じレベルなので気にならない。
男キャラも嫌なキャラもいなければシリアスもない。
だというのにギャグはたまに面白いと感じるくらいで、会話を楽しむというより作業感が先行してしまった。
こういうバカゲー好きな筈なのにハマれなかった自分に困惑。
直接的なデブネタなんか珍しくて結構気に入ってたのに。
CGさえ良ければ加点出来たのだが。
エロゲ自体に飽きてしまったか、プレイ時の精神状態が作品と合わなかったか。
別のタイミングでやっていればまた違った印象だった可能性も拭い切れない。
一過性の物であると願いたい。

ところでプレイして気になったのが、キューちゃんと二人きりで行動している際「男ふたりで」という表現が海で1回・学園祭で2回出てくる。
ふたなりか女装設定だったかと本気で混乱するも、ラブチョでは「(キューちゃんは)何で男子サイドなの?」という台詞があり、男として扱われているわけではない。
卒業式辺りでは、茉莉と守祢の二人のお祝いをする体で九ちゃんがハブられているテキストが幾つかある。
ということで、当初は同級生男の友達キャラがいた名残りではないかと推測した。

bichigusoさんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ