ひきにくさんの「ラブだくしょんっ! 銀河の恋愛ガイドブック」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

イイハナシダナー(棒読み) おかしい・・・話自体は考えさせられる部分が多いはずなのに、奇人・変人・ギャグだらけなせいでそれしか出てこないぞ?
故郷の惑星で枯渇したエネルギーを求めコイを求め地球にやってきたアニーと、それに対抗すべく来た何もやる気のない大統領ヨシア・・・に振りまわされる話

アニー「無神論的に言えば銀河で一番偉いヤツだ!」

ヒロインの性格が傍若無人というか猪突猛進というか、思い立ったら即行動タイプなので主人公はヒロインに引っ張られっぱなしと感じる人も多いかもしれない
振りまわされているうちにヒロインの魅力に気がついて好きになっていく、そんなゲーム。

とこう書いてしまえばヒロインが宇宙人であること以外は普通のラブコメに思える。
では何がこの作品の魅力かというと、それはギャグ!
立ち絵にコイを出し、豚さんのCGを使い(ヒロインふたりより目立っているレベル)、きりたんぽ鍋を校門前であ~んする妹がいて、便器に顔を突っ込んでいるメイドさんがいて
・・・とにかくギャグの見せ方が多彩でうまいのである。
キャラが少ないにもかかわらず全員濃いので一貫してそのスタイルでボケさせているという

文章に関しては
「そうなのかい?地球の領土法に関しては齧った程度だけど・・・・・・旗立てて自国民を住まわせれば領土権を主張出来るんだろう?」

「私が有権者?都合がいいですよね。普段奴隷のように私をこき使っておいて、いざ選挙となると自己保身のために手のひらを返してロボットの人権を主張し始めるんですから」

「数学なんか学んだ所でどうせアレだろ?三次元を微分して二次元~とかアホいってるだけだろ!!」

全体的に上記のような皮肉的なギャグが多い
選挙や会社といった社会の不満点をライターなりに解釈して皮肉めいた文章にしたと言えば良いだろうか?

なんでもアリの世界なので、ある程度この世界のルールを許容できる人でないと向かないかもしれない。
たとえば銃で撃たれた場合
何故死なないのか?・・・ではなく「こんなもので死ねたら苦労はしないんですよ・・・」といった具合に
理論で考えるのではなく、銃で撃たれても死ねないほどネガティブな反応がコ・ワ・イ、とそうやって楽しめるかどうか。超常現象が当たり前という雰囲気なので納得するのは難しくない。本編はほとんどギャグだし

基本文章はギャグなので力をいれずにのんびり読めるが、重要な部分が一行で済まされることもあるので、たまに気軽ではなかったり
主要人物の魂がが一行でいつの間にか一億光年飛んでいたりします
物語の中で主人公の女嫌いの理由が判明したり、ヨシアの身分が明かされたりと伏線回収してるのが好印象
・・・かと思いきや、あまりにもぶっとんだ展開が続きすぎて、あ、こんな伏線あったっけ?という気分になるのはいかがなものか

メールや意味の無い選択肢など、遊び心も十分
イイハナシダナー(棒読み)で終わる・・・そんな展開が多々ある作品です


>システム
セーブ数は8×10で80個
フルプライスのゲームに比べて少ないかもしれないが、ゲームのボリュームからすれば十分すぎるかと
自分は全部のルートを2周したが、使ったセーブ数は22個だった。80個というのは多いと思う
ちなみに、全体をプレイしてもせいぜい5時間程度で終わるボリュームである。(あくまで自分のプレイ速度でだが)
クリックしてもオートが途切れない、メッセージウィンドウ透明率を変えられる、非アクティブ時の動作を指定できる、と必要な機能は十分に思えた。ただ、画面のサイズが変えられなかったのが痛い


>エロ
エロ目的で買う人には物足りないと思われる
アニー3つヨシア4つ、その他1つ(ヒロインの誰か)
ヨシアがフェラの際に口を膨らませて、いかにも頬張っている風のCGになるのは好きな人は好きかもしれない。
だが、値段が安いとはいえこれは少ないと思う。エロ目的で何度も使用する気にはならなかった。元よりヒロインの性格が男勝りで自分の趣味に合わないというのもあったのかもしれないが
そもそもヒロインの性格が可愛いというより面倒くさいという印象になってしまったもので。ギャグ的には面白かったので満足だが、エロス方面から見ると・・・



政治のイヤミ、皮肉ネタ、意見の違い、哲学は人間にしか出来ない、真実を報道して断食をはじめ、世界が壊れる、ポリシーはあっさり覆る
各所に考えさせられるテーマを多く盛り込まれているが、ギャグが続き、イイハナシダナー(棒読み)で終わるので
テーマの方を重視しているかといわれると難しい。むしろ軽い気持ちで楽しみたい人にオススメの一品であろう。




~~~~~~~~~以下さらなるネタバレ~~~~~~~~~~





まず多数ある選択肢・・・これは物語の視点が変わるだけでほぼ意味が無かったり
たとえ最初の性別を女にしようとゲイにしようとブラジルにしようとガクチョーとの恋愛が始まったり、コイのルートに入ったりなどということは無いので、気軽な気持ちでプレイしよう


むしろ一番の問題は・・・
「吐くぞ、お前の顔に向かって吐くぞ」
「ちげーよ!ぶっ殺すかんな!」
「非常にやりがいのある仕事ですよ。勤務中何度も自分の存在意義について考え、自殺しそうになります」
「ガボボボボッ!!ボガッ、ボボボボ!!」
とかヒロイン(とその他)が暴れる中メルとまくろの存在は癒しなのだが

な・ぜ・二人のルートがないのだ

並み居る奇人・変人達の攻勢から癒してくれる存在として貴重な二人のルートが何故無いのだ!ザークオン!(くそったれ!)
メルちゃんなんてロッカーに入って手コキ&股コキして射精までさせてくれるのですよ!?
まくろだって主人公にあーんをして、お弁当にきりたんぽ鍋まで作って、兄妹テーマの禁断官能小説まで書いているくらいですよ!?
二人とも十分にルートに入る余地はあるのに・・・おかしい
二倍、いや三倍の値段は出すので彼女達のルートを作ってもらいたくて仕方がない
いつか妹攻略パッチが出ると信じたい

あ、アヴィちゃんは結構です。彼女のルートに入ると一緒に便所に顔を突っ込んで水没とかしそうなので
・・・こんなこと言ってるとまた彼女は自殺しそうですが


同人ゲーであり値段も高くないので個人的には多くの人にオススメしたい一品だった。
・・・そして妹攻略パッチをこの上なく実装してほしい一品でもあった


なお、個人的に印象に残ったギャグが

お帰りくださいませご主人様と喫茶店でメイドに迎えられるのと

核ミサイルが飛んでくるところで蛍の光が流れたシーン

だったのはいかがなものか
後者は何故笑ったのか分からないが、師を目前にしても冷静なままで周りとの温度差がすごい彼女に笑ったのか
・・・世界滅亡のときは蛍の光が流れるのが似合うのかなあ

オール赤点だからテストを無くそうという発想や、学校の授業を片っ端から否定していくという文章もあり
このライターさんは学校嫌いでメイドというものを何か勘違いしていると思う。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい634回くらい参照されています。