amaginoboruさんの「こころリスタ!」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

コミュニケーションの大切さを説いたお話ですが主張はかなり声高。サポートツール・キャラの強引な手引きもあってやや押しつけがましい内容です。ヒロインの魅力も主張に散らされ、かと思えば推しキャラだけは妙にピックアップされていたりと、まるで作り手のやりたいことだけを詰め込んだかのよう。ビジネスライクな外見とは裏腹に、同人ゲーのような情熱を伝えてくるエロゲでした。
現実に絶望し2次元ヒロインとラブラブチュッチュな主人公が、いつの間にかインスコ
されていたツール「こころリスタ」を使ってコミュニケーションの大切さを思い出す
お話です。なのに物語自体は主張ばかり押し込んでくるスタンスで、その矛盾に苦笑
してしまいました。

作品傾向としてはテーマ重視です。共通部分でヒロインの魅力を振り撒くも、個別は
悩みや問題解決に専心してしまいキャラゲーとして楽しむにはちょっと物足りない。
シナリオも別段目を惹くものがあるわけでなく、いずれもコミュニケーションの大切さを
伝えるための手段とされています。
(キャラ方面では真理歩が、シナリオ方面ではアルファがそれぞれ一歩抜きん出ている
ので、楽しむならその辺でしょうか。)

そのテーマについてですが、上述の通りかなり押しつけがましい印象です。前作に
あたる『こころナビ』はふんわりとした空気の中で感覚的に伝える優しい物語でしたが
今回は言葉自体も声高ですし、サポートツールもキャラもかなり強引で無理のある
展開が多々。「不思議なツールで無理やりエロシチュ」も数知れず。

そんな状況で主人公のコミュ障が改善されていき、個別ルートではコミュの事しか
考えない人間になってしまうほどのテーマ一筋っぷりで、お説教シナリオが苦手な方
には不向きな内容です。ですが言っていることは至極真っ当で説得力もあるので、
作品としてクオリティが低いわけではありません。

なので読み手の意識が重要かなと。パッケージなど外面がとにかくキャラゲーしている
ので、勘違いして購入すると説教連発ヒロイン微妙でナンダコレになる可能性が。
作り手の主張を受け止め、その上で各ヒロインの奥にある何かを意識することで本作の
妙が味わえる。かもしれません。



以下ネタバレ感想。『こころナビ』のネタバレにも多数触れています。










ブランド前作『幻月のパンドオラ』もフリーダムでしたが、今回はその上行ってますね。
情熱と拙さが同人上がりのようで、その姿勢には好印象が持てました。古参のブランド
なんですけどね。なんだかウグイスカグラみたい、とか思ってしまったり。

けど「好きに嘘をつかない」「幸福を探す努力をする」といった従来の姿勢は変わらずに
いてくれて旧作プレイヤーとしては嬉しく感じました。1つの作品として疑問を覚えた
ため点数こそ低めですが、作品への姿勢は相変わらず好ましいブランドです。資金難の
ようですが今後もぜひ頑張っていただきたい次第です。



◆立ち絵について
相変わらず演出が上手いなぁ、と。こころナビでは改ページごとに複数の立ち絵を
用いる見せ方が印象的でしたが、リスタでは今どきらしくセリフの最中に立ち絵を変えて
いくスタイルに。グラフィックにしてもキャラに即したモーションが用意されていたのが
好印象。指差してふんぞり返るマリポ先輩や天真爛漫なメルチェなど、キャラ個性を
しっかり表現できていました。

あと一発ネタで面白かったのが魔ア子の半身ズレ。びっくりして再びズレるのがいかにも
驚いている風で巧い。これらの演出って作り手の細かな配慮やテクニックなんですよね。
「細かな演出は技術の進歩とは別」とはルリ女王のお言葉ですが、ブーメランにならず
有言実行だったのが印象的です。



◆とっても恋人らしいマリポ先輩
ことある度に「真実の恋」を口にするアルファと悠斗。しまいには過程を飛ばして
愛まで語りだして、おいおいすっ飛ばしすぎじゃない?とツッコんだこともしばしば。
(悠斗君は半ば脅される形だったわけで、仕方ないかなーと思わなくもないですが)

というか私、本作がいうところの「恋」にはかなーり疑問を抱いております。だって
全くに衝突しないんですもん。原因は明確で、悠斗がコミュと恋愛以外の「好き」を
一切持っていないからなんですよね。恋人に「譲れない一線」を求めないのです。
貴様それでもルリ女王の息子か情けない。

ヒロイン側も控えめなんですよね。将来の夢としてさっちんは正義の道、星歌は
アイドル、雪音は世話できる環境、メルチェは家族と、衝突する要素がどこにも
ありません。

本来このぐらいの年齢なら恋人に自分の理想を求めてしまうものです。コミュを重視
するこころリスタの効用なのかもしれませんが、勇太郎だって小春に対してエロ全開で
悶着あったほどです。悠斗もヒロインも綺麗すぎてちょっと不自然さを覚えます。


そんな中、自分の好きに一直線なのがマリポ先輩。同じオタク、同じコミュ障という
こともあって一切遠慮しません。ていうか声優イベントに彼氏連れていく時点で凄いw
結果として嫉妬を買い自重気味にはなりますが、夢の中ではやっぱり大導寺様。呆れ
気味な悠斗を初めて見ることができて大満足です。癒しイケメンも面白かった。

なんぼ健全なコミュニケーションを取っても、やっぱり譲れない一線も我慢ならない
欠点も見つかるもので。それを許容できるか否かって人付き合いでも大事な面だと思う
のですよね。学校・仕事仲間→友達→恋人→家族と関係が進むたびに衝突も増えるもの
ですし。

さち・メルチェからはその辺が一切感じ取れず、綺麗すぎて逆に不自然でした。妹sは
家族ですから織りこみ済みです。アルファはケースが特殊で一般的な恋とはまだ比べ
られません。唯一マリポ先輩だけがその辺りを描写しているんです。

悠斗は自身がコミュ障オタで後ろ指さされているから、人の不安や欠点をを嘲笑う
ことは決してありません。そんな彼をして呆れさせるマリポ先輩の情熱とダメさ加減は
とても人間らしく好感が持てるのです。クールビューティー気取ってダメダメな
とこも可愛いのですが、好きなものに正直な先輩がやっぱ一番可愛いですね。

そうやって衝突と理解を繰り返してお互いの線を測り、接し方を意識するのが関係の
在り方です。そこをわずかにでも描写した真理歩ルートは、アルファルートに並ぶ
良個別だったように思います。



◆不文律に負けた妹たち
さちルートが別ライターなこともあり微妙の声も多く上がっていますが、私はアレは
アレでいいと思うのですよね。というのもさちルートって普通のエロゲなんです。
告白されてカップルになって、すると恋人らしい可愛い一面を見せてくれて。個別に
入った途端魅力が霧散するメルチェあたりと比べてキャラゲーしてたよなぁ、と。

確かにテーマ的には今ひとつなんですけど、キャラゲー目的で購入した方にはむしろ
他ルートより楽しめたんじゃないかなと。アルバムスライドを背景にした初エッチとか
幼馴染シチュとしては上手いと思いますし、露出癖だって定番シチュです。十全とは
いわないまでも、さちを魅せるという意味では十分機能してたように思います。

むしろ不満はさち‐仁兄のカップリングエンドがないこと。せめて仁兄にガチ告白
してフられるシーンは見たかった。自分の好きに正直に、幸せを求める努力を書いた
のが『こころナビ』だったのに、主人公にちょっとほだされただけで靡いてしまう
展開にはちょっと納得がいきませんでした。さっちんそこは頑張れよ!w

そうならないのは、いうまでもなく商売上の理由ですよね。事実上のヒロイン寝取り
だから入れるわけにはいかない。けどそれを貫き通したのが『こころナビ』じゃ
ないですか。本番エロ0回のメインヒロインを出したじゃないですか。なのに折れて
しまったのが残念でした。いやもう間違いなく少数派でしょうけどね。


同じ理由で雪音・星歌にもガッカリ感ありました。あー本番しちゃうんだぁ、と。

本作の語るコミュニケーションの1つに、家族というものがあります。それは長沢家
だったり、メルチェの一家だったり、マリポ先輩の衝突だったり、凛子とアルファ
だったり、様々です。けど共通しているのは家族の繋がりの大切さ。最も近い他人
ゆえの難しさや気の置けなさをとても愛おしく表現しています。

『こころナビ』の凛子ルートはそんな家族を第一に考えて兄妹恋愛に臨んでいます。
「父さん母さんを悲しませるわけにはいかない」「親を悲しませてまでやることじゃ
ない」と。

普通の恋愛はできない。だから普通の幸せは諦める。その代わり兄妹だから得られる
幸せを求める。幸せになる努力を怠らなかったからこそ終盤のシーンがより鮮烈だった。
唯一無二の妹ヒロインとして未だ評価されているのは、そこにあると思うのです。

だのになんですか長沢家の坊ちゃんは。いやさ、こころリスタは。恋ばかりを求めて
即ハメ中出しバンバンですよ。同じくこころナビに発情させられた凛子とは天と地の
差ですよ。近しいテーマなのに自分たちの幸せだけを求め、周りが見えなくなって
しまっています。

アルファの強引さが気に入らないのはこの辺りなんですよね。恋だ恋だと急き立てて、
周りの幸せをぶっ壊しかねないレベルで企てる。劣化こころナビゆえ仕方ないし、
エロゲテキストとしての面白さのためと言われればそれまでですが、結果としてテーマの
訴求力は大きく減じてしまったように思うのです。

それを顕著に感じたのが雪音ルートのウェディングドレス。男女の恋ばかりが語られて
モニタ越しのお兄ちゃんガッカリです。勇太郎・凛子の同シーンはキスを交わしながらも
テキストは「家族が幸せでいられますように」だったのに。この差は歴然でした。


確かにエロゲとしてはヒロインとの1on1な恋愛がなされるべきでしょう。エロ0回を許せる
ユーザも少ないでしょう。けど凛子ルートは本番0回でテーマを優先させました。だから
ウェディングのシーンや輸血シーン、勇太郎の「ありがとう、いい妹でいてくれて」と
いうセリフが愛おしかったのです。

例え本番があったとしても、代わりの何かがあればそれはそれで満足できたでしょう。
しかし雪音は他に何もありません。(獣化してましたけど、あれ誰得なんですかね?)
星歌はアイドルの道が開けたり、雪音との姉妹愛があったり、合成音声ネタが巧妙
だったりと見るべきシーンは多々ありましたが、それだって1ヒロインとしては上々
でも兄妹恋愛である必要性を問われれば疑問です。

さち&仁兄の件も含め、結局はエロゲの不文律に逆らえなかっただけ、という気がして
なりません。テーマに特化するならせめて3人の誰かに凛子ルート級で妹ヒロインとしての
見せ場が欲しかったです。まぁ「即ハメ中出しバンバンが長沢兄妹の求める幸せだった」
的な見方もできなくはないですが...。



◆7人目のヒロインに対する手厚い愛情
とカッコイイこと書いてみましたが凛子ですね。まぁなんとも優遇されたヒロイン
でした。エロもルートもないからサブヒロインでもないって?ばっかおま、本番0回で
メイン張ったって今しがた言ったじゃないのさw

実際のところメイン以上に優遇されていたことは間違いありません。というかアルファ
ルートは事実上の凛子アフターでしたし。子供は作れないけど他の幸せを求めて兄と
恋仲になったわけで「子供ができるなんてイベント、あるとは思ってなかった」という
セリフは前作を知っていると事の他重く聞こえます。

そうやって物語を追っていくと、最序盤で惣菜クレープを作ったシーンがこの上なく
愛おしいものへと昇華されます。アルファにとっての初めてのおふくろの味は同時に、
凛子にしても非常に意味のあるものだったわけで。喫茶店で「凛子のクレープの方が
美味しい」といって貰えた彼女の心境やいかに。

エピローグのアルファ救出作戦までを含めて、アルファルートは同時に凛子ルートです。
並行世界設定との合わせ技で勇太郎の相方は不明とされているものの、同時に凛子ルート
を想わせるセリフもあって何とも絶妙。その優しい不確かに凛子を乗せた形です。

『こころリスタ』から入ったプレイヤーには唯一シナリオに芯が通ったルートとして
印象に残るでしょう。しかし旧作のフィルタを通してみると、製作者の娘に対する
この上なく手厚い愛情が見て取れるのです。

それは何もアルファルートに限ったことではありません。先の妹問題にしても、あえて
凛子を越えさせなかったような節が見て取れます。二人でようやく対等、みたいな。
さちルートのラブホエッチも、制服が凛子の夏服バージョンで地味に意識させていたり。
3人目の妹に着させるあたりがなんともにくい。

何より驚いたのがメルチェルートの教室エッチ。「こころリスタで扉にロック掛けた」
とのことですがダウト。ライターさん&原画家さんが出した同人誌「きゅーぽん2」の
シチュそのままで茶ぁ吹きました。どうみてもスッ天管理人の差し金ですありがとう
ございました。こうなるとマリポ先輩にも何か仕組まれてそうな。


こうしてみるとメインヒロイン食いまくりで出しゃばりすぎと思わなくもないですが、
製作者の凛子に対する愛情って、凛子のアルファに対するそれと全くに同じなのです
よね。自分(達)が生み出したデジタルの娘に対する愛情そのままで。自分たちの
「好き」に正直なその姿勢、イエスです。

人とラウンダー。リアルとヴァーチャル。日本と異国。様々な対比のなされた作品です。
それらを受け入れ肯定する物語の中で、自身の生み出した「娘」に愛情を注ぐのは至極
当然であるようにも受け取れるのです。

1つの作品として、メインヒロイン以外に全力を注いだのは評価できません。点数が
低めなのもこの辺が原因です。しかし、その温かさがなんとも心地よい作品でした。
以上から凛子を7人目のメインヒロインと捉え、同時に『こころリスタ』における本当の
主役であると私は考えます。





蛇足
感想は常に凛子推しでしたが一番好きなのはルリ女王です(次が共通のメルチェ)。
店の常連にuni先輩がいること間違いなしの「プラスアルファ」店長、今回も少なめとは
いえゲームへの熱き想いを語ってくれました。お母さん結婚してください。

ただ今回はセリフよりその姿勢が印象的でした。お店に陳列するレトロゲームの中に
最新式のカードゲーム。そこに集う子供達へ遊び方を教えるルリ女王。この環境を
守る母ちゃんは本当にゲームが好きなんだなぁと。

「子供らの遊び場、上等じゃないさ。そういうふれあいの場が用意されてるって幸せなことだよ」

マリポ先輩のセリフが全てですよね。今のゲームはネット対戦できるから、家で一人でも
楽しむことは可能です。けれどみんなで顔をつき合わせてプレイすると格別の楽しさが
ありますし、なにより本作のいうコミュニケーションの形成にもなります。

別にゲームじゃなくても外で遊べばいい。仰るとおりです。しかしゲームを通じてでも
同じ感覚は共有できるし、ゲームだからこそ得られるものもある。80年代をゲームで
過ごした世代として、みんなで集まってゲームできる場所ってとても素晴らしいと思うし、
提供できる大人を同じゲーム好きとして何よりも尊敬できます。

本編とはまったく関係ないワンシーンですが、ルリ女王の姿勢と行動力には感動を覚え
ました。またパンドオラのようにゲームを熱く語ってくれる作品を出していただきたい
ものです。

とか書いてたらパンドオラやりたくなってきた。お布施も兼ねてDL版落としてきます。

amaginoboruさんの「こころリスタ!」の感想へのレス

 お久しぶりです
 最近amagiさんの感想をお見かけすることがまた多くなり、とても嬉しいです


>さちルートが別ライターなこともあり微妙の声も多く上がっていますが、私はアレはアレでいいと思うのですよね
 同感です
 「個別に入った途端魅力が霧散するメルチェあたりと比べてキャラゲーしてた」にも苦笑交じりに同意しますw
 確かにメルチェは共通(とりわけ出会い頭)が一番輝いてました


>そうやって衝突と理解を繰り返してお互いの線を測り、接し方を意識するのが関係の在り方です
 こちらはamagiさんの論にしては珍しく、「うーん」と唸ってしまう内容だったかも
 コミュ障な主人公悠斗(と一部ヒロイン)が「あーこれ人生詰んでるかな」って精神状態から「リスタート」することが、タイトルにも含まれているテーマでしょうから
 リスタートの段階で「衝突と理解」まで要求するのは酷な気がするんですよね
 逆に悠斗がそんなことまでできてしまえるなら、それもう立派にコミュニケーション健常者じゃないかと
 (勇太郎はあれで言うべき事は言うし年齢を考えれば充分にしっかりした部分もあったので、悠斗ほど重傷じゃなかったように思います)
 私としては、「リスタート」の段階としては、幼稚園生の仲良しこよしのような、そういう嘘っぽいくらいの奇跡的な優しさがあっても良いと思うのですけれど……
 この辺、Sekさんの(と、勝手に引用してしまいますが)「"リスタート" しようとしてる人を笑うことは益体ない」やvostokさんの「まだまだ道は長いなあと遠い目になる」といった感慨に近いのかな?
 口幅ったい言い方をすると、そういう「恋をして、二人の目の前に真っ白な世界が広がったリスタートの地点」こそが、この作品が描きたかったもののように私は感じました

 もちろんそれが「amagiさんの好みじゃない」って仰るなら分かりますし全くその通りだとも思うんですけれど、べき論として構えて本作を斬って捨ててしまうのはいかがかな、と感じた次第です


>(凛子は)子供は作れないけど他の幸せを求めて兄と恋仲になった
 引き続きツッコミになってしまいますけれど、本作が『こころナビ』のどのルートの続きであるかはボカされていると思います
 本作は凛子ルートアフターかもしれないし、そうでないかもしれない。そんな感じじゃないでしょうか


>雪音・星歌にもガッカリ感ありました。あー本番しちゃうんだぁ、と
 この点に関しても、凛子ルートを引き合いに出してバッサリ斬る、というのはなんか勿体ないような気がします
 確かに凛子は勇太郎と付き合った際「本番をしない」ことを選びましたけれど、すなわち兄妹での子作りを否定している――わけではないと思うのですよね
 amagiさんが入手済みという「きゅーぽん2」での凛子は、学校の教室内で精飲・激しい本番行為・中出しセックスに及んだうえ、大股開きで陰部をくぱぁして精子を垂れ流す様を兄に見せつけながら、トロ顔で「ボクの子・・・・ほしい?」と言ってますが
 これは立派に「親が知ったら泣くような真似」でしょう
 もちろん「ピルは飲んでいた」点を重視すれば一線は超えてないとも言い得るでしょうが、「結局コイツなし崩しで堕ちやがったなw(だがそこが可愛い」と言えないこともない

 また(こちらはamagiさん未プレイかもしれませんが)『こころナビ another ver.』( erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/game.php?game=21706 )において、凛子が勇太郎とセックスを強要させられる展開があるのですが
 ここで彼女は近親相姦への文化的批判に対する反論に加えて
・遺伝子的な問題 → 相対的に高いとは言えないので、近親相姦を否定する根本的な理由にはならない
・近親相姦は多くが虐待であるとの説 → 虐待の場合は被害者側の訴えで表沙汰になるのに対し、自由恋愛での近親相姦は当事者が隠すので、サンプルにバイアスが掛かっていると考えるべきである
 ↓
「だから自分は近親相姦を悪とは考えないし、たとえ勇太郎とセックスすることになっても構わない」
 という主旨の、強がりだか何だかよく分からない主張をしていました

 こうした点を踏まえて、凛子は「兄妹同士でセックスするのも子作りするのも否定しないけれど、(少なくとも○学生の現時点で)私はそうしない」という程度の考えであると「dovは」思っています
 長沢一家においては元々母親が近親相姦を容認しているような節もありましたし、雪音・星歌と本番しちゃったとしてもそれはあくまで「長沢兄妹の選択」なのであって、もちろん「自分は気に入らなかった」と思っても仰っても構わないんですが、「凛子を越えさせなかった」とまでは言えないんじゃないかな、と



 なんか今回は異論・反論ばっかりになってしまって申し訳ない
 実のところ、私が忖度するamagiさんの中心意見「コミュニケーションの素晴らしさ(や、あまつさえ『真実の恋』)を謳ってる割にやりとりは一面的・一方通行に過ぎる」には同意しますし、(2017/1/5時点で私が理解していた限り)他の方の感想が見落とすか少なくとも(敢えてにしろ)書き落としていた重要な指摘だとも思います
 きっと制作者の余裕のなさがゲーム内容に現れてしまっているのでしょうね
 ただそれでも私は、ここのブランドさんの「たとえ世間体は悪くとも『自分は好き』を肯定したい」という痛々しい熱意を好ましく思っているので
 そこを否定されたように感じちゃうとムキになってしまうのかもしれません
2017年01月05日23時49分58秒
ご無沙汰しております。また当感想にて不快感を与えてしまった件、ひらにご容赦
くださいませ。書いた当人すら「にわかが何を偉そうにナビと凛子を語ってやがる」と
思ったぐらいで、お怒りは至極真っ当なものでありまして。

というか古参のQ-Xフリーク&妹マイスターのdovさんに私ごときが意見するなどできる
わけもなく。こんな感想は見なかったことにしてポイしちゃってください、ポイって。
あるいはご自身の感想で完膚なきまでに蹂躙していただいても何ら問題ございません。

こころリスタに限ったことでなく、私の所感は基本自分よがりで公平性に欠いています。
だからこそ異なる視点を提示できることもあり時には共感いただけるわけですが、
同時に嫌われる方にはとことん嫌われる代物であることも重々認識しております。特に
批判的な内容はファンや信者してみれば噴飯物であることが少なくありません。

思うに今回はまさにそのケースで、それはいただいたコメントレスから察するに
dovさんも同じ気持ちなのかなと。おそらく返信も期待されていないのでは、と推測
しております。反論ではなく謝罪から入ったのはそういった事情からとご理解
いただけますと幸甚です。

最後にナビ凛子の本番に対する意識についてのご教示、ありがとうございました。
anotherは文字通りアナザーと判断しスルーしたのですが、そういった内容だったの
ですね。dovさんのご持論にも合点がいきました。


1対1の返信はここまで。以降はいただいたご意見に対する不特定多数へのレスです。



>「衝突と理解」まで要求するのは酷
これは私の文章下手です。「衝突と理解」まで書いたナビ小春やマリポ先輩が良い
という話で、本作全般にそこまでを求めるつもりはそんなにありません。少なくとも
欠点と指摘するまでではなく。誤解を生じさせてしまい申し訳ありませんでした。
「べき論」を広げる意志は全くにございません。


>本作が『こころナビ』のどのルートの続きであるかはボカされている
全くに同意です。本感想においても次の通り述べています。

 >エピローグのアルファ救出作戦までを含めて、アルファルートは同時に凛子ルートです。
 >並行世界設定との合わせ技で勇太郎の相方は不明とされているものの、同時に凛子ルート
 >を想わせるセリフもあって何とも絶妙。その優しい不確かに凛子を乗せた形です。

不明瞭ゆえどちらとも取れる優しい不確かさ。それが続編としての魅力の一つです。



>凛子ルートを引き合いに雪音・星歌ルートをバッサリ斬るのは勿体ない
少し回り道をします。

アルファ個別のクレープにヨダレを垂らしているシーン、あそこで凛子に「すぐ比較する
癖がつくと、その味その味を楽しむことを忘れて損をする」的なセリフがあるのですが、
首肯する半面でズルいとも思うのです。凛子ガン推しでそりゃ言い訳がすぎるだろうと。
なら前作キャラに頼りきるなと。彼女に語らせている辺りに作り手の自覚が伺えるのも
苦々しい。

感想で述べたとおり本作は作り手のやりたいことが前面に押し出されており、その
最たるが娘・凛子の物語です。自分の好きな事をやる姿勢には好感が持てますし、
内容も十分たるもので満足できました。

ですが一方で妹相当のヒロインを3人も用意しておきながら、ナビ凛子ルート相当の
妙を見いだせないならそれは指摘されるべき事項です。メインをなおざりにし、エロ
0回のサブを立てたことはエロゲとしての問題・短所です。処女独占や中出し本番と
いう不文律に従し、一方でリスタ凛子ではエロ0回での主役級と破戒を慣行。凛子の
良し悪しにかかわらず、メインヒロインの不遇を見逃すことはできません。

そこにきて凛子の「比較すんな」はあまりにも狡い。再度述べますが、本番エロが
あっても代わりの魅せる何かがあれば納得できました。しかし、少なくとも妹ヒロイン
としての魅力はナビ凛子はおろか、十把のエロゲ以上にすら感じ取れませんでした。
ゆえに妹3ヒロインを断じた次第です。


以上を踏まえて3ヒロインを振り返ります。

さちは感想で述べたとおり、キャラゲーとして十分に立っていたので不満はありません。
妹相当というだけで実際は幼馴染ですし、お話の焦点と魅力は妹云々にはなかったので。
お兄ちゃん呼びもキャラゲーらしいサービスとして受け取っています。

仁兄への失恋イベントはなくても別にいいですけど、じゃあなんで仁兄を共通で
あんなに立てたの?とは思います。いらなかったじゃん、と。後からメインライターが
手を入れる予定だったとは聞いていますが予定は予定。事実ではないので。


星歌も感想で少し触れていますが、1ヒロインとしては十分だったかと思います。しかし
妹である必要性は少々薄かったなと。リスタから入ったプレイヤーには近すぎるゆえの
メリデメが新鮮だったのかもしれませんが、ナビ凛子を知っていると二番煎じ感は否め
ません。目に留まったのは合成音声と、禁忌以上に重んじる姉妹愛ぐらいでしょうか。

なので1ヒロインとしては上々。しかし妹ヒロインとしては平凡。というのが私の
評です。長沢兄妹だからこその良さというものが見えず、星歌個人としての良さだけが
ひたすらピックアップされていたように思います。アイドルスキーとか断面図とか、
その辺はとても良かったので好印象なのですけどね。


雪音はヒロインとしての良さすらありませんでした。兄妹だから~で縛られる
のは妹ヒロインのテンプレですし擬似結婚はナビ凛子の劣化版。強いていえば
妹力を吸われる辺りがユニークですが特段感慨もわかず。で、最後のケモ耳と
しっぽは誰得なの?

正直彼女は星歌ルートの受け皿でしかなかったように思います。フォローしきれ
なかった部分を雪音の個性や個別で消化した、的な。もっと言ってしまえば、星歌が
姉への遠慮で告白を拒絶させるために必要だったのかなと。で、兄ラブなら個別
ルートがないと変だからメイン昇格した。そんな印象を受けました。

上原あおいさんのキンキンボイスがはまり役で、サブキャラ妹としての魅力は
十分なのですけどね。ダメ兄貴をサポートする妹としてはとても可愛かった。
けどメインヒロインとしての魅力は残念ながら見受けられませんでした。


所感は以上です。...書いてて「引き立てられた凛子がたまたま妹キャラで、かつ今回
妹3人だったがゆえの先入観」な気がしてきたw 別に妹にこだわることないんじゃね
的な。けど星歌とさちはそれで納得できても、雪音の拙さは印象変わらずですね。



>「凛子を越えさせなかった」とまでは言えない
上記所感ゆえの発言です。「作り手の凛子愛 > 雪音星歌の妹ヒロイン力」でした。
妹ヒロインとしてのユニークな魅力を受け取れた方はその限りではないこと、重々承知
しております。断定・べき論ではない旨をご承知おきください。
2017年01月10日20時34分44秒
 あ、amagiさんの感想が読んで不快だったとか怒ったとかではないですよー
 以前amagiさんに「X Change Alternative2の件はキモくてゴメンなさい」と言われてしまって申し訳なかったのですが、今回も怒ってる風に見えたとしたら私の表現力不足です、ごめんなさい
 私にとって「ムキになる」は一種の愛情表現なのです。キモくてごめんなさい
 今までを振り返ればどちらかというと、私の方がamagiさんに気安く軽口を叩きすぎな気がします。amagiさんと私とで「これを言ったら相手と戦争だ!」の閾値にかなり差がありそう(私の方が気遣いなくポンポン言ってしまいそう)というか……。ほんとにごめんなさい
 人様の感想に絡んでおいて、自分は『こころリスタ』の感想を書けてません。ごめんなさいごめんなさい(Q-X様の方にも向かいつつ)
 よりやわらかい表現を目指します。『こころリスタ』の感想はー……(いつまでに書けると自信を持って言えない)
2017年01月10日23時44分16秒
 こちらはamagiさんのご返信に対する直接的なレスです


 私が感想レスに書いたことは、「ご自身の好みを『べき論』にまで引き上げてしまうのはよろしくないのではないか」という点に集約されますので、amagiさんが同じように考えていらっしゃることに安心いたしました
 その上で、amagiさんの感想及びご返信を拝見して思ったこと・感じたことを書かせてください
 例によって半分自己語りになってしまいますので、返信なさらなくても結構です
 もちろん頂けたら嬉しいのですけれども


 さて、以前よりamagiさんの感想に対して「作品そのものを純粋に見る」という印象がありました
 例えば今回の場合、私が「凛子はそれほど強く本番忌避をしてない」と捉えているのに対して、amagiさんは凛子が勇太郎と最後まで致さなかったことに強い思い入れを見せていらっしゃいました
 この判断において、私には「当時ソフ倫は近親相姦描写を禁じていた」という事前知識からの予断が入っています
 その結果、凛子の本番行為忌避にも(まぁそう言わざるを得ないよねぇ)という感想になりましたし、「きゅーぽん2」を読んで(やっぱり凛子も制作者さんも本当はヤリたかったんだね)と思ったわけです
 むしろ規制の中ギリギリまで攻めたのがあのシナリオとさえ思っています。なのでソフ倫規制が解けたら当然ヤるでしょう、みたいな感覚で凛子を眺めていたんですね(※)

(※)
 もちろん実際に『こころナビ』をプレイして、凛子の「見知らぬ他人とネット上でセックスする」「リアル・ネット共に性行為は彼女側から求めてる」「突っ張ってる割に勇太郎の言いなりでチョロい」「ルートに入ると彼女の勇太郎への感情が割と暴走気味」といった描写から、「この子実は危ういしドエロでチョロい」と私が理解していることが直接的な理由です。「親を泣かせてまでやることじゃない」て凛子の台詞を、私は「まーた突っ張ってんなこの子。勇太郎に求められたら、いやむしろ求められなくても自分から陥落しちゃうくせにぃ~」って感じに見てましたし、ルート終了時の勇太郎と凛子は、現実で本番行為に至っちゃう秒読み状態にしか見えませんでした(→そしてきゅーぽん2へ)
 加えて、確かみまりも最初「巫女だからエッチはNG」みたいなことを言ってたはずですが、結果は中出しバンバンだった! ――というのも補助的な理由になります

 amagiさんの場合、そうした予断を廃して作品の凛子ルートそのものを、ただそれだけを見て「幸せになる努力を怠らなかった」と評価していらっしゃるように見えます
 別にどちらが正しいとか間違っているとかではないと思いますが、こうしたスタンスの違いは他の作品の感想にも現れていましたし、とりわけ今回は強く表れるカタチになったと思います


 amagiさんとは異なり、私は『こころリスタ!』における凛子が「7人目のヒロイン」とまでは思えなかったのですね
 彼女の出番は確かに多かったですが、彼女には物語がなかった――つまり彼女自身が「変化した」「簡単には手に入らない何かを求めていて、作中でそれを手に入れた」ということは特になかったと評価するからです
 この観点から言えば、『幻月のパンドオラ』の由緒の方がまだヒロインと呼べたとdovには思えます。彼女は変化しましたから
 さらに言ってしまえば『幻月のパンドオラ』のアレを「『たいせつなうた』ではソフ倫のせいで由緒とエッチできなかったことの溜飲下げたんじゃ」「文樹が由緒にやったことも充分"兄妹の恋愛"に対する冒涜なのでは(由緒ファン発狂モノだ)」などと思ってたりしますがそれはさておき
 私としては、凛子の出番が多かったことにむしろ外部事情の方を考えてしまう。例えば「凛子出せって関係各者の圧力相当あったんだろうな」「予算不足のせいで、この子に広範な役割を担わさざるを得なかったんじゃないかなー」といった具合です
 もちろん制作者が凛子を愛していることに疑いはないのですが、他のヒロインにも(星歌・雪音も例外ではなく)凛子に負けないくらい愛を注いでいると思ってますので、「主人公の導き手」という立場に凛子だけを置いたことにやや不自然さを感じました。描写でアイノを匂わせたりしてたのもその辺の無念が滲み出てたのかな、と
 以上の理由により私は、少なくとも"『こころリスタ!』における凛子"が"『こころリスタ!』におけるヒロイン達"を喰ってはいなかったと思っています


 ただ、"『こころナビ』における凛子"と"『こころリスタ!』におけるヒロイン達"とを比較したとき――これはamagiさんの感想を読んでからですが――前者に軍配が上がるのではないかと私は考えるようになりました
 というのも、『こころナビ』『こころリスタ!』は共に「恋愛史上主義」ともいうべきある種の気持ち悪さが作品と主人公にありましたが、凛子がそれに冷静な目を向け続けてくれたことは、身内というもののありがたさを感じさせてくれたと共に、作品のバランサーとして機能していたように思ったからです(小春や みまり にも少しそういう面はあったかな)
 もちろん「『こころリスタ!』は自分の好きを肯定するのがテーマだから、そこに批判は必要ない」と擁護することもできるでしょうが、私の主観として、やはり『こころリスタ!』には『こころナビ』以上の息苦しさがありました
 私がamagiさんの感想を見てそんな風に作品を考え直せたことは、自説を臆さず主張するamagiさんの意図にも沿う結果だったんじゃないかな、と思っています


 基本私は「他者の意見を知ったり作品を考え直したりしたいから感想にレスをする」のであって、自分の意に沿わない感想を叩き潰してやろうという意図はないです
 しかし、とりわけコアなファンの多いこの作品に対して敢えて異議を挟んだamagiさんにはある種の覚悟があったはずで、そこにもってして、他者の肯定的な感想を持ち出して自説を補強した私の態度はよろしくなかったと思いました
 こちらも改めましてごめんなさい
 

 公平を期して言いますと、『こころナビ』を高く評価している方・Q-Xファンの方で『こころリスタ!』にからい評価を付けてる方は結構いらっしゃいます(エロスケレビュアーの中にもいらっしゃいます)
 単純な好みでいうと私は『幻月のパンドオラ』が一番好きなQ-Xゲーです(6周以上してるくらい好きなんですけどこれ、欠点が明確すぎて高い点付けられないんですよね)


 さらに余談
 amagiさんは付き合う前のメルチェが好きって仰ってますけど、わたしもです
 ていうかQ-Xさんがどうやら大好きらしい「アイノ」「真姫」「メルチェ」系列の子、私正直苦手なんです……
 いやすごく可愛いんです。恋人未満である最中は寄せてくる好意がとても嬉しいんですが……
 イザ付き合うとなると「あああそんな純粋な目でボクを見ないで」って、もう笑顔が画面に出てくるだけで申し訳ない気分になっちゃうんですね。手を繋ぐのすら罪に思える
 いわんやキスシーンとかエッチシーンなんて正視できません。いやマジでテキストだけ読んで絵見てないです
 マッヒーの保健室○○を目撃したシーンとか、あんなシーンを描いちゃうのって何らかの犯罪に該当しないんですかねマジで
 Q-Xさんはほんと罪な子を作るでぇ……
2017年01月14日16時42分11秒
パンドオラはいいですねぇ...副次要素で楽しんだ私がいうのもアレですが。
uni先輩万歳。けど旧作ヒロインにまつわるアレコレが物議を醸し出しそうでもあり。
いつもどこかでエロゲの常識を踏み倒してるイメージあります、Q-Xって。
アイノと真姫は主人公が手を引いて世界を広げてていく様が温かかったですね。それ
以上を求めるのは汚してしまうようで、というのはわかるような気がします。メルチェの
フェラ表情にえっろいなー思った私が言うとやっぱりアレですが(だいなし


あと前回レスで恐縮させてしまったのはなんと申しますか、うん。色々すんませんw
「コアなファンの多い作品に敢えて異議を挟んだからには覚悟はあったはず」という
のはその通りでして。ただその覚悟が殴り合う方ではなくジャパニーズDOGEZAだった
といいますか。

先のレスとやや被りますが、私は感想において作品の正当な評価より自身の所感を
優先させています。レビューではなく読書感想文。なので他の方からいただいた反証
に対しては、よほど自信がないかぎり「変なもん見せてゴメンね」「そういう見方も
できるよね」と白旗上げたり躱したりです。
(堀を埋めて一突きされたら即死できる脆弱意見だからガチでやられると手も足も
出ない、っつーミもフタもない事実もありますw)

なら言葉の強さをどうにかしろよって話なのですが、表現力の乏しさから声高にする
他に熱量を上げる言葉を選べない次第でして。書いてる身としては作品と自分の1対1。
同じ立場の方へ向けておらず、しかし公表している以上そんな言い訳が通るわけもなく。
面目次第もございません。

作品や作り手を愛する方々に、良しにつけ悪しきにつけ影響を及ぼしやすいことも自覚
しています。(ここ最近だと『MYTH』『ローズガンズデイズ』がその両極でしょうか。)
Q-Xも例外ではなく深く愛されたブランドです。悪しに書き気分を害された方がいらした
のであれば、さりとて自論を取り下げるほど人もできておらず、ただただ頭を下げる他
ありません。

最初いただいたコメントに謝罪から入ったのはそういった経緯からです。なによりも、
押し付ける気はなくともそう読めたのは私の落ち度ですしね。ですのでどうぞお気に
なさらず。今までと変わらずご指導ご鞭撻いただけますと之幸いであります。
(訳:めんどくさいヤツだけどかまってー)

そうそう、最後に蛇足というか藪蛇にもなりかねないんですが、ワタクシ実妹本番を
否定する腹づもりは全くにございませんゆえご承知おきをば。対象作品を狙い撃ち
するまでではないにせよ、ふつにープレイしますし。改めて読んだら全否定してん
じゃね?とちょっと怖くなったので言い訳ですw



では本題に。
以下、作り手の本意は不明であることを前提とした回答です。インタビューやコメント
などを追えばあるいは白黒つけられるかもわかりません。用いるかの判断はdovさんに
お任せします。

ご指摘の通り私は作品自体と向き合うスタイルが多く、外部事情などを鑑みることは
(自身のアンテナの低さもあって)ごく稀です。一次資料を有するアーカイブも存じ
上げませんし、手に入れたとしても下手に扱い場を汚してしまうのも憚られます。
ゆえに今回も触れておりません。

ですが用いることで新たな視座が開けたり、あるいは有益な論が得られるようで
あれば、その旨ご提示いただければ幸甚です。ていうかブン投げてしまってホント
スミマセン。作り手の真意を求めないスタイルも考え物ですなぁ...。
あ、ソフ倫の件はさすがに知ってましたよ!



◆ソフ倫について
制限ゆえの利点と制限から解放されたメリット。どちらに主眼を置くかって話ですよね。

近親相姦制限から解放された「きゅーぽん2」が本当に書きたいものだとする見向きには
首肯です。対して私は、ナビ凛子ルートは本番0回だから書けた最高の実妹シナリオと
評しました。ただ言い換えると、生本番を欲したユーザのために仕方なく同人で用意した
とも取れるし、ソフ倫制限があったからあんな本番なし展開になった、とも取れます。

私がナビ感想で引っ張ったセリフ群も、ご指摘の通りヤっちゃう寸前だったとも解釈
できます。一方でAnother.VerはあくまでアナザーでIFルートだし、そもそも同人誌は
商品ではないと切り捨てることもできる。お互いボコボコでなんかえらい不毛ですが、
そういうことなんだと思います。

そんな懐の深さを持っている『こころナビ』を好ましく思います。ツールとしての
こころナビ自体も最初こそ押しつけがましいけど、後半は「君の自由にしなよ」といわん
ばかりの突き放した優しさをも併せ見せてくれます。その最たるがバッドエンドの存在。
エンドロールこそ流れないものの、恋が実らなくても得たものはそのままに日々は続いて
いくのですよね。

「作り手の不慣れで中途半端に終わったからあいまいになった」とも取れます。ですが
元よりふんわりとした優しさの伝わる物語です。なればどちらとも取れるよう前向きに、
というのが私の考えです。



◆「リスタ凛子には物語がない」とのご指摘

 >というかアルファルートは事実上の凛子アフターでしたし。

という自感想からの引用をもって自論とします。

ご指摘の通り凛子の成長要素がない以上、他ヒロインと同列に語るのは無理があります。
というかそもそもルートにない時点で強引です。当たり前のようにエロもないですし。
(いやまぁ本番エロあったらそれこそ由緒どころの騒ぎじゃなくなるんですけどw)
しかし、ナビ凛子ルートをかように受け止めた私としては

「こころナビユーザの成長した後日談は、一幕として認められないでしょうか?」

とサジェストします。
『こころリスタ』はこころリスタユーザの物語である。確かに物語的にはそう取る
ことが「当たり前」であり、ある意味物語としての「常識」です。しかしここまで
前作『こころナビ』を引き継いだ作品です。であれば、前作を経て成長した凛子の
その後を、もう一つの物語とする見向きもあっていいのかなと。

もちろん正規ではありませんし白黒でいえばはっきりと黒です。受け入れられない方も
少なくないでしょう。広報的な事情もあったのかもしれない。けれどその上で、世間には
認められない兄妹恋愛が本人たちの間のみで肯定されるように、リスタ凛子も認められて
いいのかなと思うのですが、いかがでしょうか。


...しゃらくさい野郎ですねamaginoboruは!テーマに乗せて提案とかマジ汚い。

ですが選択肢の棄却を、「楽しい」の可能性が潰えるのを惜しんでいるのは本当です。
個々での否定は当然あるでしょうがそこは解釈1つ。「メインを食っちゃった」は
さすがにいいすぎかもですが、解釈の増加は作品の価値を貶めるだけではないでしょう
から。肯定・受容は厳しくとも許容をいただければ、といったところでしょうか。
まぁでも、ダメならダメで仕方ないですけどね、うん。


そして感想本文で強く推しているのは作品に対してであり、ユーザの皆様に対して
ではない旨を再三ではありますが付記します。私自身リスタ凛子を脇役とする見向きが
正だと思いますし、否定する意志は全くにございません。凛子の起用が広報・圧力に
よる結果という見向きに対しても同様です。

そして感想を読んでいただいた方々に同意を強いることもありません。ですがご一読
貰ったことで別視点が僅かなり築かれたのであれば、それは私の本懐とするところで
あります。dovさんのコメントレスにおいて、自論に幾ばくながらも共感あるいは得心
いただけたこと、とてもありがたく思っております。



◆『こころリスタ!』の息苦しさ
ナビとリスタの比較、まさにそうなんですよね。勘所は異なるかもわかりませんが、
私もdovさんが挙げられた3ヒロインがありがたかったなと。凛子はいうまでもなく、
小春の個別もナビじゃない本人の意思が見えて好みでしたし。そして何よりみまり
姉さんですね。惟神の教え。

対して『こころリスタ!』は『探し屋トーコ』の空気が近しいなと。かの作品も思想が
一辺倒で、わかるけどちょっと強要しすぎじゃね?とツッコみたい気持ちがありました。
ってーか実際ツッコみましたw

ただ言い換えればリスタはテーマが明確でナビは漠然として薄味、とも取れます。
何より商用エロゲとしての完成度はリスタのが遙かに高いですし、そのあたりは
承知しているつもりです。
2017年01月17日21時02分56秒
 おっと、すみません
 サジェストされていたのにスルーしてしまっていた……

>「こころナビユーザの成長した後日談は、一幕として認められないでしょうか?」
 認められると思います
 付け加えるなら、凛子の「物語」は『こころリスタ!』→『こころナビ』の間に隠れているような気がします
 あんなにツンツンしていた凛子に何があったのか!? ちょっと考えてみました

 ~例1:『こころリスタ!』が凛子シナリオ後だった場合~
 これは分かりやすいですね
 ツンツンしながらも実は甘えたがりの凛子なので、「ボクの子、欲しい?」とか思う存分兄に甘えまくった結果でしょう
 末永く爆発して欲しいですね!

 ~例2:『こころリスタ!』が凛子シナリオ以外の後だった場合~
 こっちは色々考えられますねー
 勇太郎が選んだのがフィンランド人のアイノだった場合、家にまで押しかけてくる彼女を可愛がってるうちに親友になれた――とか
 凛子がオンゲでドヤッてる11歳年上のフィンランド人を凹ませてた場合、家にまで押しかけてくる彼女をぞんざいに扱ってるうちに悪友になれた――とか

 ~例3:実は何も変わってなかった!~
 よくよく思いだしてみると、凛子って『こころナビ』でも年下には結構甘い顔してます
 悠斗から見て「勇太郎と仲よさげにしてた凛子」は、実は勇太郎から見れば相変わらずツンツンした妹だったのかもしれません
 末永く爆発して欲しいですね!
2017年01月29日20時31分26秒

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい976回くらい参照されています。

このコメントは2人の方に投票されています。