imotaさんの「いもうと ~蜜壺・完全版~」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

「蜜壺・完全版・・・だと・・・?!」「そうですよ、兄さん。濡れ場も大増量ですし、いっぱい満花のこと可愛がって下さいね」「くっ・・・もう俺は過ちを繰り返すわけには!」「そういえば、母さんを交えた実親子丼もあるらしいですわ」「ぐ、ぐぬぬ・・・!!」「うふふ・・・今、浴衣の下に何も着けていないと言ったら、どうします兄さん?」「おらぁ!!!コンドーム邪魔だ孕めやおらぁ!!!」
という脳内会話があったかどうかは定かではないが、気がつくと僕の手には蜜壺・完全版があった。
私の中では原典版で既に完成されていたので、正直どうしたもんかと思っていたが、結果はご覧の通りである。
これでは、口では良識を語るくせに情欲に流される兄さんと、同類ではないか。まあいいや!

ついこの前、マルセル氏がミドルプライスのエロゲに可能性を感じちゃう!的な発言をしており、
ちょうどいいタイミングで発売した本作、しかも低価格だった原典版との比較ができる、正に良きレビュー日和だ。
・・・忙しさにかまけて感想ほったらかしだった事は秘密にしておこう。

フルプライス抜きゲの悩みどころは、単純にエロの山盛りでは食傷気味になってしまい、
かといって、色々な属性を並べても、全てがご馳走な紳士は少なく、そもそも属性持ちでないライターが書いても美味くない。

低価格の場合は、とにかく量が制限されるので、例えば日常描写の簡素化でキャラへの感情移入が難しい、
属性狙い撃ちすぎて、大人に混ざる少女の如き、紅一点なギャップ萌えが難しい、等の問題を抱えている。

ミドルプライス抜きゲについては、バランス感覚に優れた脳内彼女系列が先鞭をつけている。
魔物娘、女装山脈シリーズにおける、日常シーンとエロシーンの比率、ニッチすぎないエロは、概ね成功してると言えるだろう。


では本作において、ミドルプライス化はどういう結果になったのか。

日常シーンの増加については、文句なくうれしい。
背徳感こそが近親姦の肝である以上、一線を越える前、越えた後の描写は、間違いなく実用性の向上になっている。
そして一本道だった旧作と異なり、様々な未来を用意する事で、近親姦に葛藤する楽しみも増えた。

エロシーンの増加は、賛否が分かれるかもしれない。
旧作にプラスαする形になっているので、急転直下だった内容に、余計な回り道ができた印象を与えるからだ。
特にアブノーマルなプレイが追加された訳でないので、兄さん射精回数増えたなぁ・・・という平凡な感想が浮かぶのだった。

親子丼ルートの追加、人によって一番気になった変更点は、マッハ堕ちでした。
いくら夫を亡くして男日照りだったとはいえ、かあちゃんチンポに弱すぎやで。じっくりねっとりを期待すると泣くで。
でもまあ、あの肝っ玉かあちゃんがひぃひぃよがってるのは良かったです。でもやっぱり勿体ないよ!


個人的には、いくら足掻いても満花に絡め取られて堕ちてゆく、旧作の方が好きだ。

アトリエさくらのおんぼろ月氏が言っていた事だが、『貸し出し妻』で夫を裏切って浮気するルートを作らなかったのは、
その可能性を見せることで、貞淑な妻という説得力を失ってしまうのが嫌だったらしい。

本作では、情欲に流される兄さんに、家族としてのこれからを考えさせる猶予を与えた。
それ故に、あの満花の誘惑をついに断り、しかし改めて愛する妹に向き合い、そして母に許しを請うことができた。

この「妹と添い遂げる覚悟」を問うシナリオだけでも、完全版だと認めることができるほどだ。
逆に、ただひたすら流されて、逃げることもできず、母に泣きついてご覧の有様エンドも、いっそ駄目すぎて清々しい。

しかし、旧作の物語が「可能性の一つ」となった事で、満花が持っていた類まれな特質、一途な妖艶さを減じてしまった。
もちろん満花は一途なままなのだけども、蜘蛛の糸に絡め取られるような絶対的な力ではなくなってしまった。
日常で可愛さを見せることが増えたのも、理由の一つだろう。

エロのメリハリとして、お外でのシーンが増えたが、私には盛ってるお猿さん度が増えただけに見えた。
どうせお猿さんになるのなら、満花の留守中にでも母さんとしっぽりしたかった。
タイトル詐欺になるって? いんだよ細けぇことは!


とまあ、色々言ったけど、旧作とのうるさい比較をしなければ素直に良作だと思います。
完全版なのに、顔見せすらないままな婚約者さんのご健康と、ますますのご発展を祈って!乾杯!

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい4418回くらい参照されています。

このコメントは1人の方に投票されています。