houtengagekiさんの「ありすきゅん★いんわんだーわーるど」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

男の娘、というかショタっ子が主に尻穴責められてイキまくる姿がいろいろ楽しめるゲーム。RPGツクール製ですが戦闘シーンはなく、戦闘はイースとかああいうゲームみたいな感じで敵シンボルにぶつかるだけです。さくさくしてて面白いと思いますが、ちょっと敵の使いまわしが多くて途中で飽きが来やすいかな。
 RPGとしては結構面白いです。
バトルは、フィールドに配置された敵シンボルに体当たりするだけのシンプルなもの。
主人公ありすのパラメータによって勝敗が決まり、勝てば敵を倒せて
負ければありすが犯されます。

 負けた時に精力ゲージが満タンだった場合は、敵シンボルの種類ごとに
別のエロシーンが用意されています。
(ゲージが足りない時は、ありすがイク姿のCGと短い台詞が出るだけの汎用エロ)
各エロの内容は、例を挙げると
・人間男…ありすが尻穴をペニスで犯される
・幼女…笑顔の幼女に手で尻穴をいじられて射精させられる
・お姉さん…おっぱいを押し付けながら、ありすを前立腺責めで射精させる

など。
他にも獣姦もあるし、魔女やサキュバス、男悪魔、スライム、植物モンスター、
といった敵それぞれに犯されるシーンがあります。

まあ男の娘なので、男女や種族を問わず全ての存在から犯される感じですね。
筋骨隆々の男戦士とかに容赦なく尻穴レイプされる姿も可愛くてグッと来るんですが、
個人的には女性に犯されるのが良かったです、
笑みを浮かべたおっぱいの大きいお姉さんに責められる様は
王道的なおねしょたの良さがあるし、
幼女に手玉に取られて射精させられる姿はM心を刺激される。

エロシーンは、どれも犯されたありすは気持ちよがらされて射精しまくるので、
イキ狂うショタという姿に性的興奮を覚えるなら、おかずに使えるシーンは多いでしょう。
男や怪物に犯される姿にはS的な、女性に責められる姿にはM的な興奮を感じることができ、
両方の醍醐味が味わえるあたり、男の娘ゲーらしいなと感じる次第です。


ちなみに、ボスとの戦闘で負ければ、長めの犯されイベントが見られます。
延々と輪姦されたり、王様の妃にさせられてドレス姿で尻穴を犯されたりと、
異世界から脱出するという目的を果たせず、ボスの所有物のようにされて
バッドエンド的な末路(幸せっぽくもありますが)が描かれることになります。
なかなかのエロさ。


あとは特徴としては精飲シチュを見る機会が多いということ。
このゲームではお金を消費してありすのパラメータを上げるのが重要なんですが、
この際、お店で提供される特殊な精液を飲むことでパラメータを上げる
ということになっており、ごくごくと精液を飲むありすの姿が描かれます。
精飲が苦手だとキツいでしょう。
でも、精液の匂いに興奮して自分も射精してしまうありすの姿などは、とてもエロいですけどね。
これ以外にも、精液を飲まされるエロシーンはいくつかありますし、
逆にありすにフェラをして精液を飲む男がいるなど、精飲要素は強めです。



●RPGとしてのバランス等
ゲームオーバーなし。精力ゲージがない状態で負けると街に戻されます。
ボスに負けてバッドエンドになっても、夢扱いで再開になります。

RPGとしては、クエストが重要な要素です。
敵を倒すとそれぞれ素材アイテムを落とすんですが、
このアイテムを一定数集めるクエストをこなすとお金がもらえます。
このゲームはレベルアップ要素がなく、お金でパラメータを上げるので、金稼ぎは重要です。
敵はアイテムをよく落とすため(体感では三分の二ぐらいの確率で落とす)
敵を倒しまくると、アイテムがどんどん手に入るので
作業的ではありますが結構爽快感があるので、やっていて楽しいですね。
アイテム1種類につき99個までしか持てない点には注意が必要ですが。

アイテムを集めて武器を作成してもらうクエストもあり、
同じ武器防具でも、ショップに売っているものよりも性能の良いものができることがあり、
これも面白い要素でした。
アイテム集めは、このゲームのRPGとしての面白さの、かなりのウェイトを占めています。

前述した精飲によるパラメータ上げについても、なかなか楽しい。
モンスターによって有効なパラメータが違うため、攻撃、防御、特殊といった
各パラメータをどう上げていくか、重要になってきますし。
単純にパラメータをちまちま上げていく作業が楽しいというのもあります。
パラメータを上げて敵に負けなくなると、さくさく倒しまくれるので、さらに楽しいという具合。

ただし、難度が「ふつう」だと中盤あたりから作業めいたパラメータ上げを延々するハメになるので
さくさく遊びたいなら「かんたん」でプレイしたほうがいいと思います。
作業やパラメータ上げが好きなら「ふつう」で。


ちなみに、欠点としては、中盤ぐらいからモンスターの使い回しが増えてきて
新鮮味がなくなってくることが挙げられます。
多くは色違いの強化モンスターなんですが、負けてもCGやエロの内容は同じなので
サキュバス等の悪魔が登場する終盤まではモチベーションが下がり気味になってしまいます。
せめてテキストが違いでもすれば、色違いモンスターにも負ける甲斐があったんですが……

それと、エンディングがあっさりしすぎじゃないですかね、いくらなんでも……
流れ自体には不満はありませんが、最後なんだからもうちょっと描写してくれても……



●まとめ
エロの内容、RPGとしてのシステム、どちらも個性的です。
特にエロ。
男の娘が受けのエロ、特に尻穴を責められてよがり狂いながら射精しまくる
というシチュが好きであれば損はしないでしょう。
前立腺責めばかりで、ペニスを責められるシチュはかなり少ないので、かなり偏ったゲームと言えます。
そういうエロが好きなら、なかなかにオススメです。
なにげに公式サイトに詳しい攻略が載っていて、どんなエロがあるのかもそこで分かります。そのへんも親切で好印象。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1030回くらい参照されています。