76421さんの「ひみつの妖精境with二十少女漂流記」の感想

RPGとパズルの2本立て。メインとなるのはRPGのほう。前作より操作性が改善されているが、自力でコンプはものすごい時間がかかりそう。また、前作の一番の高評価要素だったものが無くなっているのは残念。【2013/12/05追記、点数変更】点数を75→85に上方修正。プレイ時間は100時間で登録。
プレイ時間は、
RPGの秘密の妖精境が通常のEND見るまで約11時間15分。
この時点アイテムは5割に満たなかった。やり込もうと思えば数十時間どころか数百時間かかるかも。
パズルの二十少女漂流記が自力でクリアまで約3時間半。


RPGの秘密の妖精境は、サークル過去作の五十少女漂流記のシステムをより進化させたような感じ。
RPGに村(今作では妖精境だが)の成長要素を取り入れたもの。

戦闘形式などは前作とほぼ同じ。
エンカウントはシンボルエンカウント、戦闘速度速い、バックログあり、テキストウインドウ移動可能など、前作で不便だった点が改善されていて、より良いゲームを作ろうとする制作者側の意図を感じた。
MAPは、24けたの番号を入力することでMAPが変化する。
トルネコの大冒険のようなランダムでMAPが変化する要素に、片道勇者(別サークルの同人フリーゲーム)みたいなMAP番号を入力すれば同じMAPがプレイできる要素を取り入れている。
このタイプのゲームだと、ユーザーが多ければ多いほど、条件の良いMAPなどの情報が出回るのでより面白いものになると思う(現に、片道勇者の攻略サイトでは条件の良いMAPの情報が出回っている)。
だが、当初サークルが側想定してたほど売り上げが伸びていないらしくて、現時点では攻略wikiも無い。
MAP情報は出回っているものの、それほど活発に行われていないみたいだ。

また、普通にクリアするだけなら自力でも可能だったが、そこから先がなかなか進まない。
結構な数が必要となると思われるのに、入手条件が厳しいアイテム、合成レシピが入手困難なものが多く、時間がかかる。
通常のEND見た後もプレイを続けたが、アイテム達成率50%くらいでなかなか進まなくなり飽きてきた。

クリア後にメーカーのサイト見て、条件の良いMAPとかもプレイしてみたのだが、ここで初めて存在を知った店とかもあった。
私の場合、クリアまで薬屋が一度も出無かった(メーカーのサイトで知ったMAPで初めて出た)。このため薬のレシピは全く入手できないままだった。
自力で情報無しだと、やはりMAP運の要素が大きい。
なお、娘が出来て来ると、どのようなダンジョンを探索するかある程度選べるようになるので、MAP運だけではなくなる。
それでも運は絡む。
また、娘が増えるとダンジョンMAP入口にに最大8名の娘が待機するようになる(と思う)のだが、この8名にいちいち話しかけないといけないのは面倒。何か別の方法で探索に力を入れる個所を変更できれば良かったと思う。

サークルの見解では難易度は高めとのことだが、序盤はそうでもなく、通常のENDを見る限りでは(全くの楽勝ではないものの)そう極端に難しいとは思わなかった。
難易度が高いというよりか、時間がかかるというのが正しい表現ではないだろうか?

個人的に一番不満だったのがエロ関係。
エロあるのは基本的にメインヒロインの妖精4名のみ。
バリエーションも少ない(特殊なシチュエーション1つを除けば、中出し外出しの違いと妊娠の有無で回想数を水増ししているだけ)。
そしてロリ度が大きく低下。前作では、孕ませた娘がかなり強烈なロリキャラで、さらに娘をさらに孕ませることが可能(もちろんエロCGあり)だったが、今回は娘とのエロは無し(回想コンプ出来ていないが、RPG部分で回想に登録されるのはメインヒロインの妖精4名の他はハーレムが1コマのみだった)。
娘に名前つけたりもできないし、立ち絵とかも無い。
絵も前作のほうが好みだった。

システム面ではプレイしやすく、スケールもこちらのほうが大きいものの、中盤から終盤になるとなかなかゲームが進まない(前述の通りレアアイテムがなかなか入手できないなど)こと、
前作で一番の高評価点だった強烈なロリキャラが全くと言っていいほど出てこないことから、評価はこちらのほうが低くなる。


パズルの二十少女漂流記は、本を押して指定の場所に移動させるもの。
RPGゲームで、岩を所定の場所に押すような仕掛けがある個所がある者を良く見かけるが、それに近い。
全35ステージで、それぞれにとわ、エリのモードがあり、とわモードのほうが難易度は高い。
また、とわ、エリともにイージーとノーマルを選択できる。どちらでも発生するイベントは同じみたいだ。
私は、最も難易度が高いと思われるとわのノーマルでも全35ステージ自力クリアできたが、簡単では無かった。

とわ、エリで本の配置が同じなので、難易度の高いとわをクリアできれば、エリはイベント回収以外に意味が無い。
エリのモードは、イージーで速攻クリアした。(とわノーマルがクリアできるなら、エリイージーは全くの楽勝。)
回想はとわ、えり、各3コマづつ。
ストーリーは、前作、五十少女漂流記と関連している。



抜きゲー/非抜きゲーの区分は非抜きゲーに区分した。エロは回数がそう多いわけではなく、RPGやパズルのほうがメインなので。
和姦凌辱の区分は、和姦ものに区分した。



2013/12/05追記 点数を75→85に上方修正。

クリア後にプレイ中断していたが、やり込みプレイ再開。
モンスター図鑑コンプ(ドロップアイテムもコンプ)、全キャラ仲間にして、ここまでのプレイ時間がゲーム上の時間で83時間くらい。
途中リセットした個所(ボス敵のドロップアイテムなど)や、敵が弱い地図入手のため初めからやり直した時間も含めると100時間超えるかもしれない。

あまり売れていないみたいで攻略Wikiも無い(前作にはある)みたいだが、これが2000本とか3000本クラス(またはそれ以上)売れて、攻略Wkikが出来て、地図番号の交換とか出来たら、同人のRPGでは良作以上、名作クラスになったかもしれない。
地図番号システムの関係上、プレイしている人数が少ないと真の面白さが出ないと思われるので、非常にもったいないと感じた。
なお、サークル掲示板ではいろいろ攻略に関する情報に答えてくれて、参考になった。


長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1345回くらい参照されています。