xianxianさんの「TOKYOヤマノテBOYS HONEY MILK DISC」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

東京から選ばれた男の子の中から、その年一番のプリンス「ヤマノテボーイ」を選ぶプリンセスとして選ばれた主人公。デートを通して、その心を知っていくという話。そしてその影に見え隠れする殺人鬼の影…。非現実的な設定もあるものの等身大の男の子が相手で直球の王道展開でドキドキする良作。
東京から選ばれた男の子の中から、その年一番のプリンス「ヤマノテボーイ」を選ぶプリンセスとして選ばれた主人公。デートを通して、その心を知っていくという話。そしてその影に見え隠れする殺人鬼の影…。非現実的な設定もあるものの等身大の男の子が相手で直球の王道展開でドキドキする良作。

現在、PSPに音声追加で移植されているので、値段を別にすればそちらがお得です。
(あらすじ)
1年に一度、全国から選ばれた、たったひとりの女子高生--プリンセスを巡って繰り広げられる告白大会(ラブロワイヤル)。
それが「TOKYOヤマノテBOYS」、通称「TYB」。
今年のプリンセスに選ばれた貴女は、都内各地域の女子高生から推薦されたスーパー男子校生「ヤマノテBOYS」たちから愛の告白をうけることになります。
誰の告白がもっとも心揺さぶるものだったか--誰をプリンスとするのか--選ぶのは貴女。
全国の女性に夢と希望を与える、まさに愛の祭典。それが現代のフェアリーテイル「TYB」なのです。
年に一度の運命の七日間。「TYB」が、今年も幕を開けます。(「説明書より」)

ようは、ねるとんをより派手にすごいものにしたようなイベントです。

基本、デフォルト名ではなく、名前を入力しないといけないために、登場人物たちが名前を読んでくれるため、自分に話しかけるような気分になり、かなりドキドキします(音声では、「君」「プリンセス」「あなた」など)。

今作では、9人中3人がルートがある攻略対象キャラです。残り6人は今回サブの位置です。ただし、シークレットテイルのようなおまけイベントで登場して、キャラクターの魅力を見せ付けてくれ舞う。
今回では、スーパーお金持ち:二之宮悠斗。地域アイドル:百瀬歩夢、少しナンパな男の子:岬 虎太郎の3人です。
スーパー男子校生ということで、現実的にはありえないコメディ要素もありますが、精神面で等身大の男の子ということで、リアルにいる男の子のような錯覚を受けます。
そして、その魅力にひかれます。
システムでも,スキンシップシステムで接触で好意があがるなど工夫されています。
用語解説があったり、一部のCGがクリックすると、相手の心情を発言してくれたりします。また、作中のデートの後に男の子たちがどのことを「自分のブログにアップする」という形で、ブログをみることができるために、本当に生きている相手のように錯覚できます。
ルート選択肢の条件によって、「シークレットテイル」という隠れ追加イベントがみることができる(音声は無し。PSP版だと音声追加)など、通常のゲーム以上の要素があります。

個人的に一番好みなのは、歩夢でした。年下アイドルショタなんて好みじゃないとやる前はおもっていたのですが、一番男の子していて頼りがいのある感じで引っ張ってくれて、魅力的にうつりました。

悠斗はスーパーお金持ちで漫画のようなキャラクターで、かっこいいおぼっちゃま君か、ぬけている「こち亀」の中川さんという感じです。ちょっと抜けているので、馬鹿な虎太郎とのかけあいが面白く、意外にいいコンビです。意外にシナリオがよかったです。

虎太郎は、ちょっと馬鹿で言動も軽いものの実家のお店を手伝っていたり、いざという時に高校生らしい熱さをもっていて、本当にいい子だと好感がもてます。こっちはこっちで、こういうタイプのキャラに私は弱いです。

主人公は、普通の女の子という設定ですが、一応、容姿は十人前あるようですし、東京が実家でそこそこ中流のようです。友人関係の良さから考えても、平均より少し上ではないかと思われます。性格は基本「普通」ですが、突っ込みが鋭かったり、年齢にしては心が広いなど、やや変わっているところもあると思われますが、気になるほどではないでしょう。

(おまけ)
○イベントグラフィック鑑賞(特殊な台詞つきあり)
その他(4枠)、悠斗(12枠)虎太郎(12枠)歩夢(12枠)

○サウンド鑑賞15曲(主題歌は無し)

○エクストラボイス(各40)
悠斗、虎太郎、歩夢が状況にあわせて主人公に話しかける超ミニドラマのようなエクストラボイス

○辞書閲覧(作中の用語解説)

○シーン回想
共通19、悠斗29、虎太郎29、歩夢29、真実26

○ブログ(作中でみることができた、悠斗「YUTO'S GLORIOUS BLOG」・虎太郎「オレっちのオレっちによるベリーちゃんのための日記」・歩夢「ほんわか日和」のブログまとめ)

○シークレットテイル(おまけイベント)
共通36、悠斗17、虎太郎17、歩夢17、真実7

OP「愛の蜜」(歌手:代永翼,森久保祥太郎,鈴村健一)

(その他声優)
桑門そら、坂本知美、羅弘美、逢坂良太、宮田正宗、真優、アダニー、優一、masato、松本勇人、白川史子、高木凜太郎、児玉将昭、金丸誠、星いづみ、篠崎はるま

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい208回くらい参照されています。