houtengagekiさんの「いたずら ~僕だけの絶対領域~」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

そこそこの出来の痴漢エロゲー。ヒロイン視点多め。痴漢プレイでよがりまくるヒロインの痴態はそれなりのエロさがありますが、二人いるヒロインの片方は向こうから主人公に痴漢しろと誘ってくる人だし、もう片方もかなり速攻で快楽落ちする上に結構貞操観念が薄いのか今ひとつ悲壮感のない子だし、痴漢される女性の嫌悪感とか堕ちる過程とかを楽しめる内容ではないです。女の子の心理描写やストーリーの流れは結構面白かったですが、痴漢モノの良さは今ひとつ出ていないと感じます。ただ、一般的な痴漢ゲーとは違うエロさの質がある気がしますし、決して悪い作品とは言い切れないですが。ちなみにツインテの方はアヘ顔を連発するので個人的には苦手だった。
 痴漢ゲーとしては、かなりの変化球と言える内容。
ヒロインは真面目そうなショートカットのメガネっ娘「由香梨」と、
快活でフランクな性格をしたツインテ爆乳娘の「水緒」の二人。
二人とも学生です。
両方とも痴漢に対して嫌悪感を抱いているのはせいぜいプロローグまでで、
後はヒロインの方から男に痴漢してもらおうとしたり、快楽に流されてイキまくったりと、
痴漢に対しての好奇心を発揮していき、
その後はどんどん快楽に染まっていく様子が描かれる感じになります。

 OPムービー後にどちらのヒロインの話を読むか選択することになり、
選択後は選ばなかった方のヒロインは一切登場しなくなるので、3Pとかはありません。


●各ルート感想
 由香梨は開始当初は痴漢を嫌悪していて、
騙されて痴漢集団によってたかって痴漢される最初のエロシーンについては、
痴漢されている女の子の嫌悪感がしっかり心理描写されていて、普通の痴漢シーンとして楽しめます。
でも、このエロシーンの最後でイッてしまっているので、いろいろと素質のある子だなということは
感じてしまいますが。

 その後、友人たちに相談するも、痴漢されることを快楽として楽しんでいる女性が多いことが分かって価値観が崩され、
痴漢されることによる快楽に興味が湧いてきて、実際に痴漢されてみようと思い始め、
気弱そうで体格も細めの同年代の男子に目をつけ、痴漢してもらおうと自分から体を押し付けていく、
みたいな流れでストーリーが本格的に始まります。
正義感が強く真面目な女の子が、だんだん痴漢されることに好奇心を抱いていって
ついには自ら痴漢されようと行動するという心理描写の流れは読んでいてなかなか面白く、
実際に主人公に痴漢されたらこの子はどのような反応をするのか、とても楽しみになってきます。

 ここからようやく主人公の視点が始まります。冒頭から長々と由香梨視点が続くので
彼女が主人公扱いなのかと勘違いしそうですが、ちゃんと男主人公がいます。
ともあれ、主人公は知らない女の子がお尻を自分から押し付けてくることに戸惑い、
まさかと思いつつも流されるように由香梨に痴漢をし始めることになります。
この痴漢シーンは初心者同士の痴漢みたいな感じでなかなか萌えました。
この後もずっとそうですが、主人公と由香梨の心理描写が両方同じくらい描かれていくことになります。
このへんまでが由香梨のプロローグですね。

 その後はプレイの内容がエスカレートしていく展開で、シナリオが進むと互いに会話もするようになり
痴漢プレイをするカップルみたいな感じになっていき、ラブホテルや主人公宅でのエロシーンも有り。
途中の選択肢でそのまま純愛ハッピーエンドに行くか、由香梨を拒んで陵辱プレイをするバッドエンドに行くか
分岐するようになってます。
 
 エロの傾向としては、由香梨が痴漢プレイの気持ちよさにどんどんハマっていく感じなので、
由香梨の方から快楽を求めていくテキストになってますね。
好奇心と快楽を同時に満たしていく様子はなかなか可愛いですし、いろんなアングルでの痴漢プレイが楽しめます。
あくまで痴漢「プレイ」って感じですけど。
あとはバッドルートに行けば集団痴漢&レイプされて放心状態になる様子や、陵辱されて嘆き悲しむ姿なども見れます。
ハッピーエンドでは妊娠後のボテ腹Hも一回ありました。

 惜しい部分としては、せっかく黒ストッキング履いてて、ストッキングに包まれたお尻や性器を撫でる描写があるのに
そのへんの感触的な部分をあまり詳しく描いてくれなかったことかな。
全体的に女性側の心理描写のエロさを重視していて、男性側からのエロさの描写が弱めな傾向があると思います。
あと仕方ないかもしれないですが黒ストを破くプレイは一回も無く、それもちょっと惜しい。



 水緒の方については、登場するのは由香梨のプロローグの後になります。
彼女は主人公が憧れているクラスメイトということなので、主人公が痴漢クラブのメンバーに
依頼して彼女を襲わせ、彼らに混じって主人公も水緒に痴漢をしていくという流れになります。
その際は由香梨と違って痴漢などまったく頭にない状態の彼女にエロ行為をすることになるので、
嫌がっている姿、心理描写はしっかり味わえます。
全体的には、クラスメイトに電車で痴漢するというシチュエーションが楽しみたいなら、
そのシチュならではのものが描かれていくので、結構楽しめます。

 プロローグ後は由香梨と同様、クラスメイトも痴漢を楽しんでいるということを知って戸惑いながらも、
最初は痴漢されることに当然嫌悪感を抱き続けますが、
痴漢どころかレイプされて処女を失ったり、やはりクラスメイトが痴漢の良さを語り続けるにつれて、
しだいに価値観が変わり、流されるように快楽を楽しむようになっていくという感じです。
彼女の特徴としては、処女喪失シーンからしてアヘ顔で絶頂しますし、
快楽に弱くて激しいイキっぷりを見せてくれるのがいいところでしょうか。
ほぼ全エロシーンでアヘるので、アヘ顔が苦手だと辛いかもしれません。

 その後の展開はクラスメイトという設定を活かしたものになっていて、
痴漢しているのが同じ学園の男子である主人公だと水緒にバレたあとの展開はなかなか面白い。
主人公に初めて話しかけるシーンや、その後の彼への扱いは、彼女のフランクな性格と
女学生らしいあくどさが両方ほどよく出ていて、見応えがありました。
水緒にとって、主人公は全然好みのタイプじゃないっていうのが良いポイントになってました。
 流れは簡単にいえば痴漢→逆襲→再逆転という具合。
逆襲される流れの時は足コキや顔面騎乗などの女性上位のエロシーンもありますし、
再逆転する際に集団痴漢での陵辱も楽しめます。
由香梨同様に二つのエンドに分岐し、こちらでもボテ腹Hは一回あります。
ただ、水緒の場合はハッピーじゃない方のエンドも別にバッドじゃなく、両方ハッピーと言っていい内容でした。


 だいたいそんな感じでしたが、まあとにかく女性が嫌悪感を感じている描写が薄めです。
プロローグでは二人ともある程度は痴漢モノらしい心理描写してくれるし、
本編でも集団陵辱痴漢のシーンなどは悪くないんですが、
それ以外では由香梨は快楽をせがんでくるし、
水緒はなんというか貞操観念が結構薄いのでむしろ痴漢を逆用して自分主導で楽しもうという状況に持って行くし、
堕ちる過程のようなものは薄いので、一般的な痴漢ゲーにあるようなエロさはあんまり無いですね。
水緒の方は一応、屈服させる快感は味わえるようになっていますが。

 ちなみに途中から普通に電車内でセックスしまくりになりますが、
痴漢ゲーらしく騒ぎになることはほぼありません。放尿の時に乗客の反応があるくらいかな。
その他の特徴としては、エロは主人公との一対一が大半であること、羞恥プレイはほぼ無いこと、といったところでしょうか。



●グラフィック、その他
 個人的にこのゲームは完全に絵買いだったんですが、この点については満足でした。
可愛らしいタッチで、かつ肉感的であり、
痴漢プレイのグラフィックとして見ても、どのエロシーンもいいアングルでした。
ことに由香梨は貧乳設定ながらも、おっぱいにはそれなりの質感があって充分エロい胸してるし、
なにより腰の細さが絶妙で、細すぎずしっかりとエロさを感じられるちょうどいい細さに描かれていて、
細身ながら均整の取れた女の子らしい体のラインになっており、とても良かったと思います。
塗りも明るい上にある程度肉感を強調することもできていてCGの完成度も良いと思いますし、
内容が肌に合わなくても画集として充分な価値を見出せるレベルじゃないでしょうか。
CG枚数は分かりやすくヒロインごとに25枚ずつの計50枚で、ミドルプライス作品としては標準的です。

 ところで、パンツ脱がしたりおっぱい露出したりするたびに、ピロリロリン♪ っていう変なSEが鳴るのが
ちょっと気になりました。あれは演出なのでしょうが、ちょっと微妙ですね……


●まとめ
 痴漢ゲーの良さが、女性の嫌悪感描写にあると考えるなら、
この作品はそういった部分が薄いので、あまりオススメできません。
二人とも流されやすいタイプなせいか、悲壮感も絶望感も全然無いからなあ……
痴漢ものというより痴漢プレイものと言ったほうがしっくり来るんじゃないかと。
あんまり痴漢ならではのエロさが無いので、実用性としてはもう一歩足りないと感じました。
はっきり言ってしまうと、痴漢モノとしてはぬるいです。

 ただ、痴漢されたらどういう気持ちよさが味わえるんだろう? という思いで
自分から痴漢を味わおうとする由香梨の心理描写などは、見ていて面白かったのは確かです。
そうやって快楽に染まっていく様にエロさを感じられるなら、実用性はあるのではないかと。
イキまくる姿はエロかったのは確かですし。
それに、痴漢から始まる愛情あるいはセフレ関係、みたいな流れで、
エンディングに至るまでの主人公とヒロインの心理的駆け引きなどにも結構見応えがあるので、
個人的にはそこそこには楽しめた作品でした。

↓あとは少しスペースを開けて、気に入ったエロの内容を列挙しておこうと思います。

























・由香梨
集団痴漢→着衣のままぶっかけ

お尻をつき出した姿勢で尻&女性器をまさぐられる
※尻の質感が良かった

向い合って黒ストごしに女性器を愛撫されて快楽のあまり放尿

背後からおっぱい揉みつつ素股→最後はパンツの中で射精

女性器を愛撫しながらキス

口をふさいでのエッチ

ノーパンノーブラで電車に乗らせ、アナルセックス

パイズリ射精→フェラをさせてさらに射精

バッドルート後は主人公宅で体操服を着せ、目隠しをさせて陵辱H
※ただし挿入時はブルマ脱いでる。

バッドルート集団痴漢では、主人公とラブラブになった後なので
嫌悪感を示して事後は放心状態に



・水緒
痴漢クラブの男たちに全身まさぐられ、主人公は素股で発射

痴漢クラブの男たちに捕まえられた状態でバックから挿入されて処女喪失

主人公をラブホテルに連れ込んで足コキ&顔面騎乗放尿

痴漢クラブの男たちに再度集団痴漢される。口をテープで塞がれて快楽攻め
さらに四つん這いにさせられてフェラと手コキを同時に


 どっちかというと由香梨のほうが楽しめたシーンは多めかな……
というか水緒は爆乳なのにパイズリが無いような気がするんですが
もったいない。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい2477回くらい参照されています。

このコメントは1人の方に投票されています。