armchairさんの「少女と世界とお菓子の剣 ~Route of ICHIGO 1~」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

苺”前”編ということもあり、前二作よりも単体で考えるのが難しい。……が、第三部、そして最終章前編として構成上良い役割を果たしている思う。とにかく後編に期待。プロローグが入ってるので今作から始めてもよくはあるが、事件の雰囲気がちょっと変質していること、ナナ編で初出の要素が説明なしで出てくること、そしてどうしても最終章への前フリという印象が強くならざるをえないということを考えると、やはり先にアヤノかナナをやるのが賢明。
最終章への前フリ、と書いたが感触はまんまその通りで、物語を総括する――苺や「世界の夢」の正体、ミノくんの過去を語り、作品を収束させる――ための土台を固めてきたという印象。
実のところ今作で初出の要素というのは(多分)ほとんどなくて、ナナ編で言及されかけたミノくんの過去についての詳細が臭わされたくらいのもの。
そういうことでやはり、元々「苺編」だったものが分割されたという事実から察せられる通り、今作は展開的に必要な「つなぎ」という役割に徹しているように思う。

作中でも自嘲気味に批判していた分割商法であり、実際自分もそうした作品のうちの一つに過去ブチ切れたことがあるのだが(他作品の長文コメント参照)、今作に関しては、一作分のボリュームを消費してでも丁寧に作る必要のあった土台であったことが伝わってくる。その結果(後編の出来次第ではあるのだが)物語構成の一部分としてかなりよくできているように感じるので、むしろよくこの判断を下せたと感心しきり。



以下少々のネタバレ含みの各エピソード感想。











■マリーセレスト号の嘘
うわあああああああこわいよおおおおおおおおおおお
ということでエピソードの印象がオチのインパクトに全部持ってかれた感。怖くて泣いた。これを実行する作品が現れるとはwwwww
もうひどい。有名な例を知ってても今まで気にせずに生きてこれたのにもう気になってしょうがないじゃないか。どうしてくれる。

アレもそうなのだが、今までの事件の傾向を考えると異質な真相でインパクトがあったのが今エピソード。いままでステレオタイプのように描かれてきた悪意側への言及が始まったことに好感。
というのも、ヒステリックで簡単に暴力を振る大人たちをはじめとして、せかけん(と鍵っ子少女)でさんざん描かれてきた悪意というのは、正直かなり紋切り型の印象を受ける上に、物語は「それとどう向き合うか」しか描いてこなかったというのがあって。そこにそろそろ苛立ちが募りはじめてたところに、権化としてのアレが現れてくれたことに、その成り立ちへの言及があったことに安堵を感じたという次第。これからどう描かれていくのかは不明ですが。



■がっこうまいご
怪談が苦手という苺の設定からか、今エピソードは直接的にホラーな話。マリーセレストも怖かったしなんか今回は全体的にホラーっぽい印象。

ミノくんが覚醒しはじめて何かキャラ変わってね?(というかこれはケレンどころかただの厨二だろ!)と思うと同時に、前エピソードでも語られた「虚言と偽言」という要素とともにミステリ(しかも個人的には推理の方法が陳腐に感じる……)っぽい方向に話が傾いてきたことに、若干鼻白むものを覚えたのも構成上思うツボという。



■カンバスのゆりかご
Interlude的エピソードを挟んでの第4の事件。がっこうまいごから引き続きミノくんツエー状態……かと思いきやここに来て颯爽と登場し、そしてかき回してくれる倫子さん。言葉が痛い。探偵側でも当事者側でもなく、第三者から見たアームチェアディテクティブの痛々しさを突き刺してくるあたり倫子さんニクいねー。

そしてそっからのアレですね。
前作前々作で積み重ねてきた流れを少しずつ崩しながら進んできたこのRoute of ICHIGOが、これからどういうものになっていくかという方向性がここで明示されることになるわけである。うーむ、上手いなあ。





という感じで。
……え? 「花開くは黒き花弁」の感想がないって?
うーん、じゃあどう言おうかな。ついに来たかって感じでしょうか。
ナナ編でのミノくんがああしたのがここと関わってるんだなあとか、ミノくんの行動の意味合いとか、色々腑に落ちるものがたくさんありました。この辺の変則的構成も良いよなあ。

ともかく……後編に期待!

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい766回くらい参照されています。