OYOYOさんの「ツルペタ! ~ちっぱいは性交の素~」の感想

ちっぱいってことは便利だね!
タイトルから漂う強烈な出オチ感とは裏腹に、しっかりしたストーリーで最後まで読ませる良作。低価格、ロリもの、ヒロイン一人と聞くとついつい上級者向けの狭き門を想定してしまいがちなのだが、本作はそれほど属性に関係なく楽しめる、良い意味であたりさわりのない内容に仕上がっている。……ロリものに「あたりさわりのない」という修飾もどうかと思うが、まあ体系的には凹凸が少なくアタリもサワリもしづらいのは事実なのでお許し頂きたい。

主人公外山原紀はエロ漫画家。元来ツルペタ好きの原紀は、どういう運命のイタズラか巨乳漫画を描かされ、しかもそれがヒットしてしまう。不本意な方針で生計を立てる原紀。けれど、自分を誤魔化して生きるのは死んでいるようなもの――。そんな風に苦しみ悩む原紀の前に、何とビックリつるぺたボディのサキュバスがあらわれた。アーシュと名乗る彼女は、齢3万10歳(さん・まんじっさい)のロリババア、もとい大ベテラン。しかし、一度も男の精を吸ったことのない落ちこぼれなのだと言う。

彼女が性交に成功しないのは、セクシーボイーンなサキュバスの誘惑術をツルペタボディでやっているせいだ! そう分析した原紀は、豊富なエロ漫画の知識を伝授してアーシュの「師匠」となることを約束する。見返りは、そのネタをエロ漫画にすること。

こうして始まった奇妙な師弟関係だったが、アーシュは次第にエロリの才能を開花させ、原紀の描くロリ漫画は大ヒットをとばす。持ちつ持たれつの関係になった二人に、しかし別れの時は確実に近づいていた――というのがおおまかなストーリー。

この作品の面白さは、キャラクターの魅力とストーリーの魅力。まずキャラは、それぞれが自分のやるべきことを一生懸命にやっていて好感が持てる。ストーリーの魅力というのは、万人向けのテーマを扱っているというところ。やりたくないことを嫌々やらされる原紀と、やりたいことが上手くできないアーシュ。要するにこれ、現状に不満を持つ二人がうまくかみ合ってどちらも成功していくというでこぼこコンビのサクセスストーリー。タッグを組んだ二人がお互いの足りないところを補い合って成長していくというのは、使い古されてはいるけれど、それだけに受け容れやすい。

またこの二人の悩みというのは「ありがち」で、多くの現代人は、アーシュか原紀、どちらかの立場に肩入れして読むことができるのも良いところ。自分に重ね合わせたキャラが困難を乗り越え成功する話というのは、なんだかんだで気持ちよく読めるものだ。

そして肝心の恋愛。最初は功利的な契約関係だったアーシュと原紀の二人の距離が段々と縮まっていく。そういう変化が丁寧に描かれていて見応えがある。ロリ属性とはいえアーシュ一本に絞ったヒロイン構成ではバリエーションに不安があったけれど、こういう方針ならなるほどヒロイン一人で良かったと思える内容だった。

ただ、弱点もある。というのもこんなあからさまなロリ向け作品でフツーの話というのを期待する人がどれくらいいるのかという……。CG上は体型がつるぺただし、園児服を着せたりくまさんぱんつを穿かせたりシチュエーション面で「ロリ」を出してはいるものの、ロリもの独特のイケナイ感や身悶えするような可愛さとエロさのギャップがあるかと言われれば、正直微妙。ロリ属性を活かせている感じはあんまりしない。

また、ピンヒロインなのでアーシュが全然ダメということになったら、これはもうおてあげ。総じて一般受けよりもピンポイントに狙いを絞るフォーマット(ロリ属性・ヒロイン一人)を使っておきながら、広く浅く受け容れられるような話になってしまっているのがネック。この路線でいくならせめて、声だけの女性編集さんにもご出座頂いたら引き締まった。

シーン数は24、CGは30。CGのほうが多いことからも、使い回しが無くCGの切り替えがあることがわかるだろう。数字上は目立たないけれど、丁寧に作られている。ただ、実用性を訊かれると私的には否。なんかどのシーンみても「かわいいなぁ」で終わってしまった。これはこれでアリだと思うのだけど、やっぱりロリでシコシコいきたい人には不満かもしれない。

EDは3種。どれも、アーシュと原紀が新しい未来を切り開いていく後味の良い内容となっている。とにかくアーシュと原紀の関係を描くことに専念した作品で、最初は特にどうとも思っていなくても、物語を読み終える頃には「アーシュたんprpr」になってしまう人は多いのではないだろうか。上述の通りつるぺたはにゃ~んでぷにーなボディを堪能したいというガチな人には正直あまり向かない気がするが、ロープライス価格でちょっといい話を味わいたいとか、アーシュの可愛さに惹かれるものがある人ならば、試してみて損はない。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1075回くらい参照されています。