toto712さんの「らぶおぶ恋愛皇帝 of LOVE!」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

デビュー作から純粋バカゲーに挑んだ勇気は買える。アクの強いキャラたちが繰り広げる掛け合いはぼく的にはさほど面白いとは思えなかったが、ハイテンションなノリはこのゲームの特色である疾走感を充分味わえた。ただ一番良かったルートが一番短かったりとアラが多いのは間違いなく良作と呼ぶには一歩足りないか・・・
抜きゲー&萌えゲーが多くを占めるエロゲーの中ででバカゲーというのは現在希少種となっています。しかも最初から狙ってのバカゲーというと本当に少ない。それを商業デビュー作品から果敢に挑むということでかなり注目していた作品でした。
ただ実際プレイしてみてやや失敗したかなと思いました。というのも笑いの方向性がぼくの嗜好とは違っていたのですね。このゲームの笑いはアクの強いキャラクターたちが妙なノリやギャグを繰り広げていくというもの。ただ漫才で言うところのボケ・ツッコミのボケ役にキャラが偏り、会話で散々ボケ倒すというノリだったため、会話のキャッチボールでの笑いを好むぼくが笑ったシーンは少なかった。ぼくは当初唯一の常識人っぽさを漂わせていたエリカがその役を務めるかと思っていたのですが、こういったエロゲーではよくあるケースなのですが、ほかのヒロインのルートに入るとエリカの存在感が薄れてしまうのですね。となると主人公がその役を務めないといけないはずで、実際それを行おうというフシはあるのですが、残念ながらどうもこの主人公は冷静なツッコミが出来ないのですね。まあ設定もあるわけでこのあたりは仕方ないのですが、どうもこのライターはヒロインを含む女性陣のキャラ作りと比べ主人公を含む男性陣についてはやや苦手としているのではないかというフシが見られるのです。
ただ今回がデビュー作ということを考えればまあ仕方ないのかもしれません。実際ヒロイン陣のキャラはどれもアクが強めながら、それでいて可愛く感じさせてくれるのはライターの才能の賜物といえるでしょう。そう考えるとこのライターは実のところバカゲーよりも萌えゲーを創る方が合っているのかもしれません。

ぼくがそう思うのも、このゲーム。純粋バカゲーと考えると個別ルートの終盤でかなり違和感を感じる展開があるからです。主人公とルキナの凄惨ともいえる過去が語られるルキナルートがその代表で、メインヒロインのルートでバカゲーとは違う面が強調されるところを鑑みると、もしかしたらライターは純粋なバカゲーを創る気は無かったのかもしれません。ただこのルキナルートの展開は必ずしも成功したかと云われると首を横に振ってしまう訳で、それは主人公が単純でバカとしか思えない行動を取ってしまうからです。これまでツッコミ役を曲がりなりにも務めようとしていた主人公がバカな行動をしてしまっては本末転倒としか言いようが無いのですね。
まあその代わりイサミの可愛いところが見られたので差し引きはそれほどマイナスというわけではないのですが、その分メインヒロインのルキナが自分のルートでありながら、イサミにお株を奪われてしまったのはやや可哀想に思えました。

そんなヒロインたちの中で一番良かったといえるのが、稲穂・ギ・ひかりルートでしょう。彼女とのやり取りやイチャラブっぷりはこのゲームでぼくが一番笑えた部分であり、バカゲーらしいノリとシリアスもの混在も適度な割合であり読後感も良かったです。ただ実のところこのルートが全ヒロインの中で一番短かったのですね。このレベルのシナリオがもう1~2本ありもう少し容量があれば文句無く良作といえたでしょう。

(総括)
ハイスピードラブコメディという煽りはまぎれもなく本当で、実際ゲームをプレイしていての爽快感はかなりのもの。笑いという点では個人的には物足りなかったのですが、それ以外の部分で見所が多かったので不満は少なかった。ただバカゲーとして今後進んでいくとするとなると、正直心配してしまう部分は多い。これからバカゲーメーカーとしての道を歩むのか、それとも萌えゲーメーカーに転向するのか分かりませんが、ぼく的には今回の反省点を生かしてアサプロに続くバカゲーメーカーへ邁進してもらいたいと思うのですが・・・

toto712さんの「らぶおぶ恋愛皇帝 of LOVE!」の感想へのレス

いやいや、シナリオはスー√の方が圧倒的に短いですよ。
千歳√も稲穂√よりは短かったと思います。
2015年08月22日16時03分06秒
>kingSさん

確かにスールートも短かったような気がするのですが、
内容的には分相応だった気がします。
一方稲穂・ギ・ひかりルートはぼく的には容量が物足りないように感じられたのは間違いないです。

全ルート中と言ったのはちょっと筆が滑ったかもしれませんが、
ぼくの真意としてはもう少し稲穂・ギ・ひかりとのイチャラブを楽しみたかったというところでしたので・・・

かなり前にプレイしたゲームなので記憶があまり定かではないので、
こんな抽象的なことしか言えなくて申し訳ありません。
2015年08月22日19時30分24秒

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい655回くらい参照されています。