imotaさんの「女子肛校生男装アナルクラブ ~僕とお尻でセックスしよう!~」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

オスだろうがメスだろうが、等しく肛門はあるでござる!
とはバッドトリップした忍者が語った真理であるが、それが全てという訳ではない。
女性にとっては、前の穴でなく後ろの、排泄する穴を選択する重みがあり、
男性にとっては、欲望を受けとめる側として役割を転ずる重みがある。

しかしその重み、挿入される事への抵抗感、羞恥心を失えば、アナルは単なるケツマンコ、オスマンコへと成り下がる。
私がアナル特化作品を無条件に喜ばないのは、アナルの異常性、浪漫と言い換えてもいい、それが薄れるのを恐れてなのだ。

しかーし!前作アナルクラブは、そんなおっさんのぼやきを杞憂とした。
アナル特化の上にベリショヒロインという高難度複合技を、変態同盟というセフレ以上恋人未満の絶妙な距離感によって、見事着地まで決める。
内心はもっと大胆な事をしたいのに、相手を思うと中々踏み込めず、それでも勇気を持って小さな、しかし大きな一歩を踏み出す。主にアナルな方向に。
しかもメーくん決死の牽制球は、どエッチなネコさんの強烈なセンター返しを食らうは、当のネコさんも赤面するわで、やっぱりネコさんはかわいいなあ!!!

てな感じに簡単に横道に逸れちゃうくらいクリティカルな作品の続編が出るとあっては行くしかねぇ!
と勢いよく始めると、初めてのCGは丸刈り野球部男児のオッスオッスな裸体だった。
主人公の奈緒はソレを見なかった事にするも、折に触れて脳裏に、画面にオッスオッスなCGは出てくるのであった。

よし、つかみはバッチリだ。
よくねぇよ!

まー作品紹介見りゃ分かるけど、想い人の津畠くんは極度に女苦手なゲイなのだ。
なのに教育実習先が女子校で気絶しまくり、夢だった教職も絶望的な状況。
告白で当たる前に砕けた奈緒だったが、受験勉強の恩返しを建前にとんだ解決策を思いつく。

「僕とお尻でセックスしよう!」

いや正確にはショック療法として普通のセックスをするつもりだったが、奈緒のアソコを見た津畠くんが乱心してフリーズ。
これじゃどうしようもないと、前張り絆創膏どころか髪まで切って、可能な限り男の子らしくなり、そこから段階を踏んでセックスしてやる!
という真っ直ぐで邪な奈緒の乙女心とアナルは、ゲイ以上にサディストだった津畠くんに翻弄されるのでした。

何とも複雑怪奇なラブコメではあるが、基本は二人の意識の食い違いが泣き笑いな状況を生み出している。

セックス療法ぶち上げついでにコッソリと告白する奈緒、しかしご近所の妹みたいな存在としか思ってなく、実習で頭いっぱいで聞き流す津畠くん。
自分で言い出した事とはいえアナルでするのには抵抗のある奈緒、アナルなら経験あるからむしろ大丈夫だと言い放つ津畠くん。
拡張してポッカリ開いたアナルからアンモニア臭が漏れて焦る恥ずかしがる奈緒、お尻のにおいは男と同じでよかった…と安堵する津畠くん。

あれ、なんか津畠くんが空気読めないひどいキャラに見えてきた!
更に今作はヒロイン視点な分、奈緒のかわいさはよく見えるが、馴れ初めの見えない津畠くん相手で本当にいいの?と思ったりもする。
でもこの「クソホモ野郎(CV奈緒)」が、少しずつ奈緒の女性の部分にも慣れ、手を握るどころか身体を抱きしめるまで成長するのは、
練習で始めたデートが、段々と普通の感じに、奈緒がリードしていた手が逆にリードされるようになるのは、何とも感慨深い。

アナルな快楽に流されるとセフレどまりだが、目標の普通のセックスができるまでになると、
津畠くんも性別不明な「ナオ」でなく、女の子の「奈緒」をきちんと見るようになり、
若気の至りで嘘をついてしまった奈緒の結果を、真っ直ぐに受け止め、真っ直ぐに気持ちを伝えてくるのが何ともずるい。

うん、ネコさんとメーくんとは全然違うアナルカップルだけど、こっちもこっちで良い関係だと最後には思えました。
そして、何気にネコさんが演劇部の先輩としてゲスト出演したのが、ファンにはうれしいサプライズ。
でも残念ながら普通の先輩後輩の関係なので、ぶっちゃけアナルトークとかはありませんでした。FDはよ!



しかしエロ詳細を語るまでに随分と書いてしまったな。
まあアナルはじっくり解さないと傷ついたり最悪切れたりするから、今作に対してはこれで正しいのだろう。

何せアナルマニア×2だった前作と異なり、奈緒はアナルノンキャリアかつ健全なエロ少女。
なのにこんなにアナルにハマっちゃうとか全部津畠くんのせいだから責任とってよ!
和姦なのに、中々アナルの快楽を認めない頑固さが、男装のバリエーションと共に良い変化となっています。

津畠くんは中々のタチ役らしく、アナルバイブにビーズにプラグにローションにと既に道具持ち。
ただ興奮の仕方が、アナルならば「普通」にセックスできるという感じなので、「奈緒の」アナルにハマるまではちょっとアレかも。
男装についても、その倒錯感に興奮でなく、安心感の為の服装なので、やはりヒロイン視点で考えないと抜くのは難しい。

男装から女装への特訓内容は、
昔の男子学生服⇒お祭り褌姿⇒今風の男子学生服⇒中性的な女性服⇒男子体操服⇒裸⇒実習先のセーラー服
と中々に多彩。ENDによっては津畠くんが大好きな男子野球服もあるよ!

でも個人的には裸になった途端、演技の衣がなくなり、素の恥ずかしさが今更出てきてぐるぐるしちゃうのがかわいくてエロかった。
この辺りから念願のキスまで到達しており、CG付きでチュッチュチュッチュしながらちゃんと抱き合ってアナルセックスとかいいね!
あと前作同様ボテ腹アナルが1シーンあるのもいいね!

前作同様といえば、やはりこの絵柄でアナルのにおい描写にこだわるのがギャップ大で、マニア的にうれしい。
メディ倫でも全部ノーモザという訳でないのは残念だが、やはりぽっかりアナルはいい…


終わってみると、ニッチな混ぜ合わせで大丈夫かと心配した今作も、きっちり捌いてくれました。
それにどんなにニッチでも大丈夫、オスだろうがメスだろうが、等しく肛門はあるでござるよ!

imotaさんの「女子肛校生男装アナルクラブ ~僕とお尻でセックスしよう!~」の感想へのレス

どーも、imotaさんはじめまして。
それと自分の感想に投票ありがとうございました!
投票の一言コメには思わずニヤリとしてしまいましたよw

しかしながらimotaさんの素晴らしいレビューを拝見させてもらった後に、
自分のつたな過ぎる文章を見ると思わず赤面してしまう次第です(汗

実は自分は前作よりも今作の方を高評価しているのですが、
そこはヒロインのアナルへの羞恥心の高さや、アナルで感じながらも必死でそれを否定する姿に胸がトキメイタことと、
単純に男装ショートカット姿がつぼに入ったことに加え、
男性が年上カップルのが好みってこともあります。(ここは自分の願望が思いっきり入ってるかもです^^;)
しかし、imotaさんのレビューを拝見してもう一回前作含めてやり直してみよーと思いましたよ。
今作に関しても自分には考えが至らなかった所まできっちり考察されており目から鱗でした。

女子肛校生放課後+男装アナルクラブを骨の髄まで・・いや、アナルの皺の一本一本までしゃぶり尽くしてみようと思う次第ですw

2012年09月23日00時14分49秒
54325432さん、はじめまして!投票ありがとうございます!

こんなニッチ作品で一番乗りされるとは思わず、うれしい驚きでした。
しかも長文だから、読み比べる楽しみもあってありがたやありがたや。

でも性別逆にすると途端に男根主義なにおいがキツくなりそうですよね。
女⇒男への暴力はギャグなのに、男⇒女だと途端にリョナに、ガチになってしまうような。
いや、ガチレズ姉さんの抵抗感がない相手という事は、女装が似合うという訳でウヒヒ…

おっと、いつもの妄想が始まって失敬失敬。
正直クソホモ野郎な津畠くんと恋人になるのは無理ゲーだと思ってたのに、何となく自然に落ち着くのが上手いなぁと。
最後の教職合格からの笑顔で即答の流れは、年上の男らしくて良かったですよね。

男装・ボーイッシュ属性が、女装・ガーリッシュ属性に追いやられてる現状は、両方好きな私としては複雑ではあります。
こちとら古くはPiaキャロ2の潤にハマってPiaキャロ2.5まで買っちまったおっさんなんでい!
男装して恥ずかしがるナオ君を見てニヤニヤな展開ではなかったけど、たくさん男装が見れて幸せでしたハイ。

>アナルの皺の一本一本までしゃぶり尽くして
私のレビューはさて置いて、こういう台詞が出るとは分かっておる喃…。
津畠くんがもっとアナルぺろぺろしてくれて、アナルお掃除フェラが長ければ、あと10点プラスは固かったね!

54325432さんとまた別の作品でも会えることを楽しみにしています。
ではでは。
2012年09月23日14時42分37秒

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1947回くらい参照されています。

このコメントは2人の方に投票されています。