adatidaikazokumk2さんの「夢と色でできている」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

後回し(いつ発売するんだよ)にしていたツケ(無事発売おめでとうございます)を払う時がきたのだ
2019年発売エロゲ 8本目


思えば何年待ったんだろうか・・・今でもヒイロが描かれている電気街祭りのときのうちわがうちにある。
待ちに待った待望の発売日、僕は有休を取ってガン待ちしていた。

「全てを連れ去るように
夢(みらい)は色づきはじめる」
夢と色でできている、タイトルに偽りなしの内容だったようにおもふ。
未来を変えれば過去だって変えられる、とかそんなのどんなファンタジー!?


最初に楽曲について触れよう
OPの「夢と色でできている」は屈指の名曲になったと思う。堀江晶太は神
公式通販にてCDも売っているのでぜひとも手に取っていただきたい。
OPについて触れたが、待って欲しい。
このゲームは作中のBGMひとつとっても良い楽曲ばかりなんですよ・・・
お気に入りはかもめちゃんの曲と雲の曲。作中の雰囲気作りに一役買っていてとても良かった。
話は多少陳腐でもここまで神がかったBGMを流されるとなんか涙でてくるから不思議だ。


さてここからすこし中身の話。
共通 ばらばらになっていた幼馴染メンバーがリーダーが転校してきたことによって再度集まる、
もうこの流れだけでも好きな奴はいると思うんだわ。ナジミストたちよ
んでまたバラバラになっていたメンバーの中でも唯一、主人公のそばに居続けたかもめちゃんが映えるんだよなあ
そして防衛軍の基地を一人、『もくもく』と守り続けていた雲ちゃんもね。
やはり共通パートではなかひろ氏の筆がまだノッていたと思う。
というかこのゲーム、明らか個別入ってダレてきた感だよね、各√むりくり山を作ってあるというか。


『七夕ちゃん』
七夕ちゃんは淫乱レベル高めだ
だが全体的に七夕ちゃんの影が作品通して薄い気がするのでなんだか不憫なヒロイン。学年違うのもあるし色々とね
そして肝心のシナリオに関しても・・・猫の話はふーんって感じだった。
一番最初にこのルートをプレイしてしまったせいもあり余計にそう感じてしまったが、
猫との思い出少なさ過ぎて防衛部の仲間といわれてもぴんとこず。
他√でちょくちょく出番があるため、そちらからプレイしてからやると違和感なかったかもしれないが。

『雲』
雲ちゃあああああああんんんん!!!んかわいいいいいいいいいいいいいいい!!!!
雲ちゃんはえっちっちだった。おれの股間もくもくもしっぱなしだった。もくもく。
1枚目のエロCGだが尻の穴が見えているのである。そして二度目のエロシーンでもかかさず尻穴が見えていた。
雲ちゃんはお尻までもが可愛いかった。
このゲームは雲ちゃんのケツとアナでできている。
こちらも話の内容はふーんって感じだったが雲ちゃんがひたすら可愛かった。
シリアスいらなかったくね?もくもく
一応TRUEにつながる話ではあるのだが・・・いかんせん踏み台にされた感が強く不満が残る。
これならいっそ雲ちゃんと一生しあわせにえっちっちしてたかった。
こちらは雲ちゃんとひたすらちゅっちゅする内容でも構わないのだ
というかそれでいいのに。いや、それがいい
寡黙だが、防衛軍の中でも一番の仲間想いな所も√以外の本編とおして描かれていてそこも大きな魅力だった。雲ちゃんしゅきぃ・・・

『ヒーロ』
ヒーロは共通や他キャラのルートの時はオチ担当としてうまく機能していたりするのでそんな気にならないが
ルートに入るとその分他のキャラとの殻見も必然的に少なくなり、読んでいて辛くなってくる。
共通ではリーダーなのに適度に影が薄いのも良かったのかもしれないな!(自分でも活躍少ない的な発言多めw)
話の大筋として扱っていたのは学園物らしからぬテーマ『正義の味方』について、でした
自己犠牲は自己満足しか生まない、だれかを助けたいならだれかに助けてもらうことだって知らなきゃならない
正義の味方だってだれかに味方されることが必要だろう、正義の味方の味方だ
なかなか名言メーカーだったように思う。
CV桃山いおんはパワー、ばかあほどじまぬけー!すき
踏み台ヒロイン筆頭

『かもめちゃん』
愉快痛快、私は欲しがりな女よ 好き
防衛軍が解散した後も妹を除けば唯一主人公のそばを離れていない
ずっとずっと主人公のそばに居続けて主人公を支え続けてきた すき
かもめと藍との軽快なやり取りを見ているだけでわりとこのゲーム、満足でした。好き。
小波すずさんの演技が光っていてまさにハマり役だったように思う。好き
っていうかかもめちゃんだけ立ち絵の枚数多くない!?気のせいじゃないよね すき
将来にはなんの役にも立たないかもしれない、そんな言葉こそが逃げであり
未来のせいにして逃げてるだけ、今という時間から目を背けてるだけ。
俺たちは今が楽しいことをやる
ツケがまわってきたときにまとめて払う覚悟を持つ
暴論のようだが素晴らしいと思う


『淫乱妹』
淫妹ルート。色々な伏線をもったいぶるだけもったいぶって最後の最後まで引っ張ってきた落ちのルートだったわけだが。。
まあ、うん
後回しにしてきたツケ、払えたんじゃないかな

とってつけたような終わり方だった気がしないでもないがw


というわけで雑(な)感って感じでしたが、総じて満足いく出来になってたと思いました!待った甲斐はあったし、fengっぽかったよ色々と。
カロリー絵は良い・・・心が豊かになる・・・

エロシーンもそこそこ使えてええんでない。和泉さん担当なんよね、エロだけ
僕は雲ちゃんで致しました

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい864回くらい参照されています。