michelseebachさんの「月に寄りそう乙女の作法」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

名作なのだが唯一の欠点がある。それはルナ様ルートを読んでしまった後、他のヒロインを選択することができなくなるというとこだ。
この作品の主人公が桜小路ルナ様であり、ヒロインが小倉朝日であることはこの作品をプレイした人間であるならば異論はないだろう(断言)。
故に、ルナ様ルートを読了した後にユルシュールルートはプレイしたのだが、もう朝日をNTRされていくような辛さにとてもではないが他のヒロインを攻略することが出来ず、他の展開でのルナ様を見たいという欲求がありながら、未だに残り二人をプレイできていない。
続編である乙りろで「大蔵遊星」がりそなと結ばれるのは素直に祝福できても、桜屋敷でルナ様がいる前で「小倉朝日」が他のヒロインと結ばれるのは、ルナ様ルートをプレイした人間にはどうしても許容できないのだ(血涙)。

という程度には感情移入してしまう名作である。

他のルートでのルナ様を見たいと切望しつつも、結局ルナ様ルートを複数回プレイして、毎回最後は主従関係しか選べないという精神的ルート固定。
もしもまだ未プレイで、ゲームをやるなら全ルートを必ず攻略するという人がいるならば、どうか共通ルートでルナ様の魅力に屈せずに他のヒロインから攻略することを進める。
でなければ私のように、他のルートでのルナ様を見ることが出来なくなるだろうから。

今でも時折、美しい桜屋敷での日々を見返したくなる。
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい310回くらい参照されています。

このコメントは1人の方に投票されています。