76421さんの「LOVELY QUEST」の感想

他作品との差別化という点では成功している。水穂、胸が減点要素。購入特典、価格が発売日の購入を見送った要素。
プレイ時間
初回 約5時間 攻略ヒロイン:アイノ
全部 約16時間25分
CG、回想コンプしている状態。
時間制限付き選択肢などは、アイノのみ全て試行。他のキャラは全て試行していない。
※参照した攻略サイトが、修正ファイル当てていない状態だったため、修正ファイル当てないでプレイ(おそらく攻略見なくてもコンプは容易だと思われるが)。

システム面は快適。この時期の商業作品で可能な項目は当たり前のように設定できる。
時間制限付き選択肢の前では、それを知らせる表示が出るなど、非常にプレイしやすい。
CGも綺麗で、声優の演技も上手い。
活動歴が長く、ほぼ純愛系ジャンル専門ブランドだけあって、そのクオリティーは高い。

シナリオは期待していなかったが、ほぼ想定通り。
ラブスマ活動なんて非現実的。この時点でシナリオは破綻している。
鬱になるイベントや不快なキャラは皆無で、ひたすらヒロインとの萌えやイチャラブを楽しむゲーム。
HOOKは一貫してこのような作品を出し続けているので、今作もその通り。

このような作品は、エロゲーでは売れ筋のためかその本数も多く、似たようなゲームが毎月多数発売されている。
そんな中で、他作品との差別化という点では成功している。
SuGirlyWishから受け継がれたガーリートーキングの他、ラブスマ活動や時間制限付き選択肢(選べる項目が1つだけなので、選択肢というか行動選択といったほうが正しい表現かもしれないが)など、他ブランドではあまり無い要素がある。
このようなものは一朝一夕で出来ることではないと思うし、HOOKが他の作品と差別化を図るべくいろいろと試行錯誤してきた末の結果だと思う。

キャラでは、いろはがSuGirlyWishの杏奈、綾花がSuGirlyWishの朱音とかぶる。
他はかぶらない。
性格だけなら、はつねはかなり好み。


不満点は2つ。1つは水穂の主人公に対する呼び方。もう1つはHCGでの胸の大きさ。

水穂はゲーム中、主人公ことを「お兄ちゃん」と呼ぶ場合と、「お兄さん」と呼ぶ場合があり、統一されていない。
これでは違和感ありまくり。
しかもキャラゲーでこういうのは酷い。
水穂目的で買った人はどう感じるのだろうか?
余談だが、人気投票ではメインヒロイン5名中、水穂は最下位。
力の入れ方間違えたように思う。

HCGでの胸の大きさだが、HPで公開されたCG見る限りアイノ以外は私の好みからすると大きすぎたのでどうでも良かった。
だが、そのアイノでもHCGで結構胸があったりする。
Hシーンは、メインヒロインが各4回、サブヒロインが各1回。
アイノのHシーン4回のうち、1回目と4回目はともかく2回目と3回目は結構大きい。しかもこのCGはHPのサンプルで公開されていない。
メインヒロイン5名のうち、唯一のロリキャラがこれではがっかりした。
また、柚菜もHCGでは結構胸がある。
身長と3サイズの設定(単位:cm)では
アイノ:144/72/47/75
柚菜:159/73/54/80
であるため、身長とバストの比、バストとウエストの比でからすると柚菜はアイノより貧乳のはず。
何故??


このゲーム、発売日の購入は見送った。
その理由は、購入特典と価格。
購入特典が水穂ばかり。キャラゲーなのにこれは酷い。
これでは水穂以外のキャラが目的で欲しい場合、発売日に新品を買う意味があまり無い。
特にアイノの購入特典がほとんど無いのが残念。
価格は税抜き9400円と、通常のフルプライス品より若干高い。
体験版で即予約できるくらい面白いと感じたゲームなら、これでも発売日に買うかもしれないが、買おうか迷うくらいの出来だと、他の作品を買ってしまうユーザーもいるのではないだろうか?
逆に、若干割高でも欲しいと思わせるゲームを作れれば、これはこれで商業的に成功すると思う。
同系列ブランドのひとつ飛ばし恋愛、フレラバも税抜き9400円らしいけれど、今後もこの価格で勝負するのであれば、前述の通り若干割高でも欲しいと思わせる付加価値をつけられるかが重要になってくるのではないだろうか。


ヒロインの魅力(S>A+>A>A->B+>B>B->C+>C>C-の順)。
評価は私の主観。攻略対象のみ記載。◎=メインヒロイン。△=サブヒロイン。
◎桜庭水穂 B-
◎瑚乃瀬羽美 B-
◎アイノ=テア=クーヴルール A- ※2回目と3回目のHCG胸小さければA
◎八乙女いろは B-
◎仁科綾花 B-
△八乙女はつね B ※性格だけならA
△藤井柚菜 B- ※HCGで胸小さければBかB+
△荻山鈴乃 B-
△芹沢紗希 B-


76421さんの「LOVELY QUEST」の感想へのレス

 こんばんは。
 水穂目当てで買った者です。

 彼女の「お兄さん」呼びと「お兄ちゃん」呼びですが、
 作品冒頭で

>人の目がある場所であれば、俺を呼ぶときは『お兄ちゃん』から『お兄さん』に変わる

 と説明されており、実際そのルールが守られていたように思うので、違和感はありませんでした。
 なんにせよ水穂は期待通り可愛い子だったと感じました。ただ、ヒロインとして可愛いというよりも「幸せな日常」を象徴しているキャラとして、サブキャラ的に輝いたキャラだったと思います。『Kanon』の水瀬名雪みたいな感じですね。
2013年02月20日18時22分42秒
dovさん、コメントありがとうございます。

水穂目的で買ったdovさんは、違和感無かったのですね。
私は水穂が目的で買ったわけではないので、このあたりの感覚はわからないかもしれません。

水穂個別ルートで確認しましたが
人の目がある場所であれば、俺を呼ぶときは『お兄ちゃん』から『お兄さん』に変わる という呼び方は守られていました。
人目のない場所でも、家の外だと「お兄さん」で呼んでいます。
また、終盤のHシーンやデートでも、家の外だとお兄さん呼んでいます。
家の中でも、人目があればお兄さんで呼んでいます(ENDロール直前のパーティーなど)
ガーリートーキングでも、他のキャラの台詞が入る場合はお兄さんで呼んでいました。
家の中で、かつ人目が無い場合のみお兄ちゃんと呼ぶのは、終始守られているみたいでした。

ですが、冒頭の説明の後に主人公が、俺としてはずっとお兄ちゃんって呼ばれたいけれどな。
と思っていることも書かれていました。
主人公が、ずっとお兄ちゃんって呼ばれたいと思っているのに、恋仲になった後もお兄さんと呼ぶ(しかもHシーンやデート中でも)のは少し違和感がありました。
序盤中盤はともかく、恋仲となった後でも、「お兄さん」と言われるのに、私は違和感あります。

綾花のシナリオでは、主人公が綾花を先輩、綾花が主人公を桜庭と呼んでいますが、綾花は主人公に綾花と下の名前で呼んで欲しいと思っているとありました。
エピローグでは、本当に呼んで欲しい名前で呼び合うような場面があったと思います。
ですが、水穂のシナリオでは、主人公は常に水穂にお兄ちゃんと呼んで欲しいのに、人前で水穂が主人公をお兄ちゃんと呼ぶ場面はありませんでした。

これは私の感覚の問題かもしれないのですが、恋心を抱いている妹から「お兄さん」と呼ばれるのは、私はあまり好きでありません。
凌辱ゲームでは、見ず知らずの少女を襲うケースなどで、少女は主人公のことを「お兄さん」と呼ぶ場合があります。
この場合少女は、当然主人公に好意は抱いていない(逆に嫌っている)わけです。
「お兄さん」と呼ばれるのは、親しみが無いことを強調するような呼び方であると感じています。

純愛ゲーやキャラゲーでは、妹のヒロインや年下のヒロインには、お兄ちゃん(又は兄様など)敬意や親しみのある呼び方で呼んで欲しいと思います。

なお、水穂の性格が嫌いとか、そういうことはありません。


長文失礼しました。

2013年02月21日01時13分53秒
 76421さん、レスを頂いてもう少し語りたくなったので語らせて下さい。

 実を言えば、私も一般的には「お兄さん」という呼称が好きではありません。76421さんと同じく「相手に好意を抱いていない呼び方」に感じます。「お兄さん」は、私のイメージとしては商売女が男を掴まえるときの呼び方です。「おにーさん、ちょっと寄ってかない?」みたいな。一般的な年下ヒロインがこのように呼んできた場合私も違和感を覚えたと思います。

 水穂の場合違和感を覚えなかったのは、おそらく私が実妹という属性に特別な思い入れを抱いているからだと思います。水穂が「お兄さん」と呼ぶことには対外的に少し背伸びをした(そしてちょっとズレてる)「妹らしいリアルさ」を感じましたし、主人公がずっとお兄ちゃんって呼ばれたいのに水穂がそうしてくれないという在り方も「兄妹らしいリアルさ」を感じました。つまり、私も本来「お兄さん」呼びには違和感を覚えるところ、実妹属性がある故にその違和感が「妹らしさ」「兄妹らしさ」に昇華されたのだと思います。

 主人公と恋仲になってからも水穂はこの呼び方を続けますが、これも私としては納得がいくものでした。なぜなら恋仲になっても二人は兄妹でもあって欲しかったからです。恋仲になっても続く「お兄さん」呼びは、いわば二人の永遠に続く兄妹関係を象徴しているように感じました。

 おそらくメーカー側の狙いとしてもこのように捉えて欲しかったのではないでしょうか? もっとも、76421さんの指摘通りこのゲームを水穂(あるいは実妹)狙いで買う人はあまり多くはなかったでしょうから、メーカーの狙いが成功したかは疑わしいところですが。

 HOOKSOFTといえばやっぱり幼馴染なんでしょうね。とはいえ76421さんのお目当てであろうアイノもかなり可愛いキャラだと感じました。このメーカーのヒロインたちは表情や仕草、性格などが基本的に幼いので、思い切ってヒロイン達の年齢を下げた作品が出てきても悪くないような気がします。



 最後に、これは関係ない話になりますが、もしかして76421さんは1976年4月21日生まれなのでしょうか?
2013年02月21日02時20分58秒
dovさん、コメントありがとうございます。

水穂の主人公に対する呼びかたは、どのような解釈が正しいかは決められないような気がします。
買った側やプレイした側がどう受け取るかという問題になると思います。

私の生年月日ですが、この場で回答することではないと思います。
おそらくIDと私の他のゲームの感想から年代を推測したと思うのですが、鋭い考察だと思いました。

長文失礼しました。
2013年02月22日01時10分02秒

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1320回くらい参照されています。

このコメントは1人の方に投票されています。

dov