みやながさんの「ODEON」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

94ODEON
僕がミレイと結婚する世界があってもいいと思う。
わかりづらい作品ではあるので、僕なりに要点とおおまかな話の流れをまとめました。



「本当の自分」とは?
これがひとつのテーマだと思います。


(ミレイ)
・こんな現実いらない!と世界を否定するとその現世は終わる。
・ただその記憶は残像として生き続ける。

終わるといってもこの作品では平行して世界が存在するので
ラーメン屋に行こうと思ったがすし屋にしよう。
けどラーメン食いたい気持ちは残ってます。程度の事なのだろうか。

ハイヤーセルフ(自分の全てを見通してるもう1人の自分)
オーバーソウル(並行して起こっている人生すべてを統合した意識)

つまりひとり会議をして「本当の自分」を探すことが出来るのか。
に注目してプレイするといいとおもいます。


ちなみにサトコは「嫌な自分」が出る=「本当の自分」だとか。
優等生のサトコ。何も縛られない自由な私ということだが...
真面目ちゃんが反抗期になっただけなんじゃ?と思ったが
真面目なのは私じゃない。「本当の自分」は素行不良という事なんでしょう。
人生失敗してるよサトコちゃん....


よく出てくるものの意味がわからないよ~ってなりそうな単語。

クウォーク
意識体(魂)とコンタクトをとれる機械(テレパシー的な)
※(クオーク)(クォーク)等誤字がある。

ルルイエ時代、ルルイエ文明
太古。現在より発達していた文明。

カバラ
あの長老達が転生してる組織。

オデオン(オデオンハロー?)
全ての魂を浄化させ、新しい文明がつくられる。

とにかくこれが分かっていればなんとかなるだろう。




ここからは少し噛み砕いていきます。
ネタバレなんてないような作品ですがプレイ後に読むことを
おすすめ...します。いやわかんないです。
必要と思ったところを拾っていけばいいです。

















~ルルイエ時代~
ティレルの思い通りにさせてはならない。
オデオンハローを封印させてはならない。
オデオンを発動したい。

オデオンを発動すると新しい文明をつくれていわゆる神になれるので
発動したいし、封印したらいけない。そうだね。
長老とティレル。それぞれの思想が異なるため
オデオン(ドラゴ〇ボールみたいなものか?)を争ってますってのがルルイエ時代。

・ティレルと長老達がなぜ争っているのか
"愛"について言い争っているのをたびたび見かけた。
実はこの"愛"が第二のテーマなのではないかと思いました。
ティレルは全てを愛する(マザーテレサのような)思想を持っている。
それについてはいくつか討論している。
>愛をもって接すれば必ず接点がもてるのか?ピカイア(古代の虫みたいなやつ)と
 わかりあえるか?我々も同じだ。
>物欲で生きるもの認め許すのか?

つまり全てを愛したり愛でなんとかなるわけないだろ。ってのが長老の意見。なのかなあ...


・なぜ現代より発達していたルルイエ文明が終わったのか?
理由のひとつはクウォークの発展により成長が止まった為。
完璧さを目指すのではなく成長を志すべき。
宇宙の法則によれば人間は静止していることはできない。
とある。成長が止まると人間は終わりみたいなものだとおもう。
(ニュアンス的には電卓が発達して自らの力で計算することがなくなり
計算する力が成長せず静止ジエンド。的なことだと思います)
ルルイエ文明終了ということになる。


~現代~
ミレイは七年前に泰男(学者)に養子として引き取られる。
ミレイの力を開放するために監視を続ける。
ミレイが覚醒するとオデオンハローを復活させることが出来る。

ミレイは冒頭で「ルルイエ...オデオン...?」とつぶやいている(ここのミレイかわいい)
つまりなんとなくは覚えているが...という程度のミレイ。
長老サイドはティレルと意識をシンクロさせるな。封印した形で手に入れろ。そう学者に命令している。
つまりよく知らないミレイを利用しようとする汚い大人達だくそったれ。

サトコが亡くなったり生きてたりするのは直接的な描写はないにしろ
ミレイがその世界を否定し別の世界に移っていったから。
というのが無難ではないかな?と思いました。


・ユニの存在。小島の授業


ユニに助言をもらうミレイであったが
ミレイはユニが自分のオーバーソウルであることに気づきいくつもの自分
を統合しひとつになろうとする。つまり「本当の自分」になろうとしていく。

 
小島の授業(ルルイエ時代の長老との喧嘩の現代版)

小島「自分が留守にしている間にまったく別人がさも自分の家の家のように住みついて
勝手に模様替えしてたら快く家を明け渡すか?いかなる手段を用いても追い出すか?」

(ちなみにルルイエ時代だと僕らが作った文明に勝手に好戦的な人たちが増え、我が物顔で住んでる。どうする?という話)


ミレイ「まずは話し合いによる解決。それが駄目なら共存共栄(敵対せず一緒に頑張ろう)の道を模索」

小島「潜在的な偽善者のようね。絵空事を前提に考えているからそんな綺麗なことがいえる」
  「まったく聞く耳をもたなかったらどう?」

ミレイ「同じ人間同士で戦いをするなどとは知者のすることとは思えない」

これはわかり合えないだろうなあ...と。


先ほどテーマだと述べた"愛"について

「アガペーとエロス。肉体的な1対1の愛、それに対して慈悲的愛、神の愛
 愛の二つの対局。あなたはどの愛を選ぶのかしら?」

「相手を思う気持ちは、自分への愛そのもの。体だけの関係など、愛とはいえない」
 (でも私は幸せを実感したいから...)

「本当に心底慈悲をかんじているのか」

「個人を愛せないものが多くを愛せて笑わせないでよ」


「エロスに対してアガペー本当の私はどっち」

ミレイはどちらが「本当の自分」なのか...


起承転"結"
ミレイは自分のこの世に生まれてきた使命。それにやっと気づく。
現代、未来のために...



「"個人ではなく人々を愛する"月光(オデオン発動)が時を越え私を包む」



あなたは今をこの世界に近づける為に、この世に生まれてきた。

自分の生きたい世界にいけるハズよ。

ミレイ(ティレル)の勝利。という物語。


※あくまでも僕の解釈であり、ここは違うだろ!って思うところも
 あると思います。遠慮せず僕に罵詈雑言飛ばしてください。
 ODEONプレイヤー全てを僕は愛します(洗脳完了)


・感想
そもそもこの作品は白亜右月サンって事で興味を持ち
プレイを始めたのである程度ゑっちなシーンに期待していたんだけど
レズシーンがまるで流れ作業のように終わり僕は憤怒した。
精子みたいなゲロみたいなの吐いてるとこがなんかゑっちでよかったのでチャラ。むしろ加点。

僕は苦手とするジャンルなはずなのになぜか
気づけば最後泣いてしまったほどのめりこむことが出来た。
この作品で泣いた人はいったい何人いるんだろう。

誤字、脱字が多いのが非常に残念。
お帰りなさいパパのところは笑ってしまったよ。
「」の抜けだったりルルイエやクウォークを間違えるのはねえ。

とにかくミレイがめちゃくちゃかわいくて恋しちゃったので
結婚させてください。でも浮気されまくりなのか?
それはそれでいいんじゃないでしょうか。

あとこの作品実はスキップできるんですよ。
右側の:の下押すとスキップできます。
けどスキップしないでやって....

ODEONが大好きな僕から、これから新規で始める変わった人へ一言。

プレミアついてるけど、「かなり短い作品」です。
オーバーソウルとしっかり相談して購入するか検討してください。

僕は"ワンコイン"で買った。(勝者の余裕)(買い物上手)(500円だけ握りしめて来い!!)
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1105回くらい参照されています。