amaginoboruさんの「ボクの唄」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

「キミのための唄」の続編ですが、あまりにも安直な問題解決方法が作品の質を貶めてしまっています。脇役たちの扱い方も雑で説得力がない上に立場が端役と同等のため印象が散漫に。連作前提のシナリオ運びとはいえ残念な内容でした。
※プレイしたのは現在配布されているフリー版で、DL製品版ではありません。
 内容に差異があるかは不明です。


製作者の主義主張を隠そうともしないから違和感がもの凄いですね。お説教系の
作品にそういう側面は常に付きまとうものですが、露骨に主張しすぎた結果、物語と
して破綻してしまっています。

具体的には残された者の扱い。謳い文句どおり「残された者と残してしまった者の物語」で
あるならば、雪や俊哉によりスポットライトが当たらないとバランスがおかしくなるのに、
語られるのはハルの葛藤ばかりです。

次にスポットが当たるのがヒカリやミドリ。彼女らも確かに残された者ではありますが、
ハルの対向として立たせるべきキャラではありませんし、事実そのように扱われては
いません。雪と俊哉、ヒカリとミドリ。どちらがメインなのか狙いが散漫なんです。

ですが作者的には狙い通りの展開です。雪と俊哉、ヒカリとミドリ、その他モブに問題を
発生させてハルを悩ませ、主義主張のとおり導くのが狙いなのですから。
言い方を変えます。本作はサブキャラを生かす気がありません。主義主張のために脇役端役を
生贄にしているのです。


それだけならまだ納得もできました。すべからく物語は、多かれ少なかれ脇役を
踏み台に主役を立てるものなので。
最も気に入らないのは話のフラグ。ほとんどが死者固有のスキルに拠るものなんです。
祟りが原因でハルは自分を見失い、心を覗き見ることで解決の糸口を掴み、記憶を消す
ことで解決を図る。いわゆるジャンプ展開。卍解なんだとループ。あるいはイヤボーン
展開なのです。

友情努力勝利やアツい展開を基幹とする作品ならまぁ納得します。しかし本作は生と死、
残された者と残してしまった者の物語であり、人間性や死生観を問う物語です。なのに
解決の糸口をポッと出の新技で易々と掴み取られては納得などできよう筈もありません。
脳筋マンガだって修行ぐらいするというのに。

苦悩葛藤、周囲の助言など積み重ねがあってこそ、答えにも納得ができるもの。神様が
落とすアンチョコを使った回答では説得力があるわけがない。そして安易な解決方法を
使わないと伝えられない主義主張に、読み手が心を打たれるはずもありません。

作者の意気や良し。しかし意気込みが空回りして作品として破綻してしまっている。
私は本作をそのように評します。
幸いにも連作なので、最終話の内容次第では評価も変わる可能性があります。出来レースな
ハルの解決方法に合点の行く回答がもらえることを期待したいと思います。



蛇足
俊哉が公園で苦悩するシーンだけはとても良かったです。行動を起こす描写がなく
悩んでいるだけなのが勿体ないですけど。こういった描写がもっと挿入されていれば
本作への印象もだいぶ変わったと思います。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい50回くらい参照されています。