minorityさんの「ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1- 江戸急進派編 -Edo radical faction」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

忠臣蔵続編也。
プレイ時間は10時間程度。
ボイスなし。選択肢なしの一本道。
攻略キャラは表紙通り、安兵衛のみ。
エロシーンもこの人だけ。

今回の話はオリジナルだけど、相変わらず面白い。
前作でこの人はどうしてフェイドアウトしたのか、
本当はどういう思惑があったのか等、
立ち位置が変わり、前作ではわからなかったことや
理解しがたかった他キャラの思惑や真意を把握でき、
より感情移入出来てグッド。

新キャラは何人かいるけど、正直キャラが弱い。
旧キャラは偉大だった。
ただ、小平太は展開的に扱いが悪いね。
俺はちょっと好きになれなかった。

今回は、話がループしているので、主人公が強くてニューゲーム状態。
ただ、それゆえに頭の回転の悪さや行動の稚拙さがちょっと気になった。
後、前作同様に不殺顕在なので、そろそろ殺害解禁展開が欲しい。
不殺の甘ちゃんのくせに、俺が吉良を殺るとか連呼しててちゃんちゃらおかしい。
余談だけど、最初のエロシーンの無理やり展開は正直勘弁してほしかった。
ガキじゃないんだし、さすがに毒ネタはないでしょう。

ラストのパワーインフレ展開はご愛嬌。
某剣の力とはいえ、急に主人公強くなりすぎだろと吹いたけど
こまけーことはいいんだよって流した。

以上

次は、松之丞がメインヒロインか。
今までのヒロインとは強さ的な意味でも立ち位置的な意味でも一段弱いけど、大丈夫だろうか。

minorityさんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ

このコメントはだいたい299回くらい参照されています。