imotaさんの「拳闘少女有紀」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

「努力すれば…!諦めなければ絶対勝てる…!」「ならその幻想をぶっ壊すわ」とそげぶパンチの果てに芽生える友情。何てものはなく、よりリョナゲーに純化した内容でした。
普段は変態紳士として温厚な私だが、狼男よろしく時折サディスティックな欲望を滾らせる事もある。
最近のドM向けな傑作に心惹かれるも、久々のM-LAB.新作と聞いちゃ行くしかねぇ!

前作までプロレス題材で絵面的にはマイルドだったが、今回はボクシング、殴り合いでアンパンマン上等な紳士のスポーツ。
過激さは保障されたようなもんだが、エロを絡めるには難しそう。その辺をどう調理するのか、ようやく届いたチケット片手に観戦開始!

主人公は、先輩の導きで拳闘の世界に踏み入れた、努力が取り得な普通の少女。
だが、憧れの先輩がチャンプにボロクソにされた事で、夢を受け継ぎリベンジを果たそうとする。
そしてライバルのチャンプは、高慢サドなお嬢さまだが実力は本物で、悲劇のヒロインぶる主人公を嫌悪し、文字通り叩き潰そうとする。

○ 良かった点
・前作までの競技を隠れ蓑にエロ行為、ではなくガチ拳闘で、おっぱいやお股を愛撫するパンチなど皆無。
・パンチを喰らった瞬間の顔がカットイン。苦悶の表情が大写しで、段々と腫れぼってもいく。
・主人公がズタボロになるまできちんと描写。後半の負け展開にもバリエーションがある。

△ 惜しかった点
・頑張る主人公が最初から翻弄される展開はちと食傷気味。モブ相手に勝利してるが、チャンプ相手にももう少し善戦してほしかった。
・種目的に仕方ないが、プロレスに比べてシーン毎の変化に乏しい。競技に徹する分観衆の描写も少ない。
・テキストに対してCGの数が足りてなく感じる箇所がある。特にENDでの差分の少なさが残念すぎる。

× 悪かった点
・画面サイズがウィンドウのみ。全画面じゃないと没入してオナニーできないんだよ!

大まかにはこんな印象でした。

負け展開は、賭けに乗ってサンドバッグ、試合中心折れて引退するもトラウマ、粘った分苦しみ再起を果たそうにもフラッシュバック、
試合中にマゾに目覚めてしまい愛玩サンドバッグ化、と短いながらツボを押さえており、失神失禁KOが複数あるのも紳士的に良し。
特にマゾ展開は、ほかが純粋な拳闘の分、チャンプまでがガチサドに目覚める変態百合モードが、よりステキなギャップを生んでました。

しかし、前作までと異なって仮にもランク1位の挑戦者なのだから、やはり善戦してほしかった、その方がより落差が出たとは思う。
この辺は人次第かもしれないから、作者の好みならば仕方ないと思うべきなのかもしれない。
好みといえば、毎回嬲られる側の視点だが、幕間程度でも嬲る側の視点があれば、味わいが増えたと思う。

ここまで書いて、結構冷静な自分に気がついた。
何だろう、キャットファイトと俺好みのリョナはツボが違うんだろうか。露出エロがない分、興奮が足りなかったんだろうか。
正直、まだ開発途上の属性なのだ。これから色々な作品に触れる事で追々分かってくるのだと思いたい。

とりあえずコミックヴァルキリーでも読んで勉強するか…って路線変更してるじゃないですかやだー!

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1509回くらい参照されています。

このコメントは1人の方に投票されています。

H3O