Atoraさんの「同棲ラブラブル」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

実に人を食った、シニカルなタイトルだと思う。目の色が変わったのは、何もプレイヤーだけに留まらない。
       千夏は、

       花穂は、

俺の    つぐみは、   そんな死んだ眼をしていない!

       さつきは、

       奈々子は、




一部からは、そんな怨嗟の叫びが聞こえてきそうなゲームである。



 「いちゃラブなエロゲーと言えば?」と秋葉原のエロゲーマー諸兄100人に聞いて、
おそらく、そのうちの何人かが口にするであろう「ラブラブル」。その後日談を描く。



 同棲という大義名分の下に、イチャイチャしまくるバカップルたちの性活、
もとい生活を、ただひたすらに追いつづけるストーリー。萌えるというより甘い。
なんら加工していないドキュメンタリーを見るような感覚を覚える。
そのため、恣意的な見せ場や盛り上がる場面は殆どと言って存在せず、
仲睦まじい二人が、結婚への階段を足並み揃えて登っていく前途洋洋たる様が、
他愛のない会話や言葉の掛け合い、日々の暮らしと周囲の暖かい視線などから、容易に見て取れるはず。

いちゃラブを大いに謳っているだけあって、その自信の程は、単なる張子の虎ではない。
僕には、奈々子さんがしっくりきた(醸し出される雰囲気とシナリオが好み)ものだが、
5人のヒロインの中で、本編でも、いちゃラブに定評のあった花穂はやはり別格。
特殊な立ち位置によるものだが、彼女と同棲したストーリーの糖度の高さは、
そんじょそこらの萌えゲーを一蹴するほど甘ったるかった。

二次元におけるいちゃラブの真髄を知り尽くした人が作った、まさにいちゃラブ中のいちゃラブ。
各シナリオは、公式ホームページのコンセプト通り。看板に偽りはない。
CGには見逃せない粗があるし、さつき役の声優さんが変更となったのは残念だったけれど、
総合的な完成度の高さには舌を巻いた。

 

 さて、この作品で波紋を呼びそうなのは、予想だにしなかった濡れ場の展開である。
純愛の範疇にありながら、SMEEは自ら小骨を作った。鵜呑みにできないのである。
いずれのシーンでも、ヒロインが眼から光を失うのは、はて、いかがなものだろうか。

いわゆる、“レイプ眼”というヤツである。
この表現を苦手とするユーザーもいるだろう。
ましてや、純愛ゲー界隈では、なかなかお目にかかれない表現であるからなおさらだ。
かくいう僕は耐性があるのだが、それでも、この表現の多用には疑問を覚えたほど。

いちゃラブとレイプ目は、サンゴとクマノミの関係にはなれない。
視覚的にはアリでも、感覚的に共存できないと僕は思う。
レイプ目は、いちゃラブの一つのキーワードとなりうる“純愛”や、
“幸せ”の象徴として、機能しないとみるからだ。

 この表情を注視していると、寝取りや陵辱といった、
どこかダークな展開に見えてしまうことはないだろうか。
彼らの同棲模様を見て、エッチの部分だけは、“寝取り”に近い感情が胸中を渦巻いてしまった。
それは、“プレイヤー(多くは男)から見たヒロインの幸せ”をどこかに吹き飛ばしてしまい、
純愛ゲーにもかかわらず、征服欲が満たされるという、不思議な感覚を味わうに至った。
ジョークとは分かっていても、感覚がそれを受けつけなかったわけだ。

純愛と凌辱の要素が混在している上、“ラブラブル”という、いかにも純愛の響きが強いタイトル。
まさに、溢れんばかりのシニカルに満ちている。萌えゲーマーを皮肉っているとすら思う。
誰が言ったか、“凌辱ラブラブル”とは、これいかに。聞けば聞くほどおかしな響きではないだろうか。



思い返してもみてほしい。
この作品をプレイし終わった後しばらくして、記憶の引き出しから、
思い出として取り出されるものは何か。

あの眼ではないか。楽しい思い出とともに、あの眼が取り出されてしまわないか。
いちゃラブと銘打っているからこそ、僕はレイプ眼は記憶の箱から取り出したくなかった。
それを許さないあたり、実にSMEEは素直ではない。

作中にて、最も不自然で、最も作為的で、最も疑義を挟みたい部分は、まさにその一点に集約される。



♪描いてた夢があるの (オープニング)


否、僕にとっては悪夢である。



【雑記】
 髪形を変えられるのだから、
レイプ眼の有無も、カスタマイズできればよかったのに。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい2644回くらい参照されています。

このコメントは2人の方に投票されています。