minorityさんの「とある魔雀の禁書目録」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

これはイマイチ。
ストーリーモードと四人打ちあり。
難易度設定3段階であり。
今回は難易度関係なく、CG全部見れる。
イカサマや主人公・パートナーの能力強化あり。パートナー設定あり。
主人公はビリビリ・上条・一方の3人から選択。
ストーリーはいつもの如く無いに等しい。
声あり。前にも書いたとおり、元ネタ知ってるとかなり違和感あり。
こういう元ネタありの作品だと声優つける予算より
システム改良やCG枚数の方に力入れた方がいいと改めて思った。

CG・回想28(立ち絵・ED除く)
間違っても究極幻想麻雀やドラゴンマージャン2のようなクオリティーを期待してはいけない。
アンリミテッド・マージャン・ワークスや麻雀OGWars級。
しょうがないことだけど、究極幻想麻雀プレイ済みだとかなり物足りないなあ。
でも、麻雀のシステムはわりかし向上してる。
初手→役満連打の作業がなくなったことは、素直に評価したい。
今回もBGMが本編準拠になっててかなりかっちょいいです。
総プレイ時間は4時間50分です。
CGと対戦達成率のみ100%にしました。
難易度は安定のeasy。
でも、今回は役満連打なくなったから
easyじゃなくてもよかったかなと、終わった後に思った。
アイテム達成率は37.5%です。
いや、CGやエロ系の報酬がないと、さすがにモチベもたないです。
ちなみに俺は黒子が一番好きです。

minorityさんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ

このコメントはだいたい773回くらい参照されています。