minorityさんの「鬼哭街」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

85鬼哭街
声追加やグラフィック一新、演出強化、3D追加等、無印から大幅に進化して鬼哭街が帰ってきた。
シナリオやテキストはほぼ変化なしだけど、それでも無印とはもはや別物だった。
まず、声優が豪華。ベテラン勢ぞろい。
特に井上さんと速水さん、芳忠さんの声は何回もリピートしたくなるレベル。
原画は15禁の癖に、無印より絵が艶かしくてエロいから不思議。
女性キャラは軒並み可愛くなってる。
中央東口さんの絵ってこんなにエロかったっけ?と思うくらい。
プロペラで原画やった作品より、鬼哭街の原画に魅力を感じたのは俺だけか。
まあキャラ愛補正が入ってるかもしらん。
戦闘シーンも追加の新規カットありでぬるぬる動く。
効果音もばしばし鳴るので、臨場感が増して非常にグッド。
エフェクトも多様。
斬撃のカットだけで何枚あるんだって思うくらい豊富。
空間の奥行きを上手く使ったバトルは見ごたえあり。
特に、対元兄弟戦の演出は動画を見ているような感覚で見れた。
後、空中戦の移動や着地シーンの演出にはたまげた。
戦闘シーンでの演出やCGの入れ方、画面転換や暗転の使い方が上手いなあ。
追加のアサルトギアの3Dは圧巻の一言。
背景だと思ってたら、いきなし動き出して吹いた。
ヴェドゴニアのマスクやそに子、ハロワの車等の小ネタもあり。

本編意外にオーディオコメンタリーも付いてくる。
収録時間は約2時間。
虚淵さんや東口さんが登場。
ゲストにはでじたろうさんやジョイ、グラフィッカーさん、他等も登場。
製作秘話やネタ、製作陣軒並み登場等、聞けて面白かった。
虚淵さんの美声に痺れた。
話は衝突オチに吹いた。
後、ED変更の裏話は奴をぶっ殺したかっただけに、
俺的には変更しない方を見たかったなと。
と言う感じに、このほかにも色々製作陣がぶっちゃけて語ってます。
アクチが玉に瑕だけど、それでもこれで3990円は安いな。
これは良リメイクだった。
無印のプレイの有無にかかわらず、やってもらいたい作品。

以上

余談だけど、俺はあに様も好きだけどそれ以上に敵役の劉豪軍が好きです。
あに様は主要人物の中だとぶっちゃけ一番常人だからなあ。劉くらいの狂いっぷりがいい。
劉豪軍が主人公のゲームをやりたいくらいだ。

minorityさんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ

このコメントはだいたい717回くらい参照されています。