imotaさんの「女装山脈」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

「同性愛はいかんぞ!非生産的な!」と言われたのも、今は昔。お山の向こうには完全無欠な男の娘達がいたのだわよ! 山は険しいけど崖じゃない。千里の道も一歩から。さあ、共にこの男の娘坂を登ろうじゃないか。
いやー、ヤバかったヤバかった。
体験版で高地トレーニングしてたつもりが、あやしいキノコを食べてただけで、見事に登山日に遅れてしまいました。
ていうか何でこんなに男の娘好きがいるんだよ!予約特典ないから地元で買おうとしておちんちん難民なんて冗談じゃないよ!

ようやく村に着いたら着いたでまたヤバい。
男の娘の裸立ち絵だけでご飯三杯イケる、変態マゾな私が御使い様になった日には、どこかの国会みたく全然進行しないよふぅ・・・
まあガチな人間としては更なる欲求はあるのだが、今はただCAGEの後継者が現れた事を喜びたいです。


作品の長所を挙げると、間口の広さとバランス・居心地の良さですね。
原画のぺんた氏は、最近は絵柄も安定して訴求力も上昇。生粋の男の娘好きらしく、ショタでもロリでもない絶妙さが良い。
受け⇒和姦なシナリオはいつもの脳内彼女だが、同性愛というハードルの高さが主人公のヘタレさを中和している。
そしていつもの意地悪な女の子ヒロインズがいないので、不自由ながらも快適な田舎性活を過ごせます。

ヒロイン達も、性格・立ち位置ともにきちんと差異がある。
史緒は、昼は淑女で夜は娼婦な、ちょっぴり黒いカリスマ巫女。積極的なご奉仕に、洗脳するような丁寧口調がヤバい。
静樹は、二人より頭ひとつ低い、無邪気で活発で弄られ役なお子様。エッチも基本無邪気だが、時折艶やかになるのがヤバい。
由良は、唯一外の社会常識を持った、性悪女王様。デレるのはお約束。由良様にとことん責めてほしがる駄目な下僕ばかりでヤバい。

3人ともに女装、卓越した性技持ちなのは、村に残る風習で、各ルートの話にも絡んだ意味のある設定。
男の娘との子作り、という冗談のような設定は冗談ではなく、ツイ☆てるの宙以来の異形もとい偉業なのだわよ。
攻略は簡単だが、シナリオ的に静樹⇒由良⇒史緒の順が良いかと。全クリ後は、ねんがんの男の娘ハーレムをてにいれたぞ!


エロは、わざと卑語を言ったり、エッチな想像を煽ったりする、言葉責め主体の受けで安定している。
性技も相変わらず巧みすぎるが、今作は主人公が包茎なので、快楽への防御力の低さに説得力が増している。
声で男の娘役の再登板が多いのは、個人的に良し。おちんちんが目立たないモザイクなのは、非常に残念。

シチュは、手コキ・フェラ・セックスは全キャラ標準装備。
男の娘乳首を見て、見せられて興奮してしまうシーンが多いのは、幼なベのあさひにKOされた俺に良し。
ハッピーエンドでボテ腹セックスは、ニッチすぎて最高だ! でも肝心のお腹が目立たないCGが多いのは残念。
バッドエンドで爛れたセックスに耽る程度は、正直物足りなかった。この辺の事はまた後述します。

史緒のフェラは舐めだけなのが残念。逆にフェラする方は大興奮。姉弟プレイは甘やかせヒロインの真骨頂。
静樹とのおちんちん相撲な兜合わせは、やはりモザイクが。ショタ好きとしては裸立ち絵が一番ヤバい。雨宿りで着替えとかもうね。
由良は、足コキや尻・パンツコキや69などでおちんちんが目立つのが嬉しい。腰浮かしオナ・アナニー覗きの中断が悲しい。


既に登頂した同士も指摘した、逆アナルが舐めすらなかった事は非常に残念だが、考えさせられる事でもある。
逆アナル自体は、毎作でないにしろバッド展開にしばしば混入し、ドMな人々の喉を潤してきていた。
だから、製作者がその気になれば実現しただろうが、男の娘オンリーのリスクと交換にマイルドにしたように思える。

同人でなく商業で活動する以上、趣味に歯止めをかけて、利益を出す形にする必要がある。
買い手は、男の娘に少し興味ある人、逆アナルは勘弁な人、ショタスカ大歓迎な人と多様だが、ニッチな需要は当然少ない。
片方は濃いのが1つあればいいやと期待するが、片方は1つあるだけでも嫌と回避する。

今までバランス感覚の良さで、マイナー属性メーカーとして生き残ってきた脳内彼女に、何を求めるか。
魔物娘ブランドとして成長した、系列のVanadisにも同じ事は言えるだろう。
私もより過激なエロを求めるひとりだが、ノイジーマイノリティにはなりたくない。二律背反ですね。

幸い、今作は売り上げも評判も良いようなので、単なる一山に終わらない予感。
だから、史緒さんが語ったよりディープで素敵な未来が実現する事を巖神様に祈って、私も布教活動に励むのです。
その結果、黄色い救急車を呼ばれ、白い密室に閉じ込められる羽目になっても構わない。

「男と男の娘はHできるんだよ!」

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい1997回くらい参照されています。

このコメントは1人の方に投票されています。