minorityさんの「ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1- 假名手本忠臣蔵編」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

忠臣蔵パロって珍しいね。
プレイ時間は10時間程度。
ボイスなし。
攻略キャラは表紙通り、御城代のみ。
エロシーンもこの人だけ。
演出は○。
戦闘時は斬撃描写を多用。
立ち絵もぐりぐり動いてグッド。
戦闘は、テキスト描写で表現するのではなく、演出で魅せる場面が多い。
類似ゲーをあげるならクロスネットのAYAKASHI。
戦闘シーンは勢いで押し切るので、
緻密な戦闘描写を好む人は合わないかもしらん。


そういえば、同じような歴史のパロ系って
ぱっと思いつくだけで、

新選組はりんかねーしょん、行殺☆新選組、学園☆新選組
三国志は恋姫無双、三極姫、三国恋戦記
戦国は戦国ランス、戦極姫、戦国の黒百合、戦国魔姦

等々、結構ある。
でも忠臣蔵のパロって見たことないよね。

ついに忠臣蔵までエロゲー化したかと思うとなんだか胸熱。
そんなわけで原作ベースの仇打ちゲーです。
萌えあり、笑いあり、燃えありと同人とは思えないクオリティーでした。

個性的で魅力あるキャラ達が多くてグッド。
テキストもすらすら読めて飽きがこない。
シリアスとコメディが場面ごとに、きっちりわかれていて大変よろしい。

何より現代から異世界にいってしまう話で、主人公が強いというのは貴重。
恋姫みたいな種馬主人公じゃなくてよかった。
話は特に問題ないけど、
主人公が人を殺す覚悟や決意、殺害後に葛藤するシーン等、
あったほうが俺は好きかな。
不殺って、ご都合というか甘いよね。
そこだけ残念。
まして討ち入りするのなら、
人を殺す覚悟ってのがやっぱり欲しい。

以上

これは面白い。
ちなみに、俺は新六さんが一番好みです。

minorityさんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ

このコメントはだいたい187回くらい参照されています。