imotaさんの「侵蝕3 ~淫魔の生贄~」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

多様な触手とのハードな逢瀬ときどき肉体改造なシリーズ新作。今作はメインとサブが構成変更、露出・超乳・アヘ顔・アナル・マゾ触手が増加、ふたなり・モン姦・機械姦が減少。自由で平等で博愛の象徴たる正統派触手故に異端なのだが、逆に触手入門向きたりえるかと思います。
また脇道からの話ですが、クラシック音楽入門用なベスト100シリーズとかありますよね。
私も趣味人を気取って買ったものの、どうもピンとこない。こんなものかと思いつつ初心者向けでない曲を聴いたら大ハマり。
以来、口当たりが良いよりも思いっきりガチな作品の方が、その方面に疎い人には効果的ではないかと考えています。

ではガチな触手と何なのか。一言でいうと、気持ち悪さと気持ち良さのみを抽出した存在だろうか。
不定形で粘着質で不気味な姿。メスを犯す以外は不明瞭で、固体と全体が共有している意識。人間には不可能な快楽、改造能力。
読み手の没入の妨害要因ともなる主人公は存在せず、ヒロインが差別なく犯される、ハーレム化の終着点=あずまんが的な世界。
それがTANA先生が自由で平等で博愛を力説する訳で、序ノ口先生がデビルアネモネを描いたのは偶然ではなかったんだ!

本シリーズは触手メーカーTOUCHABLEの中でも特にその傾向が強くて申し分ないが、最大の欠点は孕ませ出産が少ない事。
そこを補えば90点はかたいのになぁ。まあその辺はTinkerBellや故ぴんくはてな⇒BLACK LiLiTHのZEQU作品で補うか。
あと逆に口当たりが良い触手とは、誰かに使役されるorよくしゃべる拘束係・肉バイブ・ちんこ男優タイプで、大体低評価です。

前作との変更点
エロ漫画の長編と同じ様に、エロゲーも3作目となると不可避なマンネリ化にどう対応するかが重要になる。
基本路線は変えず味付けを濃くするか、2作目でバージョンアップは果たしたので路線転換するか、もしくはその中間か。
今作は前者寄りの作りにし、おそらくふたなり好きやアヘ顔嫌い以外には満足できるものになったと思う。

モン姦はこのシリーズでの需要は高くないだろうし、機械姦は大掛かりな器具はなくなった代わりに電気アンマが活躍。
アヘ顔は描き慣れない感はあるが、元々の絵柄を壊す程ではなく、テキストや声に近づいた分受け入れ易いかと。
ふたなりは一時的に生える3シーンのみ、名物オウンゴールなしのがっかり仕様だが、吸引&肉布団オナホは良い感じ。

メインとサブの構成は、前作までメイン+サブ×2だったのがメイン×2+サブに変更されている。
前作まではメインは触手・サブは超乳ふたなり中心だったが、サブのはっちゃけぷりに比べてメインがいまいち地味なのが残念だった。
今作はサブに割り振っていた属性をメイン姉妹に充てる事で、触手調教にメリハリがついたのが大きい(妹は結構偏ってるが)。
ボリュームも(5レベル×4形態×2パターン+EX4+勝利幻夢H3+敗北H3)×2人姉妹+αと大増量かつ段階があり、ちんこが痛いです。

改悪点はディスクレス不可になった事。手軽に使いづらくなるので出来れば戻してほしい。
いくらプロテクトを強化しても結局は突破されて、不便を被るのは正規に購入した人というのは今更ながらやはり変な気が。

キャラ・ストーリー
どちらもシンプル。魔術師の家系に生まれた、父想いで生真面目だが魔術の才に劣る姉、姉想いで巨乳ボクっ娘な魔術の才に秀でる妹。
変わり果てた父を戻そうと、謎の転入生幻夢から禁忌の契約をする姉。それを止めるべく同じく契約をする妹。
もはや戻る事叶わず、触手の与える魔力と快楽に堕ちていく2人。プロローグが終わると魔術対決以外はほぼエロ三昧。
普段の姉妹はデンプレ以上ではないので、エロとのギャップで生きてくる感じ。姉の頑固さは何となくセリカを彷彿させる。
幻夢先生はロリ化最高だが、エロも強キャラは微妙かも。しかし妖艶キャラが随分と落ちぶrいえ人間的になって素敵ですハイ。

エロ
とにかく多いので調教シーンは系統別で題名のみ。上4列が姉、下4列が妹。
姉は地下室で基本触手相手。拒否反応が快楽で塗り替えられ、愛情すら育っていき、段々自分が主でなく奴隷だと自覚していく。
妹は学校で幻夢相手も結構あり。触手との逢瀬感は少なく、幻夢とのやり取りの方が印象的。妹の変態振りはそれ以上だが。
EXは特定条件を満たすと見れるシーンだが、特にヒントはないので素直に攻略情報に頼った方が無難かと。
・性交(EX触手フェラ)⇒触手輪姦(EX双穴責)⇒多連装触手⇒三穴責め⇒孕ませ
・アナル⇒アナル拡張⇒アナル吸引(EX多連装アナル)⇒貫通⇒アナル出産
・乳首吸引⇒クリ吸引⇒巨根ボテ腹⇒フタナリ吸引⇒全穴脳姦
・スライム⇒蟲風呂⇒巨大ナメクジ⇒四肢飲込み(EX肉部屋)⇒肉塊とフタナリH
・パイズリ⇒搾乳浣腸(EXアナルファック)⇒授業中乳首オナニー⇒ニプルファック⇒ニプルフィスト
・露出バック⇒トイレ恥辱責め⇒野外放置1(EX露出オナニー2)⇒野外放置2(EX露出オナニー3)⇒全裸登校
・電動歯ブラシクリ責め⇒電マ二穴愛撫⇒電マ子宮挿入⇒電マピストン⇒露出電マ
・媚薬焦らし(EX露出オナニー)⇒子宮拡張⇒尿道ファック⇒魔力暴走超乳化⇒拡張耳姦

姉敗北は触手スーツ着用で露出が主で、ファン向けに触装天使コスも。妹敗北はふたなり姉攻め以外は普通の触手。
触手調教では姉妹は絡まないので、折角の対決後くらい姉×妹、妹×姉のお仕置きタイムにしてほしかった。
幻夢は触手の本当の主なので、頑張って犯すもお釈迦様の掌。結構夏姫を気に入ってるらしく、お馬さんごっこや足挿入したりも。
ENDは4つで姉・妹・姉妹・幻夢がそれぞれ堕ちるEND。驚異のしぶとさで父との本懐を果たした姉にセリカの面影を見ました。

ツボなエロは黒井氏担当と思われるアナル全般。生真面目故に背徳感も大きく、初回・2回目で堕ちる様をねちっこく描写。
そして直接ブツ描写はないがまさかの排泄物吸引。魔法少女アイ2とは異なり無言で咀嚼、嚥下=排泄絶頂なのが実に良い。
惜しかったのは脳姦。イマラチオと混ざって純粋に楽しみづらく、アヘ顔も声もとことん無様にしてほしかった。

妹の拡張耳姦も極太触手ファックが混ざってくるのが残念。こっちの方がアホっぽくて良いが、幻夢攻めなのは注意。
妹露出は制服が幻術で解けたりするのが良い。ただ幻夢のフォローで緊張感は低下。はっちゃけた後半は超乳化してるので注意。
超乳も悪くないが、絶望師の乳まんこ穴くぱぁの方が衝撃的だった。どうやらニプルファックの方が好みらしいです。

エロ全般では、アヘ顔の分だけ差分が増えたのは喜ばしい。それでも他メーカーに比べれば相変わらず少ないが。
AEアニメは2シーンのみ。悪くはないが一枚絵でも問題ない気が。おそらく将来を見据えて実験的に導入したのかな。
声は全員問題なし。姉の喘ぎが少しゆっくりなのが気になる程度か。幻夢の声変更はロリ化してるので気にならなかった。

長々と書いたが最後なので告白すると、いかにもシリーズファンっぽく語りながら、実は侵蝕2未プレイですごめんなさい。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい6661回くらい参照されています。