Medotsuさんの「D.C.I&II P.S.P. ~ダ・カーポI&II プラスシチュエーションポータブル~」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

相変わらずこのやりかたで勝負できるのが凄い。
当初d.cⅡの発売情報が出たときなんじゃこりゃ?が第一声だった
52年後とか一気に舞台飛びすぎだしキャラの絵は違ってるし大してピント来るキャラいなかったし
まあ2匹目のドジョウはいないだろうなと。
だが意外にも高い評価を得て1と同様にリメイクが出される。
またもヒロインが倍になりよくこんなん二回もできるなと感服しd.c.Ⅱ.p.sをps2で購入したのだ。
だが元からモチベが大してなかったから30分やったところで積んでしまったのだ。
そして時がたちこれが発売。携帯ゲームならテレビ起動しなくていいからやる気出るかなと再び購入。
メーカーにいいように貢がされてる自分に呆れながらもとりあえずプレイ。
事前情報でも分かっていたのだが前作の設定を焼き増したものがかなり多い。
ことりーななかの心読む設定。美春ー美夏のロボットの設定。和泉子とエリカの宇宙人設定など。
だがじゃあダメかというと全然そんなことはなかった。
ななかはバンドの人間関係が主題だし、美夏はロボットと人との関係ということで更に世界観が広がっているし、エリカは王道のツンデレが兎に角可愛い。
エリカだけストーリーと関係ないが事実凄く可愛いから仕方ない。
声優が釘宮で金髪ロングのお嬢様の王道のツンデレ、しかも焼きもちやきの寂しがりやともうドストライクの属性をことごとく詰めこんでくるものだからこれはたまらない。モテモテの義之にやきもきしながら裏では国家レベルの陰謀が繰り広げられるなどストーリーも悪くないため作中でトップクラスに好きなヒロイン。
個人的にこれに匹敵するのがななかと茜とアイシア。
やはり白河性が強いのは言うまでもなくことりほどではないにしろひけをとらないくらい可愛いと感じた。
茜は元々好きなキャラなのだがリメイク前は攻略できないキャラ。こんなサブキャラがいる時点でリメイクの制作も意識していたのだろう。
アイシアはアニメからの逆輸入ヒロインだ。アニメでは余計なことをしてことりを悲しませるという残念な役回りだったがⅡでは良いヒロインをしていたと思う。なお、全年齢作品のためぼかされているが最後までやっちゃった描写がひそかにあるというおそらく唯一のキャラ。
また、最初は微妙かなと思った杏もルートやると普通に可愛いなと思ったし、ルートは短いけどくの一の忍とかも好きだった。正直二番煎じで終わるかと思ったがこの辺は流石である。

ちなみにじいさんになった純一も登場するがこのパターンは非常に珍しくこれを除くとアリスソフトの大帝国の帝ルートの東郷くらいなもんだ。かったるいの口癖はじいさんになった今は個性が薄れてて時の流れを感じさせた。

全体的に1に続いて高評価。だが1の時もそうだったがヒロインの数がかなり多いため攻略に相当時間がかかる。
しかも1より更にヒロインが多い。フルコンプすると相当である。
だが多い分には特定のキャラだけやるという選択も出来るしボリューム不足よりはよほど良いだろう。

また恒例の曲も素晴らしい出来。
Especiallyが特にお気に入りで本当に素晴らしい曲だと思う。

曲芸商法と揶揄されるがその元となる商品価値は間違いなく高いと言える

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい52回くらい参照されています。