minorityさんの「うたてめぐり」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

無難の一言。それゆえに物足りない。
パッケージのストーリー紹介が第1章の内容だったから、てっきりメインヒロインは恋花(カレン)だと思って、わくわくしながらテキスト進めていたら御覧の有り様だよ。「化け物が人間のふりして気が済んだ?」の文句に心煮えたぎったけど、やってみたら一番wktkしたのは序盤の屋上での邂逅イベントだった。悲しい。

記憶を転生してループするストーリーだから、実は由衣音のみがヒロインでサブヒロインが空気扱いでスルーされていくのが残念だ。
メインヒロインが好きになれなかったり、サブヒロインが魅力的だったりすると、ストーリーが相当よくなければこの構成は博打だと思う。

また、燃えに期待するとがっくりするかもしれない。
ほとんど燃えないので注意。
第一に主人公の役者不足。
主人公が終盤まで一般人に毛が生えた程度なので全く燃えない。
というか中途半端な能力のくせにことあるごとにでしゃばるから困る。
類似キャラを挙げるなら11eyesの駆や月染等。
ただ、3章の過去話で主人公が爽になってから、実力や言動がわりとまともになるのでそこからは許容範囲だった。
第二に絶対的悪役の不足と共存論の成立。
作品を通して鼻につくのが、主人公がことあるごとに説く共存論。
俺の考えが捻くれてしまってるのかもしれないけど、やたらと共存論を説いて結局和解する展開はいただけない。
話せば分かるキャラばっかりで絶対的な悪役が居ないので、燃えゲーとしては完全に不完全燃焼。
清十郎あたりは実力的にどう考えてもダントツで、最強中二キャラなんだから、もっとシナリオに絡んでくれといいたい。
後、カンナギの最強兵器の巫女さんも影薄すぎ。
いやカンナギ、オルガ、異人と三つ巴の設定だから、ここからどんだけ話が膨らむのかなあと期待してたら、単なる内輪もめで終わってた。
章ごとの話が独立してるから、キャラが使い捨てになっていて非常に勿体ない。
過去話はわりといい話だけど、現代編が薄すぎてやっぱり物足りない。
それと過去話も戦闘多いけど、どれも燃えない。あくまでストーリーを楽しむのなら読めるというレベル。
第三にテキスト微妙・CG・演出不足。
CG不足でテキストだけでは分かりづらいシーンが多い。
演出も不足。なによりテキストが微妙。
例出すなら、紫電とかヘリオトロ-プレベル。
後、この絵師は燃えゲーにあってない気がする。緊迫感が足りない。
シークレットゲームはわりと燃えたんだけどな。
健速氏のおかげだったのか、設定の勝利だったのか。
そんなわけで、燃え要素はほぼ皆無。

ストーリーはわりと読める。
転生を繰り返して最後に又出逢うエンド。
ありきたりというか無難だけど、さっくり読めるレベル。
ただ、最後に主人公が「転生を繰り返してるけど、この時代の俺は俺だけで、由衣音もそうなんだ!」とか力説してたけど、結局時代改変で由衣音が異世界に去った時代での主人公は由衣音と再開できてないよね。
そこらへんがちょっと気になった。

エロは微妙。
恋花、琴子、由衣音。一回ずつのみ。
というかクリア後の声優コメントを回想枠に入れないでくれと言いたい。
回想枠が異常に多いから期待してしまった。
にしてもリベカとカレンのHがないのは無念すぎる。
最強巫女さんと過去編の巴、カンナギ姉妹とかもHシーンほしかったな。
エロに期待はしてなかったけど、あまりにも少ないので気になった。

キャラは魅力的なヒロインが多いんだけど、描写不足、出番不足、異人の葛藤描写カット、いらないキャラもいる。
現代編があまりにも残念な出来だ。
清十郎さんの暗躍不足、リベカの心変わりのひどさ、カレンさん活躍不足、聖不要等、色々と問題あり。
後、何気にパワーバランスがひどい。
清十郎無双のはずなのに、3章でリベカやカレンに、なんで、てこずってんの?って思った。
後、最終戦で零が「次元干渉能力の威力は由衣音の一千倍、一万倍の力がある」とかいってたのには吹いた。
嘘つくなと。そんな威力あったら、主人公なんて速攻消し炭だろと。
他にカレンさんがダントツでかわいいのにあの存在の薄さには泣いた。
カレンさんがメインヒロインじゃないどころかHシーンないなんてそんなのってないよ、あんまりだよ。
主人格の恋花なんか全編を通して空気だし、もう少しどうにかならなかったのだろうか。
プレイ後に冷静になって表パッケージ見返したら、カレンさんが存在していないことに一番吹いた。
というかこのパッケージおかしくないか?
表パッケのリベカ、焔、巴は攻略不可、Hなし。カレンさんはまさかの場外。そしてストーリー紹介はなぜか第一章のみ。
裏は、恋花、琴子、由衣音。
これカレンがメインの現代の学園異能バトルものと勘違いするよな。
なんというトラップだ。気づくべきだった。
OHPをしっかり見とくべきだった。よくみたら3章の説明が裏パッケの宣伝文句だから、由衣音メインヒロイン確定だったのか。
残念。

以上

俺はカレンさんが真ルートのヒロインでHシーンありの話をみたかったんだけどな。

minorityさんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ

このコメントはだいたい2117回くらい参照されています。