残響さんの「らぶでれーしょん!」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

SMEE出世作。この作品から早瀬が加入したことにより現SMEE【イチャラブの帝王】かつ【愛すべきB級】が確立したが、そんなことよりもみみみ先輩は嫁であり、千歳は再会型幼馴染の極点のひとつである。あと、アナログ&オールドスクールライクなゲーム性


smeeというメーカが、らぶでれ以降、いちゃラブ系メーカの絶対的信頼を、界隈において確立したことは、もはやいうまでもなかろう。

というか、twitterでエロゲマあたりのツイートみてると、ふつうにプロフのとこに、ゆずやクロシェット、八月と併せて「smee」という文字列が入っているとこに、smeeものし上がったもんだな、というのに、今昔の感が耐えない。

わたしがらぶでれをしようと思ったのは、2009年のましろ色前夜、ニチャーンネルのイチャラブスレで、ましろ色に対する異様な高まりがスレ内を支配していたころ、ジョーカー的に「らぶでれめっちゃいいぜ!」というのが、まことしやかにささやかれたこと。

当時、我々は、「ほんまか?」みたいに思っていた。
なんてったって、新興メーカー……それまで二作出してても、どうもぱっとしねえ感あふれるメーカだったから(後年、SMEE代表宅本氏は、この時期のことを、「クソゲー量産」と述懐してたらしい)。

しかし、このゲームをプレイした連中の、異様な熱気があった。
この月の本命はましろだったのだが、らぶでれやってもう満たされてしまった、的な発言まで。

ましろ色でもって、イチャラブ系の破壊力、癒しパゥワーを存分に味わったわたしは、「次」を求めた。
その一貫が、この批評空間のマルセル氏のしとろんソフト系レビューであったり、そしてらぶでれレビューであった。

まあそもそも、なんかあふれるB級感があったのも事実だ。システムにはずいぶんとこってるらしかったが、しかし絵もレベルが高いとは……(ちなみに、たまたまみみみ先輩の絵師を、地味におっかけていたから、わたしはこのゲームをとった、ともいえる)

でもプレイした。

速攻ハマった。

テキストセンスが異常なのだ。
というかテンション。

よくいわれることに、らぶでれの掴みは悪すぎる、というのがある。
冒頭しばらくは、野郎どものどうしようもないオバカトークなのだから。ヒロインでてこない。

でもヒロインがでてきて、主人公(主人 公)はそれを攻略していく。

ある意味において、このシステムは新鮮であった。

90sにおいては、エルフのナンパシステムに代表されるような、「こっちから好感度をあげるためにアクションをしかける」というのが、昨今のエロゲでは、どんどん少なくなっていったからだ。
ためしにましろ色と比較してみればよい。あのゲーム、選択肢5つくらいしかないから。ただのルート分岐だから。

じゃあ、このゲームが、女の子を落とす、肉食系のゲームか……?
ぶっちゃけそれを言えば、最新作フレラバでもその要素はある。
が、このメーカは、その男根主義的なアトモスフィアを、絶妙に回避しているのだ。

そのカウンターバランスとして、ギャグがある、といってもいいだろう。
男子クラスの狂いぶりに関しては、もう言が尽くされた感があるが、それでもこの連中の濃さは異常である。

かてて加えて。
主人公じたいが、きわめてバカやるタイプのガイキチだというのがある。
下半身で考えるのではなく、おかしな思考形態でもって本能的に行動する……ヒロインをいじる。友達の野郎どもをいじる。

はっきりいって、ときたまヒロインを食う位の存在感があるのが主人 公なのである。それはラブラブルのハルくんでもって、さらに昇華された。


……そんなこんな、「楽しいB級エロゲ」がらぶでれである。

え? ヒロインのこと、ぜんぜん語ってない?
うん……まあ、長文がすぎるから、このへんでね、みたいなこともあるけど、
でもね、こんなサブ要素がいっぱいありつつも、このゲームは「イチャラブ金字塔」と評価されてるのですよ?

それだけ、イチャラブの濃度がすげぇ、って、解釈してくれたら嬉しい。
できたら、ラブラブルやフレラバをプレイして口から砂糖はいたら、このゲーム(たしかもうDL版あったはず)プレイしてくれると嬉しい。

……smeeのイチャラブは、この時点で完成されてるから!

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい943回くらい参照されています。