h24hさんの「触尻! ~澤尻姉妹痴漢物語~」の感想

大後悔時代。
廉価3Dアニメ。痴漢モノ。
他の廉価ゲー同様、なおざりなシナリオでオカズ以外に用途はない。
しかしながらその唯一の使途さえ満足にいかない。

ウリというか金を払う対称そのもののHシーンは
いくら廉価ゲーと言ってもソリャねーだろというくらいしょっぱい。
重力や質感を感じさせないプレステ初期のような人形劇的アニメーションでちょっと抜くには厳しい。加えてループも短くアニメのパターンも少ない。

おおまかな流れは最初から完全に開発されてる姉妹二人を類稀な主人公のテクをもって痴漢するという胸躍らない展開。
ちょっと触っただけで感じてしまう・警戒心ゼロで痴漢と会話までしてしまう・別に弱みを握られてもないのに逃げない…という痴漢がいのないターゲットだが裏を返せば手軽であるともいえる。
そして従来の痴漢ゲーよろしくセカンドコンタクトにはフェラだのクンニだのを敢行するが周囲にはまったくバレないお約束進行。
―とまあ、どうにも痴漢色の薄い内容でエロシチュとしてもイマイチ興奮度に欠ける。

賢明なユーザなら絶対に買うべきではない駄作だがタイトルだけは面白い。
同じ読みの名前を持つ某芸能人をヒロインのモデルにしており、痴漢の象徴であるオシリタッチとも引っ掛ける馬鹿らしいダジャレ。
モデリングやゲームタイトルをダジャレで決めてしまうあたり、このゲームに対するスタッフの雀の涙ほどしかない意気込みがヒシヒシと感じられるが、ぶっちゃけタイトルで笑ったからポチった私も同罪である。

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ