solemnさんの「智代アフター ~it’s a Wonderful Life~ Memorial Edition」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

智代が好きなら、アフターの展開も許容できるだろう。ただ、あの結末の必要性は本当にあったのだろうか?
プレイ時間10時間程度
序盤のギャグのキレ具合は抜群でした。可南子登場からもグングン面白くなる
一色ヒカルさんの演技はこれ以外の適材がいるか?というぐらいに声優変更に違和感がなく
フミオ絵も、これはこれでアリだなーと思える程度に。エロいしね

が、問題はアフター。これはちょっと……。
賛否両論出そうな終わり方っていうか、まぁ賛否両論出たから加筆修正されたんでしょう
でも私は逆に、加筆修正のせいでこのアフターシナリオが楽しめなくなったかもしれません

ターニングポイント(この場合悪い意味ですが)は、春原の友情出演シーン
「僕はこの街に帰る場所をなくしちゃったんだね……」という描写から
朋也が死んでしまったら、可南子や鷹文はもちろん、その他CLANNADで交友関係にあったキャラクター全てが報われない
私はCLANNAD自体そんなに好きってわけじゃないんですが、クリアするに当たって、春原という存在に多く救われた面があります
春原が居なかったらコンプ不可能だっただろ、と言えるレベルに
そんな春原のあんな描写を見せられちゃうと、易くても構わんのでGOODENDを期待してくなるわけです

で、最終的には朋也は記憶は取り戻すが、リハビリの甲斐も虚しく他界してしまいますよね
失うこと、乗り越えること、その強さを得て、人を救う側に回る智代を描いたのが本作だと解釈しましたが
本当に朋也が死ぬ必要性、というのはあったのか、と思うわけです
人生の遥かな高みへと、人の死を乗り越えることで得られる経験値は莫大だと思いますが……。

私が望むのはGOODENDでしたが、麻枝氏も考えてこのシナリオを作ったんでしょうし
CS版で加筆を加えて結末が変わらないのであれば、これが麻枝氏のベストアンサーなんでしょう
安直なGOODで締めても、それはそれで賛否両論になると思いますしね

というわけで、私の中で智代アフターという作品は「麻枝氏の手がけたCLANNADの二次創作作品」という位置づけとすることにします
こういう未来も、あったかもしれない。
Light Colorsという曲と巡り合えただけでも、儲け物だったと考えましょう

以下システム周りとか
主人公フルボイスってのは流石ですね。CS版だけある。CLANNADをプレイしてる時も「主人公フルボイス化すればいいのに」って思ってたので、これは素直に嬉しい
ただ音声が割れてる部分が多い。某キサラギほどじゃないにしろ、たまに酷いものがいくつか…。
メッセージウィンドウはオシャレでよかったと思います。
全体の尺の短さも気になりますが、これ安いので(私は2800円で購入)あんまり気にならないかな?
エロ入ってる方が軽くプレミア付いてるので、選択肢がなかったのも事実ですがw
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

solemnさんの「智代アフター ~it’s a Wonderful Life~ Memorial Edition」の感想へのレス

solemnさんはじめまして。感想読ませていただきました。

私はこの作品のテーマが「人生の宝物と共に智代が得たものは何なのか」だと思っています。

物語の終盤、智代は記憶をなくした朋也とのやりとりのなかで永遠の愛(=人生の宝物)があることを確信してそれを手に入れることができました。
その後朋也の手術が成功して皆が幸せになり、大団円を迎えてHAPPYENDというのも一つの終わり方ですが、
麻枝氏がそうしなかったのは「智代アフター」を智代の物語として終わらせ、作品のテーマを重視したかったからだと思います。
それを象徴しているのが、最後に智代がタイプライターでメッセージを打つシーンです。
このシーン(と歌の歌詞)から私は

・朋也が死んでも彼に対する智代の永遠の愛が決して揺らぐことはなく、一人で生きていく糧と強さを智代は手に入れていた。
・短い間だけでも朋也と共に生き、永遠の愛を手に入れることができた智代は幸せだったし、それがある限りこれからも幸せなんだろう。

このように感じましたし、この智代の成長がテーマに対する答えなのかなと思いました。

だからこういうメッセージ性(私の勝手な解釈ですが)を持たせるためには朋也は死ぬ、あるいはそれに近い状態である必要があったんじゃないかと思います。
隣に元気な朋也がいて、「例え彼が死んでも永遠の愛があるから大丈夫」なんて言われても説得力がありませんしねw

まとめると、この物語は二人で生きていくHAPPYENDではなかったけど、
智代が一人でも生きていける糧となる人生の宝物を手に入れることができたGOODENDだった
というのが僕の考えです。
稚拙な文章ですみません。

あと、PS2版ではED後にエピローグが追加されていましたが、この完全版ではそのエピローグが省略されているのでしょうか。(買ったもののまだプレイしていないので……)
作中で朋也が亡くなったとは明言されていませんので、エピローグの解釈の仕方によってはHAPPYENDともとれると思いますよ。
2011年01月29日15時12分09秒
tourou様 レスありがとうございます。

なるほど。智代の成長がテーマ、ですか。「朋也と智代のその後」と捉えていたので、わざわざスピンオフしてまで作ってこれはあんまりじゃないだろうか、と思っていたのですが
確かに言われてみれば、一見自分が引っ張るような性格をしている割に、相手に依存して、それを失う打たれ弱さがCLANNADの頃から見えていたので、その点を克服する(というと語弊が出そうですが)成長をテーマとすれば、見方が変わりそうです。
確かにそう言われてみれば、朋也の死は余りにも重いですが、必要なファクターだったかもしれませんね。
で、あるならば、もう少しアフターのほうでプレイヤーに感情移入できる程度の尺度が欲しいかな、とも思ってしまいます。妙に駆け足の展開で進んでいったので(これでもPC版に比べればマシらしいですが)
尤も、登場キャラクター数を考えても難しい気はするのですが……。

この観点で見れば、智代は強さを手にすることができた、人生の高みに登ることができたとも取れるので、客観的に見ればBADENDですが、智代本人にとってはそうではないでしょうし
まさにトゥルーエンドと称するのが的確ですね。
私がプレイ時にはあまり考えないものでしたので、非常に参考になりました。こちらこそ、稚拙な文章に目を通していただいてありがとうございました

エピローグの方は、こちらでも追加されています。
が、挿入タイミングを見ても「もしかすると死なずに済む場合もあったかもしれない」程度の可能性の提示程度にしか思っておらず、むしろ蛇足だなぁ、程度に感じていたのであまり気に止めていませんでした。
2011年01月29日20時24分20秒

長文感想へのレスを書くには
 ・ユーザーIDを有している
 ・COOKIEが有効である
 ・COOKIEを有効にした状態でログインしたことがある
 ・5つ以上一言コメントを書いている
 ・長文感想を書いたユーザーが長文感想へのレスを許可している
の5つの条件を満たしている必要があります。

コメントデータ

このコメントはだいたい851回くらい参照されています。