minorityさんの「ハルカナソラ」の感想

ネタバレ感想を見たくない場合、文字を背景色に設定することが可能です。 → 設定変更

**ネタバレ注意**

ゲームをクリアした人むけのレビューです。

これ以降の文章にはゲームの内容に関する重要な情報が書かれています。まだゲームをクリアしていない人がみるとゲームの面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

瑛なんでヒロイン降格してしまったん?
ヨスガノソラで穹ルートにしこりが残った人は是非ともこのFDをやっとくべき。
ただ穹とのいちゃいちゃ、エロ展開を期待する人にとっては期待外れになること間違いなしなので、そこは注意が必要。
委員長・やひろルートは本編の個別ルートのキャラ分岐と同じイベント(海・夏祭り・法事等)で進むので若干退屈。
穹ルートは、自殺未遂後~旅行の間を補完する重要なルート。
どれも3~4時間くらい。

・委員長ルート
女性視点。
委員長が予想の斜め上いったギャグキャラで萎えた。
委員長は本編や他ルートではわりとまともなキャラにみえただけに
このルートは主人公視点だったらよかったのにと思わざるを得ない。
また、女性視点でいちいち心理状態を語られるから、テンポが悪い。
意味のあるマルチ視点でのシナリオゲーではないので女性視点にする必要があったのか疑問だった。

・やひろルート
これもほぼ女性視点。
可もなく不可もなく。
前作のメイドシナリオのようにあってもなくても
どっちでもいいようなレベル。
あのデレははまる人には、はまるかもね。

・穹ルート
そうだよ、俺は穹がハルのことも周りのこともちゃんと考えて行動するようになって
仲間達とも打ち解けるこの補完ルートが見たかったんだよ。
まあ周りの人がいい人すぎたけど、そこはゲームってことでスルー。
普通というか現実の反応は、委員長のように戸惑うか、拒絶、忌避、別離を説得するとかだろうね。
にしても前作まで、穹の想いが一方通行だったのが
このルートやるとちゃんと双方向になっててよかったよかった。
これをヨスガノソラでいれとけば本編の点数15点くらい上げたのになあ。
いやだって穹の成長が垣間見れるから、後味も良く終われるし
そうすれば今作を穹とのいちゃいちゃFDにすることもできただろうに。
まあそれだと前作がヨスガノソラじゃなくてハルカナソラというタイトルになってしまうか。
ヨスガな穹の物語ではなく、ハルと穹の物語になってて安心した。
穹に対する印象が大分良くなったので、納得の出来だった。

・おまけシナリオ
本当におまけ。
特に言うことはない。

・WEBコンテンツ
発売前カウントダウンとか。
特に見るべきところはない。

・にょめかわいい
あはーにべた惚れ。
瑛が可愛すぎた。
今回も人の心読んだり、察したり色々と周りをフォローしてくれる最高のヒロインだった。
瑛はやっぱりダントツで精神的に大人だなあと。
というかどのルートでもプレイしていて瑛にしか目がいかない。
あの立ち絵の目も本編やった時、これはないって思ってたけど
FDやった時には瑛の心の底では何考えてるかわからない雰囲気が出てて
これはこれでありかなと思えるくらい洗脳されてた。
何故FDは瑛ルートがないんだ。
ヨスガノソラのパッケージだとダブルヒロインを飾っていたのにFDで瑛はカットとか悲しい。
FDで瑛といちゃいちゃしたかったな。

以上

本編だけやってFDやらなかったら後味悪い作品のまま終わってた。
FDって大体蛇足な話が多いけど、これはシナリオ的にやっといてよかったと久しぶりに思えた作品だった。

minorityさんの長文感想へのレスは許可されていません。

コメントデータ

このコメントはだいたい1644回くらい参照されています。